OpenVMS システム管理

システム管理ツール

OpenVMSのシステム管理のためにさまざまなツールが提供されています。 利用可能なツールおよびソリューションは、 おおまかには以下のようなカテゴリに大別できます。

  • ユーザーアカウント管理、パフォーマンス管理、システム・リソース管理など、OpenVMS の特定の機能領域を管理するために従来から提供されている管理ツール

  • HPE Insight Management による管理ソリューション。 HPE Insight Management に含まれるいくいつかのコンポーネントで、 管理対象システムとして OpenVMS をサポートしています。 これらのコンポーネントには、 HPE Systems Insight Manager (SIM) を利用してアクセスします。


 

+ もっと見る

OpenVMS システムのために従来から提供されている管理ツール

HPE Insight Management による OpenVMS システムの管理

   

OpenVMS Availability Manager

Availability Manager は、LAN 上にある OpenVMS システムを OpenVMS システムあるいは Windows システムから監視するためのシステム管理ツールです。
Availability Manager は、システム管理者が特定のノードあるいはプロセスを詳細に分析するのに利用できます。 複数の OpenVMS システムからシステムおよびプロセスのデータを収集し、 データを分析し、グラフィカル・ユーザー・インタフェースに結果を表示します。 

   

OpenVMS Management Station

OpenVMS Management Station は、Microsoft Windows PC 上で利用できる管理ツールです。 OpenVMS Management Station には、 システム管理者やシステム管理を行うその他のユーザーのために、 強力で使いやすいユーザー・インタフェースが用意されています。

 

OpenVMS Management Station を利用すれば DCL 構文やコマンド・プロシージャを覚えなくても OpenVMS システムを管理できるため、 システム管理者やヘルプデスクのスタッフによる システム管理作業がはるかに簡単になります。 

 

HPE Insight Management

HPE Insight Management による OpenVMS ノードの管理

HPE Insight Management (以前の HP Insight Software) は、 HPE サーバーを効率的に管理および監視するための包括的なソフトウェア製品です。 HPE Insight Management に含まれているいくつかのコンポーネントで OpenVMS ノードの管理をサポートしており、Microsoft Windows が稼動する中央管理サーバーから OpenVMS サーバーを管理することができます。

  

   

gWLM Agent for OpenVMS

HPE Global Workload Manager Agent for OpenVMS


HPE Global Workload Manager (gWLM) は、インテリジェント・ポリシー・エンジンを組み込んだマルチシステム/マルチ OS 対応のワークロード管理機能です。gWLM は、リソース管理 (単一のオペレーティング・システム内で CPU 単位でワークロードにプロセッサ・リソースを割り当てるメカニズム) とパーティショニング技術を統合し、 アプリケーション性能とビジネスポリシーに基づいて、 アプリケーションに対してリソースの動的な再割り当てを行います。 これにより、多数のサーバーのサービスレベルを維持および監視しながら、 サーバーの利用率を向上させることが可能になります。

 

OpenVMS Provisioning Plug-In for HPE SIM

HPE SIM による OpenVMS のプロビジョニング


HPE Systems Insight Manager (HPE SIM) にプロビジョニング・プラグイン (OpenVMS Provisionning Plug-In for HPE SIM ) (英語PDF) を組み合わせることにより、HPE SIM でプロビジョニング機能がサポートされ、 ネットワーク上の複数のサーバーに対して OpenVMS オペレーティングシステムをすばやく簡単にインストールあるいはアップグレードすることができます。この機能により、 最大 8 台のサーバーに対して OpenVMS を同時にインストールあるいはアップグレード することができます。 また、プロビジョニングのサポートにより、CD/DVD ドライブを持たない Integrity サーバーでの OpenVMS のインストールあるいはアップグレードが可能になります。
なお、最新世代の HPE Integrity rx2800 i2 サーバーおよび HPE Integrity BL8x0c i2 サーバーブレードに対して OpenVMS V8.4 のプロビジョニングを行うには、 Provisioning Plug-In V4.1 以上が必要になります。