クラウドアプリケーションのデリバリを加速

最適な組み合わせのハイブリッドIT環境を実現し、クラウドアプリケーションおよびサービスのデリバリを加速させます。

クラウド環境の制御を強化

多くの組織は、スピード、拡張性、セキュリティの最適なバランスを実現できるよう、マルチクラウド環境でアプリケーションやサービスを迅速に開発、配備、管理することが求められます。適切なハイブリッドIT戦略により、最適なITリソースを素早く低コストで、特定のワークロードに配備でき、クラウドアプリケーションおよびサービスのデリバリを加速させます。最適な組み合わせのハイブリッドITを実現することで、ビジネスに必要なアプリケーションやサービスを迅速に提供、コントロールし、コストを最適化できます。

ハイブリッドITによるクラウドアプリケーションのデリバリの最適化

ハイブリッドITがなぜビジネスに必要か

第三者調査機関によるハイブリッドITについての調査で、ハイブリッドITがなぜビジネスに必要かを証明することができます。3つのクラウド環境において、最適なアプリケーションを特定する方法、およびビジネス的な根拠として最も重要となる要素をご確認ください。

最適なハイブリッドIT環境の構築に向けて

ハイブリッドIT環境によって得られるメリットをお確かめください。マルチクラウド環境がコストやセキュリティにどのような影響をもたらすのかを評価し、最適な組み合わせのハイブリッド環境を特定することができます。

TCOを分析し、クラウドデリバリモデルの最適化を実現

マルチクラウド環境のTCO分析

プライベートクラウド、パブリッククラウド、およびマネージドクラウドのコストの比較は複雑で、完了までに数日あるいは数週間かかることも少なくありません。プライベートクラウドとパブリッククラウドのコストを簡単かつ迅速に比較できる方法をご確認ください。

クラウドアプリケーションのデリバリを最適化し、セキュリティとコンプライアンスを確保

セキュリティとコンプライアンスに対応するための重要なステップとは

クラウドへの移行において最大の課題となるのが、ハイブリッドクラウド環境でのセキュリティとコンプライアンスの対応です。セキュリティとコンプライアンスが確保されたハイブリッドクラウド環境を実現するための具体的な方法をご確認ください。

セキュアな環境でクラウドアプリケーションを提供

クラウドデリバリプラットフォームがセキュアであるか確認する方法

ハイブリッドクラウドインフラストラクチャを選択する際は、各クラウドデリバリモデルのセキュリティを比較検討し、お客様のセキュリティ要件に基づいて最適なモデルを選択する必要があります。各モデルを評価するうえで留意すべき重要なガイドラインをご覧ください。

60%

アプリケーションとサービスのデリバリを加速させるうえで、依然としてITが障害となっていると考えるイノベーターの割合1

78%

クラウドワークロードの配置により、変化するビジネスニーズへの迅速な対応が可能になると考える組織の割合2

33%

クラウドのコストを抑制できていないと考えるITエンドユーザーの割合3

成功事例

ハイブリッドITでクラウドデリバリを加速させた20世紀フォックス社

20世紀フォックス社のデジタルトランスフォーメーションを支援

HPE Helionクラウドソリューションを導入した20世紀フォックス社は、メディアクラウドによる最適な組み合わせのハイブリッドITを実現し、貴重なコンテンツの配信と保護を強化しています。

主な製品とサービス

クラウドアプリケーションおよびサービスのデリバリを加速させる、HPEの各種ソリューションをご活用ください。

HPE Helion CloudSystem

HPE Helion CloudSystem

プライベートクラウドおよびハイブリッドクラウド向けにハードウェアとソフトウェアで構成される包括的なソリューションが、開発の迅速化とIT運用の効率化に大きな効果を発揮します。

詳細はこちら

HPEフレキシブルキャパシティ

HPEフレキシブルキャパシティ

パブリッククラウドのアジリティと経済性、オンプレミスITのセキュリティとパフォーマンスを融合した従量課金サービスです。

詳細はこちら

重要なビジネス課題を解決

ハイブリッドITモデルの導入によって柔軟性とアジリティが向上し、ビジネスが直面するその他の課題を解決できます。

ハイブリッドインフラストラクチャへの変革

アプリケーションやデータに合わせて、従来型のIT、プライベートクラウド、パブリッククラウドにまたがる最適な組み合わせのプラットフォームを実現することで、リスクとコストを最小限に抑えられます。

柔軟なIT投資モデルの実現

オンプレミスITのセキュリティや制御を損なうことなく、パブリッククラウドの持つ柔軟性と優れた経済性を実現できます。

 

可用性と耐障害性の確保

ミッションクリティカルな業務利用における不測の事態に備え、アプリケーションやデータの可用性と耐障害性を確保できる機能によりリスクを低減できます。

IT as a Serviceの実現

最適な組み合わせのハイブリッドITを使用してIT as a Serviceを実現することで、スピードとアジリティを最大限に高められます。

インフラストラクチャのモダナイゼーション

最適な組み合わせのハイブリッドITによってインフラストラクチャの統合とモダナイゼーションを行えば、IT運用の最適化とアプリケーション開発を加速させます。

関連情報

ビデオ : 30億のDNA情報の解析を高速化、ゲノム研究を加速。再プロビジョニングを数日から数時間に短縮

ビデオを再生
itaas_AtxJTOOhxFk
ビデオ | 2:48

デジタルエコノミーの時代に入り、お客様は従来とは異なる方法で対応する必要に迫られています。このため、今日のエンタープライズITは、ハイブリッドITに対応する環境へと移行し、組織のために、はるかに複雑化したデジタルサプライチェーンを仲介する役割を担っています。

Analyst White Paper : ハイブリッドITにおける ワークロード最適化に関する ベストプラクティス

ハイブリッドITのベストプラクティスをクラウドデリバリに活用
Analyst White Paper | PDF | 487KB

ハイブリッドIT環境でのワークロードの配置に関しては、プライベートクラウド、パブリッククラウド、SaaS、従来型のIT環境といった多くの選択肢に加え、お客様の決定に影響を与えるさまざまな要因が存在します。ワークロードの配置に関連するハイブリッドITの動向にはどのようなものがあるでしょうか。ワークロードの配置決定に影響を及ぼす主な要素は何でしょうか。競合他社では、さまざまなワークロードが現在どこに配置され、今後どうなるのでしょうか。お客様は、ハイブリッドIT環境での最適なワークロードの配置をどのように決定しようとしているのでしょうか。ワークロードの配置を最適化することが、今日では極めて重要となっています。最適な選択を行うことにより、コストの最適化および適切な管理が可能になるとともに、ビジネスの成長と発展に不可欠なデータやサービスをユーザーに提供できるようになるためです。451 Research社のレポートを今すぐダウンロードのうえ、ハイブリッドIT環境でのワークロードの配置決定に活用できるベストプラクティスをご確認ください。

1. 『ITトランスフォーメーションの推進: 最前線の事例』、IDG社、2017年

2. 『ハイブリッドIT環境でのワークロードの配置のベストプラクティス』、451 Research社、2016年

3. 『パブリッククラウド、プライベートクラウド、およびマネージドクラウドにわたるマルチクラウドのTCOを短時間で比較分析する方法』、451 Research社、2016年