オフィスの課題を把握しよう!サーバー導入で何が変わる?

課題の本質が見えていますか?

売上拡大、経費削減、業務効率化、リモートワーク、顧客管理など企業にはさまざまな経営課題があるはずです。これらの解決には、課題ごとの取り組みが必要です。しかし、1つ共通する解決法があります。それが「見える化/デジタル化」です。

課題に対して多くの企業では、これまで勘や経験で解決を模索してきました。もちろん、ベテランの勘や経験は重要です。しかし流動性が高い現代は、過去の経験に基づく知恵だけでは乗り切れません。デジタル化により現実を見つめ分析し、課題の本質をつかむことが重要です。それにより、課題と思っていたことが結果的な現象に過ぎず、本質は他に見つかるかもしれません。

「見える化/デジタル化」をサーバーがアシスト!

デジタル化にあたり、何が必要なのでしょうか。経済産業省は2018年に発表したレポートで、その最大の課題を「老朽化した社内ITシステム」とし、「2025年の崖」に落ちる前にマイグレーションすべきと説きました。レガシーシステムでは、迅速で柔軟な「見える化/デジタル化」は困難だからです。

高性能なサーバーの導入によりシステムのパフォーマンスや安定性が上がれば、効率化や間接業務のスリム化、サービス品質の向上など、さまざまな効果も期待できます。

この機会に、真剣に「見える化/デジタル化」に取り組んでみませんか。

サーバーの管理は大変!?進む自動化で安心運用

たとえばこの小さなサーバー
専門家がいなくてもラクラク運用

HPE ProLiant MicroServer Gen10 Plusは、高性能なのに極めて省スペースな小型サーバーです。高度なセキュリティ機能や監視/管理機能を備えていますが、故障部分を自動検知して知らせてくれるなど自動化が進んでおり、管理に手間がかかりません。オプションモジュールである「iLO Enablement Kit」を取り付けることによって、リモートでも手元にあるサーバーと同様に操作可能です。小規模オフィスやSOHO、店舗やエッジ拠点などへの設置に最適です。

コンパクトなのに高性能

最大4コアのインテル® Xeon® Eプロセッサーと最大32GBの内蔵メモリを搭載でき、前世代のMicroServer Gen10に比べてサイズは約2分の1、性能は約2倍※になっています。稼働音も21dBAと木の葉のすれ合う程度、縦置きもできるので、デスク周りに置いても気になりません。

※ HP社内のベンチマークテスト結果による

問題解決がスピーディー

本体内部のパーツ故障などを自動検知し通知するので、問題を迅速に解決。トラブルの予防が可能になるAI/機械学習に基づく予測機能も提供予定で、管理に手間がかからず、専門家がいなくても運用可能です。お客様の課題を把握したうえで最適なソリューションを設計するので、経営課題の解決につながり、導入もスムーズです。

セキュリティもバックアップもお任せ

ファームウェアの改ざん検知と自動復旧、BIOSレベルでの設定変更禁止、データの簡易消去など、ハードウェアレベルでのセキュリティ機能を装備しており、店舗や支店など無防備な場所に置いても安心です。またWindows Server 2019対応によりクラウドへのバックアップが容易なので、これまでコストが課題で難しかったDR(災害復旧)も簡単に実現します。

HPE MicroServer Gen10 Plus
オフィスの課題解決例!

CASE1
オフィスが手狭でサーバーが入らない!

課題

コロナ禍でリモートワークが増え、オフィスを縮小移転するという企業が増えています。移転しないまでも、オフィスのデザインやレイアウトを大きく変え、創造性を発揮できるオフィスに改造する企業も増加。このようなオフィス改造によって、大きなサーバーを置くスペースが取れないという問題が発生しています。

CASE2
兼任管理者なので、トラブルに迅速に対応できない!

課題

今やビジネスにシステムは不可欠。メールの送受信ができないだけで、ビジネスがストップしてしまいます。サーバーの管理はシステムが正常に動いていても感謝されず、一旦トラブルに見舞われると非難を浴びてしまう苦労の多い仕事です。しかも、中小規模の会社では専門家がいないため、兼任管理者も少なくありません。専門知識がなくても安定運用が可能で、トラブルが起きても迅速に復旧できるサーバーが必要です。

CASE3
処理が集中するとレスポンスが悪く、セキュリティも心配!

課題

ファイルサーバーは、ほぼ社員全員が使うサーバーなので、十分なストレージ容量と処理能力が求められます。アクセスが集中して処理が遅れるようでは、業務に支障を来してしまいます。同時に機密データや顧客データなども保存するため、高いセキュリティや可用性も必要です。当然サポートの終了したWindows Server 2008/Windows Server 2008 R2を使っていたら、即座に入れ替える必要があります。

近くにあると安心、豊富な販売パートナーも強みのひとつ

全国の販売パートナーから、お客様の最寄りの窓口から購入やサポートを受けることができます。
HPEサーバーのご相談は下のボタンからどうぞ!

画像をタップして拡大する