ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) ソリューション

企業はITに今まで以上の対障害性、迅速性、ワークロード集約を求め、活用することでイノベーションや市場投入までの時間を短縮しようとしています。HPEが提供するインテリジェントなハイパーコンバージド インフラストラクチャなら、これらすべてを実現できます。

次世代のHCI:HCI 2.0の紹介

HCIは、HCI 2.0へと進化しました。新しいアーキテクチャにより、統合管理とVM中心のオペレーション、高い可用性、速いパフォーマンス、柔軟なスケーリングを実現するHCIエクスペリエンスが提供されます。これにより、企業は運用を簡素化し、俊敏性を高めるとともに、アプリケーションを常時オン、常時高速、かつ最適な経済性で利用できるようになります。

また、HPE Alletra Storage dHCIを使用すれば、コンピュートとストレージを独立して拡張できる柔軟なプラットフォームで、3Tierシステムとハイパーコンバージドアーキテクチャの長所を活かすことができます。

エッジに対応

エッジとROBOのユースケースに最適なアーキテクチャを活用しましょう。インテリジェントでシンプルなハイパーコンバージドインフラストラクチャは、エッジでのコストを大幅に削減することができます。実際、ESGのアナリストによると、リモートオフィスや支店の拠点数が増加するにつれて、55%ものコスト削減が可能になることが分かっています。

HPEのソリューションでは、対障害性、パフォーマンス、効率性を組み合わせて、エッジ向けに最適化された2ノードのHAクラスタを構築できるため、可用性に妥協する必要はありません。エッジに最適化されたオールインワンスタックのHCIソリューションにより、すべてがインテリジェントにシンプルになります。

今までのHCIの限界を突破

HPE InfoSightのAIによる予測機能を活用し、非常に要求の厳しいワークロードも実行できるHPEのハイパーコンバージドソリューションは、HCIの在り方を再定義します。自己管理、自己最適化、自己修復を行うAI主導のHCIが、環境全体にハイパーコンバージドのシンプルさ、効率、経済性をもたらします。

インテリジェンスにアップグレード

HPEのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)2.0ソリューションは、運用を合理化し、ワークロードを統合し、データを保護しながら、あらゆるアプリケーションを強化することが可能です。HPE SimpliVityとHPE Nimble dHCIを活用して、データセンターからエッジ、クラウドまで、インテリジェントで高性能なソリューションを利用し、ビジネスを推進する組織の事例をご覧ください。

IT運用を合理化

今では、どのような規模の組織もHCIに移行することでメリットを得られます。異なるプラットフォームを稼働させている複数の拠点があっても、複雑なキャンパス内の1拠点があっても、IT部門にとっては同じくらい面倒です。コアからエッジまで共通のハイパーコンバージドインフラストラクチャは、管理、サポート、展開、データ保護に秩序をもたらします。

お客様導入事例

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) ソリューション

ISV ハイパーコンバージドインフラストラクチャ (HCI) ソリューション

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) の導入

HPEへのお問い合わせ

ビジネスニーズに最適なソリューションを見つけるお手伝いをします。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) のFAQ

ハイパーコンバージド インフラストラクチャとは

ハイパーコンバージド インフラストラクチャは、ストレージ、コンピュート、およびネットワークを単一のシステムに統合することにより、データセンターをシンプルに、運用を合理化する新しいタイプのITインフラストラクチャです。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの仕組み

ハイパーコンバージドインフラストラクチャは、ソフトウェア定義型のアーキテクチャです。コンピュート、ストレージ、ネットワーク、ハイパーバイザーを含む、従来のハードウェアスタックのすべての要素を仮想化し、1つのソフトウェアで一元管理します。

一般的なHCIシステムは、仮想化コンピューティング向けのハイパーバイザーとソフトウェア デファインド ネットワーク (SDN) のコンポーネントで構成されており、こうしたリソースは、仮想マシンでビジネスアプリケーションを実行するのに適切なレベルの容量、パフォーマンス、保護機能を提供し、動的にバランスを調整したり割り当てたりできるプールに統合されます。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャのメリット

ハイパーコンバージドシステムを導入すれば、複雑なインフラストラクチャのシームレスな管理、仮想化ワークロードの高速化、複雑性の低減、運用の効率化、およびコストの削減が可能になります。ハイパーコンバージドインフラストラクチャは、仮想化ワークロードに必要な信頼性、可用性、パフォーマンス、および容量を提供するとともに、将来性を考慮したITインフラストラクチャを構築して総所有コスト (TCO) を削減します。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャには、次のようなメリットがあります。

