ビジネストランスフォーメーション

クラウドによるビジネストランスフォーメーションとは

クラウドによるビジネストランスフォーメーションでは、クラウドコンピューティングテクノロジーを使用して運用の効率と柔軟性を向上させます。企業は、自社のアクティビティとサービスをクラウドに移行することにより、運用を合理化してコストを削減し、コラボレーションを強化できます。また、クラウドベースのソリューションの拡張性とアクセシビリティを取り入れて市場の変化に対応し、イノベーションを促進して成長の機会を活かせます。このようなトランスフォーメーションのアプローチにより、組織は既存のバリューチェーンを最新化するとともに新たなバリューチェーンを見つけ出し、テクノロジーとビジネスの目標を一致させることができます。クラウドによるビジネストランスフォーメーションは、最終的には企業がクラウドを最大限に活用して有意義な変革を推進し、戦略的目標を達成するための原動力となります。

クラウドプラットフォームがビジネストランスフォーメーションに与える影響

クラウドプラットフォームを導入すると、市場投入までの時間が短縮されるとともにITコストが軽減され、従業員が総合的なカスタマー・エクスペリエンスを強化できるようになります。クラウド対応ビジネストランスフォーメーションを利用すれば、どこからでも業務を遂行できる組織になることができます。クラウドテクノロジーを利用すると、より多くの成果を上げてプロセスを効率化し、コストを管理することができます。クラウドを利用すれば、デジタルトランスフォーメーションがより効率的かつ効果的になり、業務の中断が起こりにくくなります。

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

ハイブリッドクラウドとエッジコンピューティングがビジネストランスフォーメーションをどのように加速するか

ハイブリッドクラウドとエッジコンピューティングは、ハイブリッドモデルおよびリモートモデルが効率的でセキュアに機能する環境を作り出すのに役立っています。エッジコンピューティングのメリットを取り込みつつ、最適化されたデータセンターの整合性を備えたクラウドの最も効率的でセキュアな側面を活用することで、ITネットワークを迅速にスケーリングでき、将来のビジネスニーズに対応するために必要なアジリティがもたらされます。

サービスを迅速にスケーリングすることは不可欠です。すべてのデジタルトランスフォーメーションは個々に異なるため、変化を想定してあらかじめ計画を立てておく必要があります。完全管理型エッジコンピューティングが含まれている堅牢なクラウド運用モデルは、システムを最適化された状態に保つのに役立ちます。

ハイブリッドクラウドソリューションは、まだクラウド対応ではないサービスや手法の制御性を維持したままでパブリッククラウドのメリットを活用するのに役立ちます。

ハイブリッドクラウド運用モデルは成熟しているので、既存のインフラストラクチャを利用してデータを迅速に配置でき、必要に応じてどこからでもデータにアクセスできます。

ハイブリッドクラウドとエッジコンピューティングを組み合わせることで、削減されたIT予算や限られたIT予算をサポートし、複数の地域にわたってコンプライアンスを標準化し、デジタルトランスフォーメーションイニシアチブを支援することができます。そうすることで、クラウドベースの新しいサービスに成長し、ソフトウェアアプリケーションの有効性が高まり、現在の能力を超えるデータの増大をサポートし、データセンターの総数を減らすことができます。

自社のビジネストランスフォーメーション戦略に適したクラウドソリューションを選択するのにお困りではありませんか。

制御性と選択性、柔軟性と変化、耐障害性と信頼性を考慮した戦略を策定します。効果的なクラウド戦略には、組織の変革に向けたビジョンとバランスを取って、ビジネス、テクノロジー、実際の財務状況および運用状況を慎重に評価することが求められます。

自社のビジネストランスフォーメーション戦略に対応する効果的なクラウドソリューションでは、ビジネスパフォーマンスが向上するように、適切なプラットフォームに適切なタイミングで適切なテクノロジー投資を行うようにする必要があります。

プライベートクラウド戦略は、パフォーマンスの向上のため、または厳格なデータ保護やセキュアなポリシーへの準拠のために、基盤となるインフラストラクチャを完全に制御する必要がある企業に最適です。

