クラウドソリューションによるITの再構築

ここ数年で、クラウドコンピューティングは急速に成長しました。クラウドネイティブアプリケーションを開発するスタートアップから、IT運用をクラウドに移行する大企業に至るまで、仮想化コンピューティングリソースや従量制の料金体系がITの手法に急速な変化をもたらしています。

パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドの選択

パブリッククラウドコンピューティングが、すべてのワークロードに適しているとは限りません。コンプライアンス基準によっては、一定の機能をプライベートデータセンターに限定する必要が生じる場合もあります。

コストのバランスを取る

従量制の料金体系にメリットがある一方で、パブリッククラウドでは、社内のソリューションよりもコストが増加してしまう場合もあります。

クラウドを最適化する方法

柔軟性と効率を最大限に高めつつ、コストを最小限に抑えるため、多くの組織は、プライベートクラウドまたはハイブリッドクラウドソリューションを選択しています。

ハイブリッドクラウドコンピューティング

多くのマシンの共有容量で構成される仮想化コンピューティングリソースを備えた、パブリッククラウドと同様に機能する専用のデータセンターを構築します。パブリッククラウドを統合して容量を追加し、コストを削減することで、ハイブリッドクラウドソリューションを実現します。