【PDU対象】要件定義のためのコミュニケーション術 ~要望・要件を引き出すヒアリングのポイント~

At a glance

スケジュールと申し込み

コースコード

H4T02S

日数(開始時間~終了時間)

1日間(9:30 ~ 17:30)

実施方法

・クラスルーム (新宿LC 中之島) 
・オンライン

受講料

55,000円(税込み:60,500円)

コースの概要

情報システム構築の要ともいえる要件定義においては、システム知識や業務知識そのものに加えて顧客や情報システム担当者との効果的なコミュニケーションを図ることが重要です。本コースでは、要件定義をスムーズに進めるために必要なスキルについて解説し、コミュニケーションにポイントを絞った演習を行います。

演習は、要件定義におけるヒアリングの進め方やポイントについて、ロールプレイ形式で行います。

このコースを修了すると次のことができるようになります。

  • 要件定義に関する実務的な知識を修得する
  • 要件定義での対人関係の問題点を理解する
  • 顧客とのコミュニケーションスキルを修得する

前提知識

  • システム開発経験のある方、またはシステム開発の基本的な知識をおもちの方

主な対象者

  • 情報システムの構築に携わっている方
  • 顧客との要件定義フェーズをより効果的に進めたい方
  • 業務コンサルタント、ITコンサルタントの方

コースの説明

  1. システム要件定義とコミュニケーション
    - システム要件定義とは
    - システム要件定義でのコミュニケーション
  2. 効果的なシステム要件定義ヒアリング
    - ヒアリングの実施
    - ヒアリングフレーム
    - ヒアリングの失敗と対策
  3. フェーズごとのコミュニケーションポイント
    - 立ち上げフェーズ
    - 識別フェーズ
    - 導出フェーズ

※本コースはトレノケート株式会社主催コースです。