おすすめ
フラッシュに最適化されたクラウドデータ保護に関する5つの留意事項
フラッシュに最適化されたクラウドデータ保護に関する5つの留意事項
クラウドバックアップとディザスタリカバリをオンプレミス インフラストラクチャで活用し、信頼性の高い運用リカバリを実現する方法をご確認ください。
ホワイトペーパーを読む

ハイブリッドIT環境のデータ保護を簡素化

クラウド対応データ保護プラットフォームが、コスト、リスク、および複雑性を低減します。HPE StoreOnceは、小規模なリモートオフィスから最大規模の企業やサービスプロバイダーにまで対応できるクラウドにより、フラッシュのスピードでデータセンターを保護し、低コストでのアーカイブとディザスタリカバリを可能にします。

+ もっと見る

イノベーション
HPEの最新のイノベーション

シンプルで信頼性が高く、低コストかつクラウド対応のHPEストレージソリューションにより、データバックアップ/リカバリを迅速に行えます。

HPEの最新のイノベーション

シンプルで信頼性が高く、低コストかつクラウド対応のHPEストレージソリューションにより、データバックアップ/リカバリを迅速に行えます。

運用を簡素化
SLAに対応
クラウドサービスとして利用する
HPE StoreOnceの次世代プラットフォーム
HPE RMC 6.2
HPE SimpliVityの統合
運用を簡素化
運用を簡素化

クラウド向けに構築された、個別のゲートウェイや仮想アプライアンスを必要としないデータ保護ソリューションでクラウドバックアップを簡素化できます。お使いのバックアップアプリケーションやエンタープライズアプリケーションをシームレスにクラウドに対応させたり、選択したクラウドをネイティブで統合したり、クラウドストレージの20分の1のコストで一意のデータだけをクラウドにバックアップしたり、暗号化された自己記述的なバックアップデータを保存してクラウドのディザスタリカバリを簡素化したりすることが可能になります。1

SLAに対応
SLAに対応

業界をリードする取り込みパフォーマンスを実現できます。HPE RMCを使用してHPE 3PARまたはHPE NimbleからStoreOnceに直接データをバックアップすることにより、エンタープライズアプリケーションのバックアップを23倍、リカバリを15倍高速化して、本番環境への影響を最小限に抑えられます。。2また、インテリジェントな重複排除によってデータの増大が抑制され、バックアップのコストとフットプリントが確実に95%削減されます。3

クラウドサービスとして利用する
クラウドサービスとして利用する

HPE GreenLakeが、オンプレミスのデータを瞬時に保護できる従量制課金モデルのソリューションを提供します。バックアップ、リカバリ、データ保持において、信頼性とコスト効率を向上させ、自動化を実現できます。また、オーバープロビジョニングのリスクも発生しません。この従量制ソリューションは、業界をリードするHPE StoreOnceテクノロジーを活用して、低コストでアジャイルなストレージのニーズに対応します。さらに、小規模のリモートオフィス、大企業、サービスプロバイダーなど、さまざまな規模の展開を可能にします。

詳細はこちら
HPE StoreOnceの次世代プラットフォーム
HPE StoreOnceの次世代プラットフォーム

最大10倍の容量と3倍の速度のバックアップにより、クラウド環境でフラッシュのパフォーマンスが得られます。4マルチシステムの一元的な監視によって運用を簡素化するとともに、柔軟なソフトウェア デファインドの保護でアジリティを向上させることができます。

ブログを読む(英語)
HPE RMC 6.2
HPE RMC 6.2

HPE 3PARHPE Primera、およびHPE Nimble Storage向けのストレージ統合バックアップ、コピーデータ管理、データモビリティサービスが、これまでより迅速かつ効率的により多くのデータを保護することを可能にします。わずか数回のクリックでSLAポリシーを作成し、それらを自動的に適用できます。

パンフレットはこちら
HPE SimpliVityの統合
HPE SimpliVityの統合

迅速なリカバリとポリシーベースの自動化を備えた、アプリケーション対応型のデータ保護ソリューションを活用して、管理の簡素化と高コスト効率を実現します。VMのバックアップをHPE StoreOnceシステムに格納することで、オールフラッシュHPE SimpliVity階層と比べて、コスト節減が最大7倍になります。5

詳細はこちら

HPE StoreOnceバックアップシステム

成長に応じて料金を支払う方式の容量であらゆる要件に対応する、クラウド向けに構築された幅広い物理アプライアンスとソフトウェア デファインド アプライアンスの中から、最適なものを選択していただけます。

注目のお客様導入事例
ダイハツ工業株式会社 様のロゴ

ダイハツ工業が、オールフラッシュストレージを採用し、新たな成長戦略を加速

仮想ストレージにより、ダイハツは新しいアプリケーションの開発期間を短縮してバックアップサーバーを減らし、それらに関連するコストを予定通り80%削減することに成功。

課題

全社仮想化基盤のストレージ環境の更新。SSC(シンプル - スリム - コンパクト)のコンセプトに基づく省電力化・省スペース化を追求し、成長戦略を支える高い性能と信頼性を実現する。

解決方法

オールフラッシュストレージを採用し、既存のクラスター型ストレージを段階的に置き換える。同時に、事業継続計画(BCP)の具現化に向けてデータ保護環境も見直す。

実機検証でトップスコアを獲得したHPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイの採用を決めました。シンプル - スリム - コンパクトのコンセプトにまさに合致した選択でした。

ダイハツ工業株式会社 管理センター 経理室 ICTグループ 主任 山﨑 真也 氏

結果

  • HPE 3PAR StoreServオールフラッシュストレージを採用し消費電力を1/4、占有スペースを1/8に
  • アプリケーションの改変なしに夜間バッチの処理時間を1/5に
  • プライマリストレージとバックアップアプライアンスをダイレクトに結ぶ「フラットバックアップ」を実現
  • スナップショットを保護するシンプルな運用によりバックアップの所要時間を1/2に
関連するお客様事例