NonStop基礎編

スケジュールと申し込み

コースコード

HU0B2S

日数(開始時間~終了時間)

2日間(10:00 ~ 18:00)

実施方法

・クラスルーム (本社) ・ライブオンライン ・1社研修

受講料

200,000円 (税込み:220,000円)

主催

日本ヒューレット・パッカード合同会社

※受講料は、予告なく変更されることがございます。

コースの特徴

NonStopの入門コースです。 初めてNonStopを使われる方は最初にこのコースをご受講ください。

このコースでは電子版テキストを使用します。
ご入手いただくための方法は、お申し込み後の弊社からのメールに記載されています。
メールの手順に従い、コースが始まる前に電子テキストの入手をお済ませください。

ライブオンラインの場合、電子テキスト、Zoom、演習用ターミナル等を画面に表示する必要があるため、なるべく大きなサイズのディスプレイをご利用ください。ノートPCの方は外付けディスプレイのご利用をお薦めします。

コースの概要

NonStopサーバの紹介と、信頼性、拡張性、オープン性を実現するシステム・ソフトウェアについて解説します。 また基本設計目標を説明し、システム上で実現するアプリケーション、データベース、ネットワークについて説明します。 他のほとんどのNonStopコースのための基礎と前提条件となるコースです。2日間のコースでは60%の講義と40パーセントのHPEサーバーを使用しての演習を通じて、 基本的なユーティリティとツールについて体験します。

※コース概要は、予告なく変更されることがございます。

コースの目的

このコースを修了すると次のような基礎が理解できるようになります。

  • NonStopサーバのユニークな機能が理解できる。
  • Integrity NonStop BladeSystemサーバのハードウェアおよびソフトウェアアーキテクチャを理解し、可用性、データの整合性、高パフォーマンス、および柔軟性が保証されている方法が理解できる。
  • アプリケーションの開発、データベース、ネットワークの概念と機能が理解できる。
  • 演習を通して、システム全般の基本的な機能の使用方法が理解できる。

主な対象者

NonStopサーバに初めてかかわる次の方

  • アプリケーション設計や開発者
  • システム管理者やネットワーク管理者
  • データ通信プログラマ
  • テクニカル・サポート担当者

前提知識

基礎的なコンピュータおよびIT概念についての知識をお持ちの方

コースの説明

1.NonStopシステムの紹介

  • Tandem NonStopからHP NonStopへ
  • Tandem Computersのアーキテクチャー
  • NonStopサーバーの一般的な特長
  • 複数の論理プロセッサ
  • ハードウェアのフォールトトレランス
  • フォールトトレラントオペレーティングシステム
  • リレーショナルデータベース
  • 1つのオペレーティングシステム - 2つの環境
  • エンタープライズソリューションを実行するための設計
     

2.NTL (NonStop Technical Library)

  • NTL (NonStop Technical Library)
  • NonStop Xより前のオペレーティングシステムリリース
  • NonStop Xのオペレーティングシステムリリース
  • NonStop OSのリリース
     

3.NonStopオペレーティングシステム

  • ユーザーとプログラミング2つの環境
  • NonStop OSと2つの代替インターフェイスの基本機能
  • NonStop OSのプロセス管理
  • プロセスのスケジューリング
  • メッセージ経由でやり取りするプロセス
  • ボトルネックが起き難いハード構成
  • 統一インターフェイス
  • 分散処理とスケーラビリティの実現
  • 基本設計原理
  • プロセッサー障害の検知
  •  障害からの復旧の鍵
  • 障害発生時のNonStop OSによる処理の再配置
  • 永続プロセス
     

4.Guardian環境

  • ユーザーとプログラミング環境
  • システムのアクセス
  • Guardian環境 - ユーザーの認証
  • グループとユーザー
  • Guardianファイルシステム 
  • ファイルのセキュリティコード (RWEP)
  • TACLコマンド
     

5. OSS (Open System Services) 環境

  • OSS (Open System Services) の定義
  • NonStopのOSSベースの機能とツール
  • GuardianとOSSの相互運用性
  • OSSファイルシステム
  • シェルコマンドとユーティリティ (一部)
  • OSSからのGuardianファイルのアクセス
  • GuardianとOSSのテキストファイル
  • 他の環境からのコマンドの実行
  • オープンソースソフトウェア
     

