DO281 Red Hat OpenShift Container Platform Administration+認定試験

At a glance

スケジュールと申し込み

コースコード

H1SK8S

日数(開始時間~終了時間)

4日間(9:30~17:30)

実施方法

・クラスルーム(北品川

受講料

190,000円(税込み:209,000円)

コースの概要

このコースでは、Red Hat® OpenShift® Container Platformをインストールして管理する方法を習得できます。この実践的なラボベースのコースでは、OpenShiftクラスタをインストール、設定、管理する方法を説明し、サンプルアプリケーションをデプロイすることで、開発者がプラットフォームを使用する方法の理解を深めます。このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7.5およびOpenshift Container Platform 3.9に基づいています。

Red Hat認定スペシャリスト - OpenShift Administration - 認定試験が含まれています。

主な対象者

  • このコースは、Red Hat OpenShift Container Platformをインストールして構成するシステム管理者、システムアーキテクト、開発者を対象としています。

前提知識

  • Red Hat認定システム管理者である方、またはこれと同等のRed Hat Enterprise Linuxシステム管理の経験を有する方
  • Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift(DO180)を受講済みの方、またはコンテナ、Kubernetes、およびOpenShiftについて同等の経験を有する方

コースの説明

  • Red Hat OpenShift Container Platformの概要
    OpenShift Container Platformの機能の一覧と、アーキテクチャについて理解します。
 
  • OpenShift Container Platformのインストール
    OpenShiftをインストールし、クラスタを構成します。
 
  • OpenShiftネットワークの概念の説明
    OpenShiftネットワークの概念の詳細を説明します。
 
  • コマンドの実行
    コマンドライン・インタフェースを使用して、コマンドを実行します。
 
  • OpenShiftリソースの管理
    OpenShiftリソースへのアクセスを制御します。
 
  • 永続ストレージの割り当て
    永続ストレージを実装します。
 
  • アプリケーションのデプロイ管理
    デプロイされたアプリケーションを管理するためのリソースを操作します。
 
  • メトリクス・サブシステム
    メトリクス収集システムをインストールして構成します。
 
  • 管理および監視
    OpenShiftのリソースおよびソフトウェアを管理し、監視します。
 

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。
具体的な学習内容やトピックについて不明な点については、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください。

 

※本コースはレッドハット株式会社主催コースです。