他に類を見ないHPE InfoSight
他に類を見ないHPE InfoSight
HPE InfoSightが、HPE ProLiantサーバー、HPE Synergyコンピュートモジュール、およびHPE Apolloシステムでもご利用いただけるようになりました。初回リリースには、システム、パフォーマンス、容量使用率に関する詳細情報をグローバルに可視化する機能、データの予測分析機能、および部品とパフォーマンスの最適化に関する推奨機能などが含まれます。
詳細はこちら

HPE Japan Storage総合ポータル          

ストレージ製品情報、イベント・セミナー情報、国内導入事例、その他の関連情報など、HPEのストレージ製品に関する最新情報をご提供しています。

HPEまるごと情報局          

HPE製品やサービスの各種資料、便利なツールなどは、こちらでインデックス形式で探しやすく・わかりやすくまとめて掲載しております。ぜひご活用ください。

AIOpsによる自己管理、自己修復、自己最適化

複雑かつサイロ化されたインフラストラクチャ全体にわたって可視性が限られた状況で、次から次へと発生する問題に対処する必要はもうなくなりました。HPE InfoSightは、お客様の環境の常時稼動、常時高速、常時アジャイルを実現する、AI搭載の自律型運用を提供します。

よい週末を

ハイブリッド環境の奥深くにある根本原因を探すために何日もかける必要はありません。HPE InfoSightは、全世界の100,000台以上のシステムからデータを絶えず収集して分析します。そのインテリジェンスを活用することで、すべてのシステムはよりスマートで自己完結したものになります。成果 HPE InfoSightは、お客様の問題の86%を予測して自動的に解決します。

  • 86%

    自動的に予測し解決する問題の割合HPE%20Nimble%20Storage%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E5%9F%BA%E3%81%A5%E3%81%8F

  • 85%

    問題解決にかかる時間短縮の割合HPE%20Nimble%20Storage%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E5%9F%BA%E3%81%A5%E3%81%8F

  • 54%

    解決済の問題の内、ストレージ以外で発生した割合HPE%20Nimble%20Storage%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E5%9F%BA%E3%81%A5%E3%81%8F

HPE InfoSightのAIOpsで優位性を獲得

ストレージや仮想マシンからアプリケーションまで、インテリジェントで実用的なアドバイスに基づきIT管理を改善できます。

サポートエクスペリエンスを変革

比類のないサポートエクスペリエンスを実感してください。業界をリードするHPE InfoSightの機械学習とAIを通じて、大量のデータを収集し分析します。潜在的な問題にお客様が気付きさえしない間に問題を予測および予防することで、すべてのアプリケーションを保護します。

HPE InfoSightが業界最先端のインフラストラクチャ向けAIである理由

HPE InfoSightは、AIを最大限に活用して自律型のインフラストラクチャを構築します。HPE InfoSightが、クラウドベースの機械学習を活用することで、サーバー、ストレージ、および仮想化リソースにわたってインフラストラクチャのグローバルインテリジェンスとインサイトを引き出す方法をご確認ください。

注目のお客様導入事例
トッパン・フォームズ株式会社様のロゴ

デジタルハイブリッドを加速させる、サービス基盤のas a service化

トッパンフォームズがHPE GreenLakeを採用し、HPE ProLiant Gen10サーバー、HPE Primeraストレージによるデータ・プリント・サービス(DPS)の統合仮想化基盤を構築。

課題

「デジタルハイブリッド」に基づくビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)事業の成長、その中心となるデータ・プリント・サービス(DPS)の強化

解決方法

オンプレミス環境をas a serviceモデル(月額・従量制/ 定額制)で導入し、自社のセキュリティポリシーを遵守しながらパブリッククラウドと同等の柔軟性と俊敏性を実現する

“HPE GreenLakeでは、あらかじめ10-20%の予備リソースを用意することができ、必要なタイミングで即座に利用できることに大きな魅力を感じました”

トッパン・フォームズ株式会社 情報システム本部 システム技術部長 秋山 高寛 氏

結果

  • HPE ProLiant Gen10サーバーとHPE Primeraストレージにより高性能かつ高信頼な統合基盤を整備
  • HPE InfoSight によりDPSサービス基盤全体の予兆検知と稼働状況のモニタリングを実現
  • HPE GreenLakeによりシステムの月額・従量制/ 定額制での導入とオンデマンドのリソース割り当てを実現
  • HPE Pointnext Complete Careによりプロアクティブな保守体制を整備
関連するお客様事例

HPE GreenLake経由でHPE InfoSightにアクセス

HPE GreenLake Edge-to-Cloudプラットフォームを使用しているお客様へのHPE InfoSightの提供を開始し、HPE GreenLakeプラットフォームの分析結果に簡単にアクセスしていただけるようになりました。

HPE InfoSightのよくあるご質問

HPE InfoSightとは何ですか?
HPE InfoSightは業界最先端のインフラストラクチャ向け人工知能です。高度な機械学習を利用してインフラストラクチャの管理とサポートの方法を変革する、クラウドベースの自動化されたインフラストラクチャ運用 (AIOps) プラットフォームです。HPE InfoSightは、全世界の15万台を超えるシステムの数百万台のセンサーからデータを収集して分析します。その後、そのデータ、エンジニアリング、HPE Pointnext Servicesソリューションから情報を取得することで、ストレージから仮想マシンにいたるまで、広範囲にわたるインテリジェンスと有益情報を引き出します。HPE InfoSightを搭載したインフラストラクチャは、スマート化と自律性の向上を継続的に実行します。
HPE InfoSightがもたらすメリット
HPE InfoSightはHPE Pointnext Servicesと併用することにより、サポートに変革をもたらし、卓越したカスタマー・エクスペリエンスを実現します。HPE Pointnext Servicesのエンジニアは、診断と問題解決を迅速に行うことができるようになります。ダッシュボード、プロアクティブレポート、分析などの機能によって、人間では迅速に検出できないパターンに関する有益な情報がサポートチームに提供されます。問題の特定と解決の時間を短縮すれば、お客様に最適な成果をもたらすことができます。

  • 予測と回避: HPE InfoSightは、問題が存在したことに気づく前に問題を自動的に予測して回避します。
  • シグネチャー検出: HPE InfoSightは、高度なパターンマッチングアルゴリズムを使用して、既知の問題が発生することを防止します。
  • アプリケーション対応型の保護機能: HPE InfoSightは、相互に関連する有益な情報を活用してインフラストラクチャ全体を確認し、あらゆるアプリケーションを保護します。
  • サポートの再定義: AI主導型のサポートにより、対応と問題解決までの時間を短縮し、責任の押し付け合いをなくして優れたカスタマー・エクスペリエンスを実現します。
HPE InfoSightは無料ですか?
Nimbleのサポート契約、またはPointnextの契約のいずれか (Tech Care、Complete Careなど) が締結されている限り、HPE InfoSightが含まれています。InfoSightの費用を別途支払う必要はありませんが、AIOpsの機能を利用するにはサポート契約を締結しなければなりません。