パブリッククラウドは、頻繁に変更される可能性が高いアプリを使用してさまざまなデバイスからソリューションにアクセスする多数のユーザーをサポートするのに適しています。

パブリッククラウドとプライベートクラウドのリソースの組み合わせ、つまりハイブリッドクラウドでは、特定の時期のニーズにはプライベートクラウドを使用するが、ビジネスが活発になってより深く関わる場合にパブリッククラウドにスケーリングできます。また、プライベートクラウドのアプリケーションのディザスタリカバリ用のバックアップとしてパブリッククラウドのリソースを利用することもできます。

クラウドによるビジネストランスフォーメーションの仕組み

クラウドによるビジネストランスフォーメーションは、クラウドコンピューティングテクノロジーを活用してビジネスオペレーションの簡素化と最適化を実現します。その仕組みをご紹介します

組織がクラウド移行でメリットを得られる要素を明らかにするために現在のインフラストラクチャとプロセスを評価すると、その結果に基づいて、クラウド戦略の策定、大まかな目的の設定、トランスフォーメーションの目標とロードマップの作成が行われます。

次に、関連するアプリケーション、データ、ワークロードがクラウドに移行されますが、これには、インフラストラクチャの移行、プラットフォームソリューションの導入、またはクラウドベースアプリケーションの使用が含まれることがあります。クラウドへの移行が完了すると、コラボレーションの強化と自動化のために、クラウド、システム、アプリケーション、データソースが統合されます。また、パフォーマンスとコスト効率を向上させるために最適化手法が適用されます。

このようなトラスフォーメーションでは、クラウドの機能を活用するために既存のプロセスの再設計も行いますが、これにはクラウドネイティブソリューションの導入、DevOps手法の実装、アジャイル手法の活用などが含まれます。クラウドは、データストレージおよび分析機能を提供し、組織が価値ある有益な情報を取得してデータ主導で判断を下せるようにします。また継続的な監視、評価、精緻化によってクラウドインフラストラクチャがビジネスニーズの進化に対応するようになります。

これにより、企業は目まぐるしく変化するデジタル環境の中で状況に適応して成功を収めることができます。

クラウドによるビジネストランスフォーメーションが重要な理由

クラウドによるビジネストランスフォーメーションは、組織が市況や顧客の需要に適応して競争力を維持し、新たな機会を捉えられるようにするためのアジリティと柔軟性をもたらすなど、いくつかの理由で必要不可欠となっています。また、インフラストラクチャへの先行投資を不要にし、組織が必要に応じてリソースをスケーリングして運用コストを削減できるようにする従量制課金の課金モデルを提供することでコストを最適化します。

クラウドによるトランスフォーメーションは、イノベーションを推進して組織に高い競争力をもたらします。AIやビッグデータ分析などの高度なテクノロジーにより、企業は価値ある有益な情報を引き出してカスタマー・エクスペリエンスと運用効率を向上させることができます。さらに、クラウドはシームレスなコラボレーションと接続を実現し、チーム間の効率的なコラボレーションとスムーズな情報共有を可能にします。また、クラウドソリューションによって拡張性とパフォーマンスも向上するため、組織は需要の増大に対処して最適な運用を維持できます。クラウドテクノロジーは、事業継続性の確保とディザスタリカバリの実現にも貢献し、グローバルなビジネスの展開と拡張を後押ししながらデータ保護とリカバリの手段を提供して、組織がさまざまな地域でサービスやアプリケーションをすばやく展開できるようにします。

