Ansible実践入門 -Infrastructure as Codeを理解-

Ansible実践ガイド[基礎編]インプレス市販本付き

スケジュールと申し込み

コースコード

H0LT0S

日数(開始時間~終了時間)

2日間 (10:00~18:00)

実施方法

・クラスルーム (本社) ・ライブオンライン

受講料

160,000円(税込み:176,000円)

主催

日本ヒューレット・パッカード合同会社

※受講料は、予告なく変更されることがございます。

コースの概要

人気の構成管理ツールAnsibleを使って業務を効率化したい、Ansibleで何が出来るのか詳しく知りたい、という方のためのAnsible入門コースです。
手順書を使った手作業のシステム構築から、スクリプトを使った自動構築へ移行し、いわゆるInfrastructure as Codeを実現できるようになります。
コーステキストに加えて、インプレス出版 Ansible実践ガイド[基礎編]市販本が付属します。テキストと市販本を使った説明と、ハンズオン演習により理解がより深まります。

※コース概要は、予告なく変更されることがございます。

前提知識

Linuxコマンドラインの基本操作(テキストエディタの使用も含む)ができること。
もしくは、 UNIX/Linuxユーザ基礎かLinuxシステム管理受講程度。
Ansibleの知識は不要です。

主な対象者

  • Ansibleを使って業務の効率化を図りたい方
  • Ansibleで何が可能になるのかを知りたい方

コースの目的

構成管理ツールAnsibleで何が出来るのかを理解する。 Ansibleの動作原理を理解する。
Ansible使った業務効率化が出来るようになる。


■システム環境
CentOS 7.6
Ansible 2.8

コースの説明

コースの改善、品質向上のため、内容は予告無く変更されることがあります。

1.テキストについて

  • 実行環境
  • コード例・コマンド例の表記

2.Ansibleの基礎

  • 構成管理について
  • Ansibleとは
  • Ansibleの構成要素
  • 処理対象サーバーの準備
  • Ansibleのインストール
  • Ansibleコマンドを動かす

3.プレイブックの文法

  • YAMLについて
  • Playbookの基礎

4.コンフィグレーションマネジメント

  • 構成について
  • Inventoryの更新
  • OSの初期設定
  • Roleの概要
  • OS初期設定のRole化
  • Linux初期セットアップの演習

5.アプリケーションデプロイメント

  • 構成について
  • ミドルウェアのインストールと設定
  • 動作確認
  • アプリケーションデプロイメントの演習

6.ブートストラッピング

  • 構成について
  • クラウド環境のVMブートストラッピング
  • Dynamic Inventoryの利用

7.付録

  • コマンド解説
  • 本テキストで使用したモジュール
  • 各章演習の実施例
  • OpenStackの概要

※コース内容は、予告なく変更されることがございます。

その他

演習環境について事前に必ずご確認をお願いします

 

本研修では、クラウド上の仮想マシンに接続して演習を実施します。ご自身のPCで演習を行う場合ssh接続クライアント(Teraterm、Putty等)が必要です。

また、ライブオンライン受講環境からssh接続ができるかどうかを事前に確認をお願いします。

セキュリティ設定等でssh接続ができない場合、演習が実施できませんのでご注意下さい。

 

確認方法:

ssh接続クライアントでgitLab.comへ接続し、認証情報を聞いてくるかを確認下さい。

認証情報を聞いてきた場合、接続可能と判断できますので何も入力せず、そのまま切断してください。以下はTeratermで接続したときの例です。

認証情報を聞いてこない場合、ssh接続ができないと思われます。社内ネットワークや社内専用PCではssh接続が禁止されている場合があります。セキュリティ設定をご確認の上、接続可能な環境で研修に参加をお願いします。

実際の演習で使う接続先と認証情報は研修当日にお知らせします。gitlab.comを使うという事ではありません。