【PDU対象】ITコンサルタントの養成(経営戦略編)
~経営課題を解決するIT戦略・システム化計画を策定するために~

At a glance

スケジュールと申し込み

コースコード

H4T00S

日数(開始時間~終了時間)

2日間( 9:30 ~ 17:00 )

実施方法

・クラスルーム (新宿LC)
・オンライン 

受講料

100,000円(税込み:110,000円)

コースの概要

今日の企業経営において、経営課題の解決には情報技術の活用が不可欠です。IT導入を成功させ投資効果を上げるためには、まず経営戦略を適切に策定し、その戦略に沿って情報化を進めていくことが重要です。情報システムの戦略性が高まる中、ITコンサルタントを目指す方は、経営戦略の立案に必要な技法の知識を身につけ、実際に使いこなすスキルを高めなければなりません。
このコースでは、経営戦略を立案する上で必要な技法の知識を身につけ、現場で活用できるようになることを目指します。

このコースを修了すると次のことができるようになります。
  ・経営戦略の定義を説明する
  ・代表的な経営戦略論を説明する
  ・経営戦略立案に必要なコンサルティング技法(SWOT分析技法、仮説検証技法)を利用する
  ・経営戦略立案を含めてコンサルティングを実施する
  ・問題提起、問題解決、業務革新を行う

前提知識

  • ITコンサルティングの経験があるか、知識としてITコンサルティングのプロセスを理解している

あるいは

  • 「ITコンサルタントの養成(基礎)」受講済みと同程度の知識がある

主な対象者

  • ITコンサルタント、およびITコンサルタントを目指す方
  • これからコンサルティングを行うIT技術者の方

コースの説明

  1. ITコンサルタントとは
    - コンサルティングとコンサルタント
    - コンサルティングとコンサルタント
    - コンサルティング・プロセス
    - IT分野におけるコンサルティング
    - ITコンサルタントの位置づけ
    - ITコンサルタントの活動
    - ITコンサルタントのスキル

  2. 経営戦略とは
    - 経営戦略の定義
    - 経営理念、経営ビジョン、経営戦略の関連
    - 経営戦略と組織階層

  3. 代表的な経営戦略論
    - 1960年代 (多角化戦略と事業部制、成長ベクトル)
    - 1970年代 (PPM)
    - 1980年代 (競争戦略)
    - 1990年代~2000年代 (コア・コンピタンス経営、資源ベース戦略)

  4. 経営戦略策定方法
    - 経営戦略策定プロセス
    - 経営ビジョンの確認
    - 環境分析
    - 経営課題の抽出
    - 経営戦略案の策定
    - 仮説検証
    - 経営戦略の展開

  5. 経営戦略策定での技法活用:SWOT分析技法
    - SWOT分析の特徴
    - 経営戦略策定におけるSWOT分析
    - SWOTを識別するためのアンケート
    - SWOT分析と他の戦略策定技法との相違

  6. 経営戦略策定での技法活用:仮説検証技法
    - 仮説検証の特徴
    - コンサルティングでの仮説検証技法の活用
    - 課題展開
    - 仮説設定
    - 検証設問
    - 情報収集計画
    - 情報収集
    - 分析・ファインディング
    - 結論・提言

※本コースはトレノケート株式会社主催コースです。