おすすめ
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャ
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャ
コンポーザブルインフラストラクチャが新たな方法での顧客エンゲージメントにどのように役立つのかをご確認ください。
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャガイドを読む
おすすめ
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャ
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャ
コンポーザブルインフラストラクチャが新たな方法での顧客エンゲージメントにどのように役立つのかをご確認ください。
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャガイドを読む
おすすめ
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャ
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャ
コンポーザブルインフラストラクチャが新たな方法での顧客エンゲージメントにどのように役立つのかをご確認ください。
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャガイドを読む
おすすめ
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャ
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャ
コンポーザブルインフラストラクチャが新たな方法での顧客エンゲージメントにどのように役立つのかをご確認ください。
「誰でもわかる」コンポーザブルインフラストラクチャガイドを読む

IT運用の変革でイノベーションを加速

企業は今、ビジネスに合わせて拡張できるサービスとしてすべてが提供されるクラウドのアジリティで、あらゆるワークロードを制約なく柔軟に展開することが可能なIT環境を必要としています。

+ もっと見る

コンポーザビリティでクラウドのエクスペリエンスを実現

あらゆるワークロードをサポートするインテリジェントなインフラストラクチャをベースとするコンポーザビリティの基盤でIT運用を簡素化および高速化し、ビジネスにクラウドのエクスペリエンスのスピード、拡張性、効率をもたらすことができます。

使用量に応じてコストを決定

コンピュート、ストレージ、ファブリックの可変的リソースプールを備えた、物理、仮想、およびコンテナー型ワークロードに対応する単一のインテリジェントなインフラストラクチャを使用すれば、コストのかかるサイロやオーバープロビジョニングを解消できます。

クラウドのスピードと規模で展開

 

あらゆるワークロードでインフラストラクチャを正確かつリアルタイムに構成し、段階的に拡張することで、アプリケーションとサービスのデリバリを自動化できます。

ソフトウェア デファインドによる自動化で変革を促進

高い信頼性、整合性、および制御性を兼ね備えた、繰り返し使用可能なテンプレートでプロビジョニングを大幅に簡素化して時間を短縮することで、運用コストを削減できます。

クラウドサービスとして利用する

HPE GreenLakeは、物理コンピュートと仮想コンピュート、ストレージ、およびファブリックプールを組み合わせてあらゆるアプリケーション用のあらゆる構成を実現する、強力でソフトウェア デファインドのコンポーザブルコンピューティングインフラストラクチャを提供します。

クラウドサービスとして利用する

HPE GreenLakeは、物理コンピュートと仮想コンピュート、ストレージ、およびファブリックプールを組み合わせてあらゆるアプリケーション用のあらゆる構成を実現する、強力でソフトウェア デファインドのコンポーザブルコンピューティングインフラストラクチャを提供します。

HPE コンポーザブル・インフラストラクチャのポートフォリオ

すべてのInfrastructure as Codeを管理することが可能なHPEのソフトウェア デファインド ソリューションにより、あらゆるワークロードのITリソースを迅速に展開して効率と制御性を向上させることができます。

お客様導入事例
独立行政法人地域医療機能推進機構 様のロゴ

地域住民の健康な暮らしを支える新電子カルテシステムを確立

全国57の病院による充実した医療に加えて、予防やリハビリ、介護等も含めた地域包括ケアを推進するJCHO(地域医療機能推進機構)。医療業務や経営の効率化を図るべく、先端ICTの利活用にも力を入れている。そうした取り組みの一環として、病床数200床以下の病院を対象とした統一電子カルテシステムを新たに構築した。ここではクラス最高水準の性能と拡張性を持つインテル®Xeon®スケーラブル・プロセッサーを搭載するコンポーザブル・インフラ製品「HPE Synergy」を活用し、医療情報システムに欠かせない高い性能・信頼性を確保。また、運用管理の標準化・省力化にも役立てている。

課題

「JCHO統一モデル」に基づく効率的な医療情報インフラの実現をすること。

解決方法

中小病院向けの統一電子カルテシステムを構築し、コスト・セキュリティ・運用管理性を改善しました。

JCHOグループ内で稼働していた様々な電子カルテシステムを統一することで、病院職員の負担軽減やコスト削減、データ利活用の促進など、数多くのメリットが期待できます。今後も順次各病院への展開を進め、より最適な医療情報環境を目指したいと考えています。

独立行政法人 地域医療機能推進機構本部 総務部 IT担当部副部長 (併) 総務部IT推進課長 西川 英敏 氏

結果

  • 集約化によるコスト削減メリットを活かしIT投資効率を向上
  • 病院職員をシステムの運用管理から解放し業務負担を軽減
  • 医療ビッグデータとしての分析・活用が容易に
関連するお客様事例