Microsoft セキュリティ、コンプライアンス、ID の基礎 (SC-900T00)

SC-900: Microsoft セキュリティ、コンプライアンス、ID の基礎試験対応

スケジュールと申し込み

コースコード

H9P89S

日数(開始時間~終了時間)

1日間(9:30~17:30)

実施方法

  • クラスルーム (新宿LC
  • オンライン

受講料

65,000円(税込:71,500円)

主催

トレノケート株式会社

※受講料は、予告なく変更されることがございます。

コースの特徴

「SC-900: Microsoft セキュリティ、コンプライアンス、ID の基礎」試験に対応した研修です。
sc-900に合格すると、Microsoft 認定: Security, Compliance, and Identity Fundamentals資格を取得できます。

このコースにはSC-900受験用のバウチャは付属しません。
バウチャが必要な方は「H38FJS Microsoft セキュリティ、コンプライアンス、ID の基礎 (SC-900T00) バウチャ―付き 」にお申込みください。

コーススケジュールで「オンライン」と表示される場合、オンラインでご参加いただけます。
 オンライントレーニングの詳細はこちらからご確認ください。

コースの概要

このコースでは、セキュリティ、コンプライアンス、IDの概念、および関連するクラウドベースのMicrosoftソリューションに関する基礎的なレベルの知識を提供します。

このコースを修了すると、Microsoft AzureとMicrosoft 365を含むマイクロソフトのセキュリティ、コンプライアンス、およびID管理サービスが提供するソリューションを理解し、導入の意志決定をサポートできるようになります。

【テキスト】 Microsoft Learnのコースウェア(電子テキスト)を使用します。
受講に際して事前にテキスト参照用に Microsoft アカウントが必要となります。
 詳しくはガイドをご覧ください

※コース概要は、予告なく変更されることがございます。

コースの目的

このコースを修了すると以下のことができるようになります。

  • セキュリティ、コンプライアンス、およびIDの基本的な概念について説明する。
  • Microsoft IDおよびアクセス管理ソリューションの概念と機能について説明する。
  • マイクロソフトのセキュリティソリューションの機能について説明する。
  • マイクロソフトのコンプライアンス管理機能について説明する。

主な対象者

  • マイクロソフトのクラウドサービスのセキュリティに関心のある方
  • MCP試験「SC-900: Microsoft Security, Compliance, and Identity Fundamentals」受験予定の方

前提知識

一般的なITの知識または経験が必要です(技術者としてのIT経験は必要ありません)。

コースの内容

1. セキュリティ、コンプライアンス、およびIDの基本的な概念

  - セキュリティの概念と方法
  - マイクロソフトのセキュリティとコンプライアンスの原則

2. Microsoft IDおよびアクセス管理ソリューションの概念と機能
  - IDの概念
  - Azure ADの基本的なサービスとIDの種類
  - Azure ADの認証機能
  - Azure ADのアクセス管理機能
  - Azure ADのID保護とガバナンス機能

3. マイクロソフトのセキュリティソリューションの機能
  - Azureの基本的なセキュリティ機能
  - Azureのセキュリティ管理機能
  - Azure Sentinelのセキュリティ機能
  - Microsoft 365の脅威対策機能
  - Microsoft 365のセキュリティ管理機能
  - Microsoft Intuneのエンドポイントセキュリティ

4. マイクロソフトのコンプライアンス管理の機能
  - マイクロソフトのコンプライアンス管理機能
  - Microsoft 365の情報保護およびガバナンス機能
  - Microsoft 365のインサイダーリスク機能
  - Microsoft 365の電子情報開示機能
  - Microsoft 365の監査機能
  - Azureのリソースガバナンス機能

Microsoft Learnのコースウェア(電子テキスト)では、モジュール分けが変わることがあります。

このコースに演習やグループワークはありません。
講師は必要に応じてデモを行ないます。

※コース内容は、予告なく変更されることがございます。