【PDU対象】業務改革とシステム化のポイント(生産管理システム編)

At a glance

スケジュールと申し込み

コースコード

H4T01S

日数(開始時間~終了時間)

1日間(9:30 ~ 17:00)

実施方法

・クラスルーム (新宿LC) 

受講料

55,000円(税込み:60,500円)

コースの概要

経営戦略を実現するIT戦略を策定するためには、現状の業務分析やシステムの課題を十分調査することが必要です。そのうえで、現状の問題点や原因を整理し、解決の方向性を検討し、システム化方針を策定していきます。
このコースでは、生産管理の業務とシステムについて、現状分析時に必要な業務の基礎知識、生産管理システムの概要、改革を行う際のポイントを習得します。

このコースを修了すると次のことができるようになります。

  • 経営戦略を遂行する上で必要な、業務ごとの改革ポイントを理解できる
  • 生産管理業務の基礎知識を習得できる
  • 生産管理システムの概要を理解できる
  • 生産管理業務をシステム化することの効果とポイントを理解できる

前提知識

  • ITコンサルティングの経験があるか、知識としてITコンサルティングのプロセスを理解している

あるいは

  • 「ITコンサルタントの養成(基礎)」受講済みと同程度の知識がある

主な対象者

  • ITコンサルタント、およびITコンサルタントを目指す方
  • これからコンサルティングを行うIT技術者の方

コースの説明

  1. ITコンサルタントとは
    - コンサルティングとコンサルタント
    - コンサルティングとコンサルタント
    - コンサルティング・プロセス
    - IT分野におけるコンサルティング
    - ITコンサルタントの位置づけ
    - ITコンサルタントの活動
    - ITコンサルタントのスキル

  2. 経営戦略とは
    - 経営戦略の定義
    - 経営理念、経営ビジョン、経営戦略の関連
    - 経営戦略と組織階層

  3. 代表的な経営戦略論
    - 1960年代 (多角化戦略と事業部制、成長ベクトル)
    - 1970年代 (PPM)
    - 1980年代 (競争戦略)
    - 1990年代~2000年代 (コア・コンピタンス経営、資源ベース戦略)

  4. 経営戦略策定方法
    - 経営戦略策定プロセス
    - 経営ビジョンの確認
    - 環境分析
    - 経営課題の抽出
    - 経営戦略案の策定
    - 仮説検証
    - 経営戦略の展開

  5. 経営戦略策定での技法活用:SWOT分析技法
    - SWOT分析の特徴
    - 経営戦略策定におけるSWOT分析
    - SWOTを識別するためのアンケート
    - SWOT分析と他の戦略策定技法との相違

  6. 経営戦略策定での技法活用:仮説検証技法
    - 仮説検証の特徴
    - コンサルティングでの仮説検証技法の活用
    - 課題展開
    - 仮説設定
    - 検証設問
    - 情報収集計画
    - 情報収集
    - 分析・ファインディング
    - 結論・提言

※本コースはトレノケート株式会社主催コースです。