HPE StoreVirtualストレージ

柔軟性と高可用性を備えたスケールアウトプラットフォームにより、クライアントおよびサーバー仮想化を簡素化する仮想ストレージソリューション

HPE StoreVirtual仮想ストレージソリューション HPE StoreVirtual仮想ストレージソリューション

最も柔軟な仮想化環境向けのストレージ

汎用性と信頼性に優れたHPE StoreVirtualファミリは、仮想化インフラストラクチャ向けの手頃な価格のストレージです。高度な共有ストレージテクノロジーでコンポーザブルデータファブリックの基盤を提供し、インフラストラクチャの管理の簡素化と拡張性の向上に関する新たな可能性を切り開く、極めて柔軟性の高いHPEのシステムは、継続的なデータの増加に対応するとともに、ビジネス継続性を確保する高可用性機能を搭載しています。  

 

 

どんなニーズに対しても柔軟に対応

どんなニーズに対しても柔軟に対応

HPE StoreVirtualは、ソフトウェア・デファインド・ストレージ領域のリーダーです。 StoreVirtualはハードウェアやハイパーバイザーに依存することはありません。また、VMware vSphere、Microsoft Hyper-VおよびLinux KVMをサポートしています。

Hewlett Packard Enterpriseは、VSAソフトウェア、物理ストレージアレイ、およびハイパーコンバージドシステムなど、あらゆる要件を満たした柔軟な展開オプションを提供しています。オールインワンのライセンスにより、お客様は小規模から開始し、あらゆるステージでの成長をサポートします。

最新情報

 

 

HPE StoreVirtual 3200

HPEは、手頃な価格のエントリーレベルストレージである次世代型StoreVirtual 3200 にマルチコントローラーの拡張性と新しいファイルゲートウェイを追加しました。シンプルな管理機能、移行ツール、および移行サービスを備えたStoreVirtual 3200を導入すれば、次世代のソフトウェア・デファインド・アーキテクチャーへとスムーズに移行することが可能です。 

次世代型ハードウェアと99.999%の可用性を誇る実績あるStoreVirtual OSを搭載したHPE StoreVirtual 3200は、コスト効果に優れているだけでなく、必要に応じてあらゆる方向に拡張し、ハイブリッドフラッシュを追加できます。また、ハイパーコンバージドインフラストラクチャへと拡張可能なデータファブリックのビジョンに基づいています。

HPE StoreVirtual VSAソフトウェア

ビジネスアジリティを実現する高度なデータサービス

LeftHand OSをベースとしたHPE StoreVirtualストレージは、スケールアウト型のソフトウェア・デファインド・ストレージ・プラットフォームです。各層および各ロケーションと物理/仮想ストレージ間のモビリティを実現します。これにより、容量やパフォーマンスをリニアに拡張できるようになります。

一般的な管理および連携データサービスは、お客様の仮想データセンターに簡潔性および柔軟性をもたらします。集中型管理コンソールを使用すれば、同じ簡素性を持つ環境において何百ものノードを管理できます。

仮想プラットフォームおよびWindowsアプリケーション向けにスナップショットおよびリモートコピーを統合すると、バックアップやリカバリが容易になります。さらに、99.999パーセント (1) の可用性と独自のストレッチクラスタ機能により、同時多発障害にも対応でき、データをオンラインで維持してアプリケーションへのアクセスも確保します。

HPE StoreVirtual VSAソフトウェア

仮想化したVMware、Microsoft Hyper-V、およびLinux KVM環境向けに最適化されたHPE StoreVirtual VSAは、専用のストレージを使用することなく、サーバーの内蔵または直接接続ストレージを拡張性に優れた共有ストレージアレイに変換します。

無償のHPE StoreVirtual VSAをお試しください。すべての主要な業界標準サーバーと複数のハイパーバイザーをサポートする、業界初のソフトウェア定義仮想ストレージアプライアンスにより、サーバー容量をストレージに移行できます。

HPE StoreVirtual VSAソフトウェア

SDSを使用した成功

Sophia Conseil社とHPE StoreVirtual - お客様事例
Sophia Conseil社とHPE StoreVirtual - お客様事例

Sophia Conseil社が、ストレージのニーズに対応するためにHPEのサーバー仮想化を選択

新たなストレージの要件に対応するため、フランスに拠点を置くエンジニアリングサービス企業のSophia Conseil社は、HPE StoreVirtual VSAを使用して専用のサーバーハードウェアドライブを仮想化したアレイに移行しました。拡張性の高いアップグレード可能なソリューションでストレージ機能を最新化したことにより、同社は管理者の作業プロセスを変えることなく、迅速にデータにアクセスし、負荷の増大に対応できるようになりました。

HPE StoreVirtualの技術概要 

HPE StoreVirtual 3200ストレージ

  • SFFドライブ100台、またはLFFドライブ48台まで拡張可能 (最大3台の2Uドライブエンクロージャーを含む)
  • ストレージのraw容量を288TBまで拡張可能
  • ホストインターフェイス: 8/16Gbファイバーチャネル (4ポート、速度はSFP+モジュールに基づく)、1GbE iSCSI (4または8ポート)、10GbE iSCSI (4ポート)

