データの保護

変化し続ける脅威や攻撃によるセキュリティ侵害のリスクに懸念をお持ちですか。あらゆるものに対するセキュリティの組み込みを必要としていますか。

HPEは、ギャップを解消して複雑さを軽減することが可能な、ゼロトラストフレームワークの導入をサポートします。組み込みのセキュリティが賢明な選択です。

ハイブリッドクラウドを導入することに伴うセキュリティの進化

セキュリティ向上を目指すユーザーが考える最適なクラウドソリューションはどれか。今回のアンケート結果は意外に思われるかもしれません。

カスタマイズされたセキュリティ戦略が組織の保護に極めて重要である理由をご確認ください。

適切なセキュリティ基準に対応

ビジネスの原動力は、お客様が生成、変換、格納、移動するデータです。シリコンからクラウドまで網羅するアプローチを活用して、クラウド、データセンター、エッジに広がるデータインフラストラクチャのセキュリティを確保するとともに、ランサムウェア攻撃からの保護をサポートします。

Ponemon Institute: 複雑なEdge-to-Cloud環境で脅威を防ぐためのセキュリティ戦略

Edge-to-Cloud環境のユーザーとデバイスに対する可視性と制御性が不足していると、ITセキュリティのギャップが広がります。Ponemon Instituteが2023年に実施した調査により、パフォーマンスの高いチームがITインフラストラクチャに潜む脅威を最小限に抑えるために使用しているセキュリティ戦略の一覧が作成されました。

セキュリティの信頼性を高める

突き詰めれば、セキュリティとは、価値のあるデータとアセットが脅威から保護されていることを把握したうえで、安心してビジネスで成長させられるようリスクを管理できることを指します。HPEはあらゆる対象にセキュリティを組み込むことで、お客様のデジタルサプライチェーンを保護し、セキュリティ テクノロジーをHPE GreenLakeに採り入れてデータインフラストラクチャの完全性を自動的に証明して、セキュリティとコンプライアンスをこれまでより容易に保証できるようにします。

セキュリティ - 誰もが直面している課題

サイバーセキュリティスキルの不足から攻撃対象領域の拡大まで、分散データから透明性を求めて高まるステークホルダーからの要求まで、HPEはサイバーセキュリティとは責任共有型であると考えています。  1つの脆弱な箇所が全体に影響を及ぼす可能性があることを踏まえて、HPE GreenLakeはセキュリティに深くコミットしています。本レポートでは、安全なEdge-to-Cloudのエクスペリエンスをお客様に提供すべく、2022年に開始したイニシアチブを紹介しています。

継続的なデータ保護

ビジネスへの攻撃は避けられませんが、リカバリはできます。組織、顧客、株主にとって、ほんの数分間が重要です。迅速に回復して再稼働することが、これまで以上に重要になっています。HPEの継続的なデータ保護機能は、定期スナップショットではなく常時稼働のレプリケーションを提供します。数分ではなく、数秒の間にインシデントから迅速にリカバリできます。HPEの組み込みの暗号化機能では、配置されている場所を問わずバックアップデータが保護されるので安心できます。

ビジネスの存続の鍵となる継続的データ保護

ランサムウェア攻撃はビジネスに損害をもたらす可能性がありますが、継続的データ保護と呼ばれる新しいアプローチなら、重大なデータ損失が発生してもすばやく復旧できます。

ゼロトラスト フレームワークの原則を導入

自動化されたコンピューティングテクノロジーを活用することで、世界中の顧客のニーズへ迅速に対応できます。一方で、攻撃者もこれらのテクノロジーを悪用して、存在に気付かれることなくデータインフラストラクチャの忠実度を容易に損なうことができるようになります。ゼロトラストに対応するエッジからクラウドまでのアーキテクチャーを採用しているHPE GreenLakeを活用すれば、不正や安全性の低下が発生したタイミングを把握できます。そして継続的に学習して適応することで、新たな脅威に先手を打ちます。お客様がセキュリティに関する意思決定をタイムリーに行えるよう、ハードウェア、オペレーティングシステム、仮想化システム、ワークロードの検証を継続的かつ自動的に実行します。

ゼロトラストセキュリティ: セキュリティアーキテクチャーへの新たなアプローチ

毎年、世界中で何兆ドルものサイバー犯罪による被害があります。堅牢なセキュリティソリューションにより、絶え間ない攻撃からビジネスを防御できます。

主なセキュリティ製品

セキュリティ、リスク、コンプライアンス

適切なツールとスキルによってお客様のビジネスを進化する脅威から保護します。

HPE Edge-to-Cloud Adoption Framework

すべてのITを対象としたクラウド運用モデルへのトランスフォーメーションの加速とリスク回避をもたらす実証された方法論です。

HPE GreenLake Management Services

お客様が制御を一元化してイノベーションに注力できるよう常にグローバルに提供される、インフラストラクチャとアプリケーションを監視、運用、最適化するサービス。

HPEがエッジからクラウドに至るまで機会の創出をサポートする方法を確認する

エッジの連携

エッジからクラウドに至るまで、データを制御して有効活用。

データをインテリジェンスに変換

スマートな意思決定と顧客への推奨事項の提供を可能にする、データから得られる信頼できる唯一の情報源。

AIを有効活用する

データの可能性を最大限に引き出して、AIの優位性を実現。

ハイブリッドクラウドを構築

希望に応じたハイブリッドクラウド。

 

 

データの保護

適切なレベルのセキュリティのみを提供。