Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの設計 (AZ-305T00) バウチャー付き

AZ-305: Microsoft Azure Infrastructure Solutions の設計 試験対応研修

スケジュールと申し込み

コースコード

H38FMS

日数(開始時間~終了時間)

4日間( 9:30~17:30)

実施方法

  • クラスルーム (新宿LC
  • オンライン

受講料

280,000円(税込:308,000円)

主催

トレノケート株式会社

※受講料は、予告なく変更されることがございます。

コースの特徴

 試験「AZ-305: Microsoft Azure Infrastructure Solutions の設計」に対応した研修です。
試験AZ-305に合格すると、Microsoft 認定:Azure Solutions Architect Expert資格を取得できます。
このコースにはAZ-305受験用バウチャが付属します、バウチャが不要な方は「HT3B5S Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの設計 (AZ-305T00)」にお申込みください。

コースの概要

このコースでは、Azureソリューションアーキテクトがインフラストラクチャソリューションを設計する方法について学習し、ケーススタディによる設計演習を行います。具体的には、ガバナンス、コンピューティング、アプリケーションアーキテクチャ、ストレージ、データ統合、認証、ネットワーク、ビジネス継続性、移行について扱います。
このコースを修了すると、受講者は基本的なAzureアーキテクチャ設計原則に基づいたシステム構成を提示できるようになります。

※オンラインで受講する場合、なるべく表示面積の広い端末をご用意ください。快適にご受講いただくために外付けディスプレイの使用をお勧めします。

【テキスト】このコースではMicrosoft Learnのコースウェア(電子テキスト)を使用します。
テキスト参照のためにMicrosoft アカウントが必要となります。
 詳しくはガイドをご覧ください。

※コース概要は、予告なく変更されることがございます。

コースの目的

このコースを修了すると以下のことができるようになります。

  • ガバナンスソリューションを設計する。
  • コンピューティングソリューションを設計する。
  • アプリケーションアーキテクチャを設計する。
  • ストレージ、非リレーショナルおよびリレーショナルデータベースを設計する。
  • データ統合ソリューションを設計する。
  • 認証、認可、IDソリューションを設計する。
  • ネットワークソリューションを設計する。
  • バックアップおよびディザスターリカバリーソリューションを設計する。
  • 監視ソリューションを設計する。
  • 移行ソリューションを設計する。

主な対象者

このコースは、Microsoft Azure上で動作するソリューションの設計と実装の専門知識を持つITプロフェッショナルや、Microsoft 認定: Azure Solutions Architect Expert資格を目指す方を対象としています。
特に、以下を含むIT運用についての経験と知識を持つ受講者を想定しています。

  • ネットワーキング
  • 仮想化
  • ID
  • セキュリティ
  • ビジネス継続性
  • ディザスターリカバリー
  • データプラットフォーム
  • ガバナンス

前提知識

以下のいずれかを満たすこと

■「Microsoft Azure管理者(AZ-104T00)」コースを受講済み、もしくは試験 「AZ-104: Microsoft Azure Administrator」に合格済み
■過去にAzureリソースのデプロイまたは管理の経験があり、以下の知識がある

  • Azure Active Directory
  • Azureコンピューティングテクノロジー(仮想マシン、コンテナー、サーバーレスソリューションなど)
  • Azure仮想ネットワーク(ロードバランサーを含む)
  • Azureストレージ(非構造化データおよびデータベース)
  • アプリケーションの設計に関する一般的な概念(メッセージングや高可用性など)

    Microsoft 認定: 「Azure Solutions Architect Expert資格」取得には試験 「AZ-104: Microsoft Azure Administrator」に合格して、Microsoft認定: 「Azure Administrator Associate資格」を所有している必要があります。

コースの内容

1. モジュール 1: ガバナンスとコンピューティング ソリューションを設計する
  - ガバナンス ソリューションを設計する
  - コンピューティング ソリューションを設計する

2. モジュール 2: ストレージとデータ統合ソリューションを設計する
  - 非リレーショナルストレージソリューションを設計する
  - リレーショナルストレージソリューションを設計する
  - データ統合ソリューションを設計する

3. モジュール 3: アプリのアーキテクチャ、アクセス、および監視ソリューションを設計する
  - アプリのアーキテクチャ ソリューションを設計する
  - 認証と認可のソリューションを設計する
  - ログ記録および監視ソリューションを設計する

4. モジュール 4: ネットワーク、継続性、および移行ソリューションを設計する
  - ネットワーク インフラストラクチャ ソリューションを設計する
  - ビジネス継続性ソリューションを設計する
  - 移行ソリューションを設計する

Microsoft Learnのコースウェア(電子テキスト)では、モジュール分けが変わることがあります。

【演習について】
オンラインLive実施の場合: 可能であればPowerPointなどの作画ソフトウェアをご用意ください。
本コースの演習は、個人またはグループでシステム設計を行います。オンラインLive開催の場合は、Zoomのブレークアウトルームを使用します。実機演習はありません。

【演習内容】

モジュール1: ケーススタディ
ガバナンスソリューションを設計する。
コンピューティングソリューションを設計する。

モジュール2: ケース スタディ
非リレーショナルストレージソリューションを設計する。
リレーショナルストレージソリューションを設計する。

モジュール3: ケーススタディ
アプリのアーキテクチャソリューションを設計する。
認証と認可のソリューションを設計する。

モジュール4: ケーススタディ
ネットワークインフラストラクチャソリューションを設計する。

※進行の都合で、一部の演習を省略する場合があります。

※コース内容は、予告なく変更されることがございます。