「AI活用コンサルタント」育成トレーニング ~AIer 育成プログラム~

ホーム
ホーム
研修コース
クラウド&HP Helion
データセンター
ITIL®/ITSM
Networking
NonStop
ProLiant/Bladesystem
セキュリティ
Storage
VMware
ビジネスアナリシス
データベース
Linux
Microsoft
プロフェッショナルスキル
プロジェクトマネジメント
全コース一覧
スケジュール一覧
会場案内
本社
その他の会場

At a glance

スケジュールと申し込み

コースコード

HT9T2S

日数(開始時間~終了時間)

10日間(9:30~17:30)

実施方法

クラスルーム(虎ノ門

受講料

500,000円 (税込み:550,000円)

コースの概要

  • AIを活用した業務上の課題解決や新規事業の構築に向けて、手段を提示して、PoC、さらに本格展開に繋げることができる“AIコンサルタント”として必要な知識・スキルを習得します。
  • 業務での活用における必要な範囲・レベルに限定して効率よく学習するほか、ハンズオンを通してリアリティをもって取り組む、業務イメージへの展開を促します。
  • 当コースは、経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座」に認定予定です。

(期間:平成30年4月1日~平成33年3月31日)

(プログラムの特徴)

  • AIプログラミングから、プロジェクトの進め方やコミュニケーションまでカバー
      ・AI活用のポイントは、プログラミングなどの技術面でだけではなく、導入プロジェクトの進め方が、これまでのシステム開発の進め方と大きく異なる点や、導入組織とのコミュニケーションや意識合わせの難しさにあります。本プログラムでは、実際のAI導入プロジェクトを想定し、プロジェクト推進にあたって気をつけるべき点を習得します。
  • 画像解析だけでなく、センサーデータの分析も実践
      ・AIの代表的な手法であるDeep Learningは、特に画像の領域でよく用いられるため、画像解析について実践していきつつ、製造業などを中心に展開が加速しているIoTに焦点をおいたセンサーデータの分析についても実践します。

(学習のゴール)

  • AIの活用に関する①共創への合意と課題の共有、②取組みの価値、③PoC後の展開についての(フレームワークを用いた)合意形成ができる。
  • AI/機械学習/Deep Learningについて、ステークホルダーらの質問に答えるために必要十分な知識を持っている
  • 実際のAI活用業務に必要なデータの形式、解析手法を理解しており、PoCを行うにあたって明確にしておくべき観点を漏れなく確認できる

コースの説明

第1章:AI(人工知能)とAIプロジェクトの進め方
第2章:統計手法の概要
第3章:機械学習手法の概要
第4章:Deep Learningの概要
第5章:Deep Learningの体験 ~画像処理~
第6章:データクレンジングの概要
第7章:センサデータを用いたAI実践①
第8章:センサデータを用いたAI実践②
第9章:分析結果とネクストアクションの整理
第10章:分析結果発表

(修了条件)
・研修出席率:90%
・最終日の発表内容:プレゼン資料の完成、プレゼン及び質疑応答への対応

(その他・サポート体制)
・要望に応じて、具体的なプロジェクトの進め方に対する相談を個別に承ります。ご希望の方は講師に直接お声掛けください。

※本コースは株式会社チェンジ主催コースです。