  • 単一のインターフェイスで仮想環境を一元管理できます
  • データ保護、ディザスタリカバリ、および耐障害性を実現します
  • データ効率を向上させる高度なデータサービスが含まれます
  • システム導入、VMの展開、サポート、および管理を合理化します
コンバージドインフラストラクチャとハイパーコンバージド インフラストラクチャの違い

アーキテクチャーのシンプル化に貢献してきたハイパーコンバージドインフラストラクチャとコンバージドインフラストラクチャはどちらも、データセンターのメインコンポーネント (ストレージ、コンピュート、ネットワーク) を統合して管理をシンプルにします。ハイパーコンバージドシステムはソフトウェアでシンプル化を実現するためハードウェアに依存しませんが、コンバージドソリューションはハードウェアに依存します。

2つのテクノロジーの主な違いとしては、まずコンバージドインフラストラクチャでは、各コンポーネントが分離され、それぞれを本来の目的で使用できるため、ストレージを分離して個別に機能するストレージとして使用できるのと同じように、サーバーを分離してそれぞれを1台のサーバーとして使用することが可能です。一方、ハイパーコンバージド インフラストラクチャでは、アーキテクチャーがソフトウェアで定義されるため、すべてのコンポーネントが緊密に統合されており、個別の要素に分けることができません。

もう1つの主な違いは、ストレージの処理方法にあります。コンバージドアーキテクチャーでは、ストレージが直接物理サーバーに接続されますが、ハイパーコンバージド インフラストラクチャには、各ノードでサービスとして実行されるストレージコントローラー機能が搭載されているため、拡張性と耐障害性が向上します。なおどちらのテクノロジーでも、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるために一般的にフラッシュストレージが使用されます。

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの活用方法

HCIには、次のような数多くのユースケースがあります。

  • データセンター統合/混合ワークロード
    データセンターの設置面積を減らしてTCOを削減するとともに、終わりのないアップデートと入れ替えのサイクルから脱却したいと考えているお客様にとっては、HCIによるデータの統合が最適な選択肢となります。1つに統合されたソリューションでは、データセンター統合のイニシアチブが簡素化されるうえ、継続的な運用に伴うコストと複雑な作業が削減されます。
  • エッジ
    マルチサイトのリモート拠点では、アプリケーションとデータが増加しており、管理とデータ保護のシンプル化が必要とされています。HCIは、コンパクトなオールインワンシステムで基本的に小規模なデータセンターを運用するのに必要な機能を企業に提供します。そのため、このような環境に最適なソリューションです。
  • ビジネスクリティカルなアプリケーション
    HCIは、従来のインフラストラクチャに比べて、ビジネスクリティカルなアプリケーションをより高速に実行して簡単に管理できます。パフォーマンスとデータ効率に優れ、スムーズに拡張できるHCIは、ビジネスクリティカルなアプリケーションの運用に最適です。
  • 仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI)
    組織が物理デスクトップから仮想デスクトップに移行する場合、仮想デスクトップは物理デスクトップと同様に機能することが前提となっています。VDI環境には、超高速のアプリケーションプロビジョニングや需要のピーク時に予測可能なパフォーマンスなど、いくつかの重要な機能が必要ですが、優れたHCIソリューションの大きなメリットは、こうした機能を備えているだけでなく、ハードウェアで提供できるデスクトップが多いうえ、パフォーマンスの高いグラフィックスをサポートしたり、データ保護を強化したり、耐障害性を高めたり、管理を簡素化したり、拡張性を向上させたりすることが可能な点にあります。
  • コンテナ
    コンテナとマイクロサービスは、アプリケーション開発 (特に最新のクラウドネイティブアプリケーション) における新たな標準となっています。このような新しいアプリケーション開発アーキテクチャーでは、変革を推進するのに必要なスピード、シンプルさ、および有益な情報が得られる、HCIのような最新のインフラストラクチャのアプローチが求められます。

ストレージ製品情報

ストレージ サービス

ストレージ ハードウェア

クラウドネイティブ プライマリストレージ

プライマリストレージ

ファイルストレージ

ハイパーコンバージドインフラストラクチャ

ストレージネットワーク

バックアップ / アーカイブストレージ

ソフトウェア デファインド ストレージ