データをインテリジェンスに変える

常に適切なタイミングで推奨事項を提供するために、顧客に関する信頼できる唯一の情報源をお探しですか?

データが存在する場所を問わず、データを統合して高精度の分析を提供し、データの新たな価値を引き出すことができる方法があります。データファーストのモダナイゼーションにより、データの無秩序状態を解消して、インテリジェンスに変えることが可能です。

ハイブリッドクラウドでデータからインテリジェンスを得る

企業のITインフラストラクチャを使って、より的確に意思決定を下すための信頼できる単一の情報源を得るにはどうすればよいのでしょうか。

ハイブリッドクラウドがどのようにビジネスを成功に導くことができるかをご確認ください。

データファーストのモダナイゼーション

困難と思われるデータ主導のモダナイゼーションも、その道のりを見分けやすい明確なステップに分けることで簡素化できます。従来のデータプラットフォームの役割について共通の理解を深め、優先順位を定義するための共通言語を築くときが来ました。

データファーストのモダナイゼーションを実現する4つのステップ

データトランスフォーメーションの道のりを企業が進むための戦術的ガイド

データ管理を簡素化

複雑なデータ管理は過去のものになります。成功を妨げる従来のシステムから解放され、組織のデータを保護して連携させることが可能になりました。データファースト リーダーは、データ主導のAIベースのツールを活用するクラウド運用エクスペリエンスによって、今日の複雑なデータ管理を解消しています。これにより、顧客のイノベーションが推進され、企業のリスクが軽減されると共に、ビジネス関係者の満足度が向上するという成果を上げています。

データファースト リーダー企業であるべき理由

データファースト リーダーが複雑さを解消した方法をご確認ください。

データの価値を引き出す

データセットが膨大かつ非常に多様で、多数のアプリケーションにわたって互いに絡み合っている場合であっても、データの新たな価値を引き出すにはどうすればよいでしょうか。存在する場所を問わずデータを統合することにより、その価値を高めることができます。データファーストをモダナイズしてビジネスの新たな機会を創出します。

データ本来の価値を見出す

データの存在場所は、もはやデータセンターに限定されません。膨大な量のデータが日々エッジで生成されています。

データに潜むインサイトを抽出

分析されることがないデータの割合はどの程度なのでしょうか。組織のデータには、どのような重要かつ有益な情報が隠されているのでしょうか。信頼できる唯一の情報源を構築してデータをリアルタイムインサイトに変え、ビジネスの成長を後押しするスマートな意思決定を可能にします。 

隠れたインサイトを引き出し、ビジネスの優位性を実現

データに潜む可能性を引き出すことで、新たなビジネス機会を創出し、大きな成長へとつなげることができます。

主なデータ製品

AI、ML、分析

エンタープライズグレードのAI/MLと分析により、データの中に閉じ込められた価値を継続的に引き出すことができます。

データベース

データベースに最適化されたハードウェア、ソフトウェア、サービスを1つにまとめ、独自の従量制課金*で提供。

大規模言語モデル

オンデマンドのマルチテナントクラウドサービスにより、企業は自社で大規模AIモデルをトレーニング、調整、展開できます。

HPE Apollo 2000

ワークロードに最適化されたインテリジェントストレージでデータを最大限に活用します。

* 予約容量が適用される場合があります

HPEがエッジからクラウドに至るまで機会の創出をサポートする方法を確認する

エッジの連携

エッジからクラウドに至るまで、データを制御して有効活用。

データをインテリジェンスに変換

スマートな意思決定と顧客への推奨事項の提供を可能にする、データから得られる信頼できる唯一の情報源。

AIを有効活用する

データの可能性を最大限に引き出して、AIの優位性を実現。

ハイブリッドクラウドを構築

希望に応じたハイブリッドクラウド。

 

 

データの保護

適切なレベルのセキュリティのみを提供。