マイクロソフト デスクトップ仮想化ソリューション (リモートデスクトップとVDI) ~Windows Server 2016 対応~

At a glance

スケジュールと申し込み

コースコード

H9Z83S

日数(開始時間~終了時間)

1日間 (9:30~16:30)

実施方法

・クラスルーム (新宿LC)

受講料

60,000円 (税込み:66,000円)

コースの概要

本コースでは、Windows Server 2016 の「リモートデスクトップサービス」を使ったセッションベースのデスクトップ展開と、仮想マシンベースのデスクトップ展開(VDI: Virtual Desktop Infrastructure)について学習します。

コースの目的

  • リモートデスクトップサービスを構成する
  • リモートデスクトップWebアクセスとRemoteAppを構成する
  • VDI環境を構築し、個人用仮想デスクトップを作成する
  • VDI環境を構築し、仮想デスクトッププールを作成する

前提知識

以下のコースを受講済みと同程度の知識

  • 「Windows Server 2016 のインストール、ストレージとコンピュート(#23740)」
  • 「Windows Server 2016 のネットワーク (#23741)」

    または、以下のすべて
  • Windows Serverシステム管理基礎(前編)受講済みと同程度の知識
  • Hyper-Vの構成と管理受講済みと同程度の知識
  • DHCPサーバーの構成と管理の知識

主な対象者

  • シンクライアントソリューションを提案するSE
  • シンクライアント環境を構築するITエンジニア

コースの説明

1. デスクトップ仮想化ソリューション

  • デスクトップ管理の課題
  • リッチクライアントの利用
  • シンクライアントの利用

 

2. リモートデスクトップサービスのインストール

  • リモートデスクトップサービスの基本構成
  • リモートデスクトップサービスのインストール手順
  • リモートデスクトップサービスの管理ツール
  • リモートデスクトップサービスの可用性と負荷分散
  • ユーザープロファイル
  • リモートデスクトップクライアント

 

3. セッションベースのデスクトップ展開(リモートデスクトップ)

  • リモートデスクトップサービスの準備
  • リモートデスクトップセッションホスト
  • リモートデスクトップWebアクセス
  • RemoteApp

 

4. 仮想マシンベースのデスクトップ展開(VDI)

  • VDIの準備
  • 仮想マシンホスト
  • クライアントOSの展開
  • クライアントOSの管理(個人用仮想デスクトップ)
  • クライアントOSの管理(仮想デスクトッププール)
  • RemoteApp
  • Windows Serverの便利な機能

 

5. その他のリモートデスクトップサービス

  • リモートデスクトップゲートウェイ
  • リモートデスクトップライセンスサーバー

 

ソフトウェア/ハードウェア
Windows Server 2016 + Hyper-V
Windows 10 (仮想マシンとして)

 

実習/演習/ デモ内容
Lab1. 演習環境の確認
Lab2. リモートデスクトップサービスのインストール
Lab3. セッションベースのデスクトップ展開
Lab4. 仮想マシンベースのデスクトップ展開


※本コースはトレノケート株式会社主催コースです。