エッジの連携

データが孤立し、サイロ化していませんか? ビジネス環境がエッジに移行しつつありますか? データが急増して、データが増加するほど制御が困難になるという懸念をお持ちですか?

エッジからクラウドまでのデータを制御して有効活用できれば、ほとんどの懸念を解消し、エッジでイノベーションを実現できます。エッジはデータがリアルタイムで有益な情報に変わる場所であり、エッジの連携が賢明な選択肢です。

ハイブリッドクラウドを利用したデータの制御と有効活用

データ本来の価値を引き出す: 多くの企業が制御性と柔軟性を高めるためにハイブリッドクラウドの導入を進めている理由をご覧ください。

場所を問わずデータを活用

すべてのアプリケーションとインフラストラクチャをセキュアかつシームレスに統合して、データをエッジで統合します。存在する場所を問わずデータに安全にアクセスし、移行に関する課題を解消します。柔軟性を活かしてエッジからクラウドまで必要に応じて拡張します。

エッジとは何か?

2025年までに、企業が管理するデータの50%がエッジで作成され処理されます。非常に差し迫った問題に対する回答をエッジエキスパートがご紹介します。

リアルタイムの有益情報

リアルタイムインサイトを利用して戦略的な意思決定を行いたいとお考えではありませんか。AI搭載のエッジツークラウドアーキテクチャーがリアルタイムのインテリジェンスを可能にします。インテリジェントエッジ環境なら、必要とする高い競争力を獲得できます。

リアルタイムインサイトの獲得で競争力を強化

データはあらゆる場所に存在し、スマートな企業はデータを活用して成果につなげる方法を絶えず探っています。効率を最大限まで高めるには、オンプレミスのデータとクラウドネイティブのデータをシームレスに連携させる必要があります。データからさらなるビジネス価値を得る方法をご覧ください。

ビジネス上の優先順位のバランスを取る

対立する優先事項や規模のバランスを取ったり、コンセプトから価値実現への移行を迅速に行ったりする必要がある場合、エッジが非常に重要です。エッジはデータが存在し、従業員が働き、ビジネスが起こる場所です。エッジを連携させる戦略は、お客様のビジネスが求める価値の構築をサポートします。

エッジにおける適切な優先順位の決定

デジタルエッジを最も効果的に活用するにあたり、まず行わなければならない基本事項が3つあります。それは、ビジネス目標を把握すること、目標達成に役立つテクノロジーを選択すること、その2つをつなぐ運用モデルに移行することです。

データ移行の課題を緩和

データの移動はコストがかさみ、複雑になるだけではありません。データの配置やポータビリティに必要なすべての懸念事項を管理するという大きな課題もあります。不要な移行にはシームレスな接続を選んでください。あらゆる場所のデータにクラウドエクスペリエンスをもたらします。

エッジが切り開く未来

エッジシステムはデータが作成される場所でアクションを起こしています。それには新しいアーキテクチャー、新しい考え方、そして専門知識が必要となります。

主なエッジ製品

ハイパーコンバージド

バックアップ向けの組み込みソリューションなどにより、仮想化ワークロードの管理、効率、パフォーマンスを向上します。

ネットワーキング

サービスとして提供されるArubaのネットワーキングソリューションでデジタルトランスフォーメーションをサポート。

HPEがエッジからクラウドに至るまで機会の創出をサポートする方法を確認する

エッジの連携

エッジからクラウドに至るまで、データを制御して有効活用。

データをインテリジェンスに変換

スマートな意思決定と顧客への推奨事項の提供を可能にする、データから得られる信頼できる唯一の情報源。

AIを有効活用する

データの可能性を最大限に引き出して、AIの優位性を実現。

ハイブリッドクラウドを構築

希望に応じたハイブリッドクラウド。

 

 

データの保護

適切なレベルのセキュリティのみを提供。