6. リクエスターとサーバー

  • 一般的なOLTPトランザクション
  • OLTPの要件
  • アプリケーションのモジュール化 
  • 機能分割の手法 - アプリケーションの機能をモジュールにパッケージ化する
  • Pathwayとリクエスター/サーバーモデル
  • ノード分散に適したリクエスター/サーバー手法
  • 可用性とパフォーマンスの向上に対応できるリクエスター/サーバー手法
     

7.Pathwayアプリケーション環境

  • Pathway ソリューション
  • Pathwayプロダクト
  • NonStop TS/MPのコンポーネント
  • Pathway/iTSのコンポーネント
  • TCP (端末制御プログラム)
  • アプリケーション特有のコードをTCPに組み込む
  • TCP以外でのPathwayサーバーへのアクセス
  • PathwayサーバーへのRSCクライアントによるアクセス
  • インターネットトランザクション - NSASJ
     

8. アプリケーション開発

  • 非ネイティブコードの実行
  • ネイティブコンパイラー
  • デバッガー
     

9. データベース管理

  • リレーショナルデータベースシステム
  • NonStop SQLの適用分野 
  • データベース用語
  • データベースファイルの構造
  • プライマリキーファイルと代替キーファイルの例
  • パーティション化(分割)されたファイルとテーブル
  • NonStop SQLにおけるテーブル分割と並列データベース処理
     

10.NonStop TMFとRDF

  • NonStopサーバーのコアサービス
  • OLTP特有のデータ整合性に関する問題点及び脅威
  • トランザクションのACID特性
  • TMFサブシステムとRDFサブシステム - ACID特性の維持
  • トランザクションバックアウト
  • TMFオーディットトレイル(トランザクション状態管理ファイル)
  • 正しい保護(排他)を使用した排他性制御
  • RDF (リモートデータベースファシリティ)
  • NonStop AutoSYNC
     

11. NonStopサーバーのハードウェアアーキテクチャー

  • Integrity NonStopのアーキテクチャー
  • NSMA - 単一論理プロセッサー
  • NSVA - シングルコアプロセッサー
  • ServerNet SAN(システムエリアネットワーク)によるプロセッサー通信
  • CLIM (クラスタI/Oモジュール)   
  • ディスクのミラー化によるディスク障害からの保護
  • Integrity NonStop Xサーバーモデル
  • 単一論理プロセッサー
  • Integrity NonStop X BladeSystem
  • InfiniBand SAN (システムエリアネットワーク) によるプロセッサー通信
     

12.NonStopサーバーシステム管理

  • NonStopサーバーエレメント管理プロダクト
  • 問題の検出 - イベントメッセージ
  • システム資源状況管理ツール
  • システムの構成/再構成 - SCF (Subsystem Control Facility)
  • 可用性に関する課題


13.セキュリティ&EXPANDネットワーク

  • ネットワークアクセスのためのリモートパスワード
  • プロセスの権限に関する機能
  • OSS環境とGuardian環境でのセキュリティの相違点
  • Safeguardソフトウェア
  • 暗号化 - 使用中データ (Data on the Move)
  • Expandネットワーキングソフトウェア
  • Expandサブシステム 
     

【演習内容】
4章
1 基本コマンド
2 その他のTACL コマンド
3 耐障害性
4 プロセス制御コマンド


5章
1 オープンシステムサ-ビス
2 gtacl の使用
 

7章
リクエスター/サーバーデモ
 

8章
アクセレーターによるオブジェクト変更


9章
1 SQL/MP 会話型インタフェイス(SQLCI)
2 FUP
 

10章
デ-タ整合性
 

12章
1 Measure (オプション)
2 システム制御(オプション)
 

付録 コマンド一覧

※コース内容は、予告なく変更されることがございます。

備考

【演習環境について】
ライブオンラインでは演習環境への接続にSSHを使用します。特に企業ネットワーク等でSSH接続が許可されていないケースが多いので、事前にご利用予定のネットワークでSSH接続が可能かネットワーク管理者にご確認の上お申し込みください。
コースお申込みのお客様には、念のためコース開催前に接続確認を行うための環境を提供しております。