Kubernetes Administration (LFS458)

At a glance

スケジュールと申し込み

コースコード

HQ6V5S

日数(開始時間~終了時間)

3日 (10:00~18:00)

実施方法

・クラスルーム (本社)、 (ライブオンライン)

受講料

360,000円(税込み:396,000円)

コースの特徴

  • Linux Foundation Kubernetes Administration (LFS458)を3日間で学習します
  • コース完了後にLinux FoundationからKubernetes Administration (LFS458)トレーニング完了証が発行されます
  • 日本語のテキストを使用します
  • 一人2台の仮想マシンを使用します
  • 演習環境は5日間利用可能です
  • 演習用PCはHPEで用意します(教室で実施の場合)
  • HPE本社社員食堂での無料ランチが付きます(教室で実施の場合)
  • Free WiFi 完備(教室で実施の場合)

コースの概要

HPEはLinux Foundation認定トレーニング パートナー(ATP)です。

このコースはLinux FoundationのKubernetes Administration (LFS458)コースの日本語版です。Kubernetes Administration (LFS458) コースの日本語テキスト・演習ガイドを使用し、3日間で学習するカリキュラムとなっています。演習環境は1名につき2台の仮想マシンをトレーニングと合わせて5日間ご利用可能なので、ご自身のペースで演習を進める事ができます。演習では特定ベンダーのツールを使うのではなくkubeadmを使うためベンダーロックされません。
コース終了後にLinux Foundationからコース完了証が発行されます。

Kubernetesはコンテナアプリケーションのデプロイ、スケーリング、管理を行うためのオープンソースのオーケストレーションシステムで、市場で最も利用されているものです。このコースはKubernetes クラスターのコアコンセプト、構築、管理方法をハンズオン演習を通して学習します。Cluster構築・拡張、Network設定、アプリケーションデプロイ・スケーリング、ストレージ構成、セキュリティー、トラブルシューティングをカバーしています。プロダクションシステムでのKubernetes管理者や、設計、構築を行うエンジニアに最適なコースです。

またこのコースは、Linux Foundation のCertified Kubernetes Administrator(CKA)認定資格の推奨トレーニングとなっています(試験対策コースではありません)。

主な対象者

  • Kubernetesを使ったコンテナ環境を計画、構築、管理するシステム管理者、エンジニア、コンサルタント

前提知識

コースの目的

このコースを受講すると以下のことができるようになります。

 

  • Kubernetesテクノロジーの理解
  • kubeadmを使用したマルチノードKubernetesクラスターのインストール、およびクラスターの拡張の理解
  • クラスタネットワークの実装
  • スケーリング、更新、ロールバックなど、アプリケーションライフサイクル管理
  • クラスターとコンテナのセキュリティーを構成する
  • コンテナで使用可能なストレージの管理
  • コンテナとクラスタの監視、ログ記録、トラブルシューティング
  • コンテナ展開のスケジューリングとアフィニティを構成
  • アプリケーション展開の自動化
  • フォールトトレランスと高可用性のフェデレーションを理解

コースの説明

※各章で演習を実施します
※内容は変更される場合があります

  • Kubernetes の基本
      Kubernetes の概要
      クラスターの構造
      Kubernetes の導入
      プロジェクトガバナンスとCNCF
     
  • インストールと設定
      Kubernetes を始めるには
      minikube
      kubeadm
      その他のインストールツール
     
  • Kubernetes アーキテクチャ
      Kubernetes のアーキテクチャ
      ネットワーク
      他のクラスターシステム

  • API とアクセス
      API へのアクセス
      Annotation
      シンプルなPod の操作
      kubectl とAPI
      Swagger とOpenAPI

  • API オブジェクト
      API オブジェクト
      v1 グループ
      API リソース
      RBAC の設定におけるAPI
     
  • Deployment で状態管理
      Deployment の概要
      Deployment の状態管理
      Deployment とReplica Set
      DaemonSet
      Label
     
  • Service
      概要
      Service へのアクセス
      DNS
     
  • Volume とData
      Volume の概要
      Volume
      永続化ストレージ
      データをPod に受け渡す
      ConfigMap
     
  • Ingress
      概要
      Ingress コントローラ
      Ingress Rule
     
  • スケジューリング
      概要
      スケジューラの設定
      Policy
      affinity のルール
      Taint とToleration
     
  • ロギングとトラブルシューティング
      概要
      トラブルシューティングの流れ
      モニタリング
      ロギング
      トラブルシューティング用リソース
     
  • Custom Resource Definition
      概要
      Custom Resource Definition
      Aggregated API
     
  • Kubernetes フェデレーション
      概要
      フェデレーテッドリソース
     
  • Helm
      概要
      Helm
      Helm の利用
     
  • セキュリティ
      概要
      API へのアクセス
      認証と認可
      Admission Controller
      Pod Policy
      Network Policy

その他

演習環境について事前に必ずご確認をお願いします

 

本研修では、クラウド上の仮想マシンに接続して演習を実施します。ご自身のPCで演習を行う場合ssh接続クライアント(Teraterm、Putty等)が必要です。

また、ライブオンライン受講環境からssh接続ができるかどうかを事前に確認をお願いします。

セキュリティ設定等でssh接続ができない場合、演習が実施できませんのでご注意下さい。

 

確認方法:

ssh接続クライアントでgitLab.comへ接続し、認証情報を聞いてくるかを確認下さい。

認証情報を聞いてきた場合、接続可能と判断できますので何も入力せず、そのまま切断してください。以下はTeratermで接続したときの例です。

画像をタップして拡大する

認証情報を聞いてこない場合、ssh接続ができないと思われます。社内ネットワークや社内専用PCではssh接続が禁止されている場合があります。セキュリティ設定をご確認の上、接続可能な環境で研修に参加をお願いします。

実際の演習で使う接続先と認証情報は研修当日にお知らせします。gitlab.comを使うという事ではありません。