DO280 Red Hat OpenShift Administration II: Operating a Production Kubernetes Cluster

At a glance

スケジュールと申し込み

コースコード

H8PJ6S

日数(開始時間~終了時間)

3日間(9:30~17:30)

実施方法

クラスルーム・オンライン(北品川

受講料

165,000円(税込み:181,500円)

コースの概要

Red Hat OpenShift Administration II: Operating a Production Kubernetes Cluster(DO280)では、Red Hat® OpenShift® Container Platformの設定、トラブルシューティング、管理の方法を習得できます。この実践的なラボベースのコースでは、クラスタの正常なインストールの検証、日常的なクラスタ管理、コンテナ化アプリケーションのデプロイに関するトラブルシューティングについて学びます。このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 8.2およびOpenshift Container Platform 4.5に基づいています。

(学習内容サマリー)

  • Red Hat OpenShift Container Platformクラスタのインストールおよび更新プロセスについて理解する
  • アプリケーションのデプロイメントに関するトラブルシューティングを行う
  • ローカルユーザーを使用して認証を構成する
  • ロールベースのアクセス制御(RBAC)を使用してプロジェクトへのアクセスを制御する
  • TLS暗号化を使用して、クラスタ外部のクライアントにアプリケーションを公開する
  • ネットワークポリシーを使用して、サービスとアプリケーション間のネットワーク分離を構成する
  • ラベルとセレクターを使用してアプリケーションのスケジューリングを構成する
  • リソース制限とクォータを使用して、アプリケーションによるコンピューティング・リソースの使用を制限する
  • Webコンソールを使用してクラスタとデプロイされたアプリケーションを管理する
  • Webコンソールを使用してKubernetes Operatorsをインストールする

主な対象者

  • このコースは、Red Hat OpenShift Container Platformをインストールして構成するシステム管理者、システムアーキテクト、開発者を対象としています。
  • OpenShiftクラスタの特徴と機能を理解することに関心のあるシステムアーキテクトとソフトウェアアーキテクト
  • クラスタとコンテナ化アプリケーションの継続的な管理に関心のあるシステム管理者
  • ユーザーとアプリケーションによるクラスタリソースへのアクセスの管理に関心のあるクラスタ運用者
  • クラスタの継続的なメンテナンスとトラブルシューティングに関心のあるサイト信頼性エンジニア(SRE)

前提知識

  • Red Hat認定システム管理者である、またはこれと同等のRed Hat Enterprise Linuxシステム管理の経験を有する
  • Red Hat OpenShift I: Containers & Kubernetes(DO180)を受講済み、またはコンテナ、Kubernetes、およびOpenShiftの基本について同等の経験を有する

コースの説明

  • Red Hat OpenShift Container Platformについての理解
    Red Hat OpenShift Container Platform(RHOCP)のアーキテクチャについて理解します。
 
  • クラスタの正常性の検証
    OpenShiftのインストール方法を理解し、新たにインストールしたクラスタの正常性を検証します。
 
  • 認証と認可の設定
    HTPasswd IDプロバイダーで認証を構成し、ユーザーとグループにロールを割り当てます。
 
  • アプリケーションのセキュリティの構成
    セキュリティコンテキストの制約を使用してアプリケーションのアクセス許可を制限し、シークレットを使用してアクセス資格情報を保護します。
 
  • アプリケーション向けのOpenShiftネットワークの構成
    OpenShiftのソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)のトラブルシューティングを行い、ネットワークポリシーを構成します。
 
  • ポッドスケジューリングの制御
    ポッドを実行するノードを制御します。
 
  • クラスタ更新についての理解
    クラスタ更新の実行方法を理解します。
 
  • Webコンソールでのクラスタ管理
    Webコンソールを使用してRed Hat OpenShiftクラスタを管理します。
 
  • ※本コースはレッドハット株式会社主催コースです。