HPE StoreVirtual VSAソフトウェア

  • サポート対象ハードウェア:VMware vSphereまたはMicrosoft Hyper-Vを使用可能であると認定された、すべてのHPE ProLiantまたは他社製サーバーおよびc-Classサーバーブレードで実行可能。
  • 保証:3年間の標準的なHPEソフトウェアサポート (9x5の営業時間内電話サポート)。

HPE Hyper Converged System

  • 仮想化プラットフォーム: VMware、Microsoft
  • コア: CPUあたり6~16コア、モデルにより異なる
  • メモリ: コンピュートノードあたり128GB~1,536GB RAM、モデルにより異なる
  • ディスク: SFF SASおよびSSDをサポート
  • ネットワーク: 1GbEおよび10GbEをサポート
  • 最大数: クラスターあたり16ノード

HPE StoreVirtual 4000ストレージ

  • 容量: 2.4TB - 管理グループあたり最大1,536TB
  • ドライブ: SFF SAS x 800、SFF MDL SAS x 256、LFF SAS x 384、LFF MDL SAS x 384 (最大)
  • ホストインターフェイス: 1GbE iSCSIポート x 128、10GbE iSCSIポート x 64、8Gbファイバーチャネルポート x 64。最大、モデルにより異なる。オプションで10GbE iSCSI x 64にアップグレード可能
  • OS: すべての主要なオペレーティングシステムおよびハイパーバイザー

HPE Helion Platformによるクラウドインフラストラクチャの簡素化

IaaSおよびPaaSを組み合わせたこのソリューションは、業界をリードするOpenStack®をベースとしたHPE Helion Platformの要である、HPE StoreVirtualを活用しています。このソリューションを用いることで、クラウド向けアプリケーションの開発、展開、提供を合理化できます。

お問い合わせ

HPE StoreVirtualについてご不明な点があれば、お問い合わせください。専門知識を備えたHPEがお答えします。

各種資料

ポートフォリオ : HPE Storage各種製品ラインアップの検索と関連情報の閲覧

resources-01-portfolio
ポートフォリオ

HPE Storage各種製品ラインアップの検索と関連情報の閲覧

パンフレット : ソフトウェア・デファインド・ストレージ:現在そして将来に対応する柔軟なデータストレージ

Software-Defined-Storage--Flexible-data-storage-for-today-and-tomorrow
パンフレット

ソフトウェア・デファインド・ストレージ (SDS) により、個別に扱われていたハードウェアとデータを管理から切り離して、コストを最適化しつつ、柔軟なアーキテクチャーを構築できます。

ケーススタディ : ストレージのお客様導入事例を掲載しています。製品や業種から絞り込み検索が可能です。

HPE-Campus-and-Branch-RMIT-2x-md
ケーススタディ

ストレージのお客様導入事例を掲載しています。製品や業種から絞り込み検索が可能です。

ホワイトペーパー : HPE StoreVirtual VSAソフトウェア:仮想サーバーに最適な仮想アレイ

04-resource_StoreVirtual_Whitepaper-2x-md
ホワイトペーパー

HPE StoreVirtual VSAは、コストのかからないシンプルな方法で、サーバーの内蔵ストレージや直接接続ストレージをフル機能の共有ストレージアレイに変えます。

ビデオを再生
resources-08-esg
ビデオ - 6:08

HPEのコンポーザブルデータファブリックのビジョンは、実績あるソフトウェア・デファインド・ストレージの基盤をベースに、ソフトウェア・デファインド・データセンターのあらゆるプラットフォーム、ワークロード、フォームファクター、およびプロトコルにわたる、極めて柔軟かつ普遍的なストレージの「オペレーティングシステム」を組み込むことにあります。

ソリューション概要 : HPE SDSによるパフォーマンスのスケールアップとVDIの管理

06-resource_ScalingUp-solutionBrief-2x-md
ソリューション概要

特に今日のモバイル/BYOD (私物デバイスの業務利用) ユーザーを考えると、仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) の配備は難しくなるケースが少なくありません。

ソリューション概要 : HPE SDSによるリモートサイトのサーバーとストレージの統合

07-resource_SDS_Brief-2x-md
ソリューション概要

ブランチオフィスとリモートサイトでは、データ保護や高可用性に関する要件の増大に対応しなければならず、さまざまな課題が伴うことも少なくありません。

ブログ記事 : Around the Storage Blockブログ:Hyper-Convergenceの詳細情報

08-resource_Storage-Blog-2x-md
ブログ記事

HPEコミュニティの「Around the Storage Block」で、ハイパーコンバージドについてのあらゆる情報を入手できます。

ホワイトペーパー : ブループリント:HPE StoreVirtual VSAによるシンプルなストレージアレイの構築

09-resource_VirtualStorage_WhitePaper-2x-md
ホワイトペーパー

サーバーを仮想化すれば、複数のオペレーティングシステムとアプリケーションを単一のホストで実行できるようになるため、物理システムの制約が解消されます。

  • 1.

    『Hewlett Packard Enterpriseのストレージ品質レビュー週刊データ』、2012年8月