クラウドによるビジネストランスフォーメーションのメリット

クラウドによるビジネストランスフォーメーションのメリットには、次のようなものがあります。

  • アジリティの向上: 組織はクラウドによるトランスフォーメーションで柔軟性を向上させて市況の変化に適応できます。
  • コストの削減: クラウドソリューションを活用することにより、組織はインフラストラクチャへの先行投資を行うことなくリソースの使用率を最適化し、コスト効率の高い従量制課金の課金モデルのメリットを得られます。
  • セキュリティの強化: クラウドプロバイダーは、データ暗号化、アクセス制御、定期的なセキュリティアップデートなどの堅牢なセキュリティ対策により、オンプレミスソリューションより高度なデータ保護を実現します。
  • イノベーションの推進: クラウドテクノロジーにより、組織はAI、機械学習、ビッグデータ分析などの高度なテクノロジーを活用してイノベーションを推進し、新しい有益な情報を引き出して意思決定と競争力を向上させることができます。
  • 拡張性と信頼性: クラウドソリューションの拡張性により、組織は需要に基づいてリソースを調整 (必要に応じて拡縮) し、パフォーマンスを最適化してリソースの制限を回避できます。
  • カスタマイズと柔軟性: パブリッククラウドとプライベートクラウドにオンプレミスのリソースを組み合わせて提供するハイブリッドクラウドソリューションは、クラウドテクノロジーのメリットを得ながら特定の業務要件に対応するためのカスタマイズオプションと柔軟性を備えています。

クラウドによるビジネストランスフォーメーションの課題

クラウドによるビジネストランスフォーメーションの課題

  • 文化の変革: クラウドに移行するには、組織内の文化を変える必要があります。これには、作業プロセス、コラボレーション手法、考え方の変革などが含まれますが、変革に対する抵抗や従業員の同意を得られないことがトランスフォーメーションのプロセスの妨げになることがあります。
  • テクノロジーの導入: クラウドテクノロジーを導入するにあたっては、新しいツール、プラットフォーム、プロセスの習熟が必要になることがあります。組織は、クラウドベースのソリューションを効果的に活用して管理するのに必要なスキルを従業員に身に付けさせるとともに、そのためのトレーニングを提供する必要があります。
  • セキュリティに対する懸念: クラウドに移行するときは、機密性の高いデータやアプリケーションのセキュリティがきわめて重要となります。組織はデータ侵害と未許可アクセスを防ぐために、データ暗号化、アクセス制御、定期的なセキュリティアップデートなどの堅牢なセキュリティ対策を講じる必要があります。

クラウドによるビジネストランスフォーメーションの課題に対処するには、効果的な変更管理、クラウドサービスプロバイダーの慎重な評価、プロアクティブなセキュリティ対策が必要です。

クラウドによるビジネストランスフォーメーションを実現するには、次の手順に従います。

クラウドによるビジネストランスフォーメーションを実現するには、次の手順に従います。

  • ビジネスケースを作成する: 目標とメリットを明らかにし、クラウドテクノロジーでどのようにビジネスの課題に対処できるのかを評価します。
  • 計画を立てる: それぞれのステップ、スケジュール、必要なリソースを大まかに示し、移行、統合、トレーニングについて検討します。
  • 計画を実行する: アプリケーション、データ、ワークロードをクラウドに移行し、確実かつスムーズに統合を進めて中断を最小限に抑えます。
  • 結果を評価する: コスト節減、効率、満足度、イノベーションなどの重要な指標を監視します。
  • 最後に: 成果に基づいて戦略を精緻化するとともに学んだ教訓を記録し、ニーズやテクノロジーの変化に合わせて絶えずクラウド環境を進化させます。

HPEクラウドサービスを利用したビジネストランスフォーメーション

HPE GreenLake Edge-to-Cloudプラットフォームがデジタルに関するビジョンと現実のギャップを解消します。戦略に関する支援、運用サポート、および世界各地で利用可能なトレーニングを提供することにより、デジタルトランスフォーメーションを加速させてエッジからクラウドまでの環境を運用できるようにします。

HPE GreenLake管理サービスを使用すれば、実績のある戦略およびエキスパートによるサポートで新たな機会を先取りすることができます。お客様が新たなエッジエクスペリエンスを生み出し、効果的なクラウド戦略を実施し、ITをモダナイズし、運用を簡素化するのをHPEのエキスパートが支援します。