デジタルメディア処理向けHPE Moonshot

大規模並列型の高密度メディア処理サーバーを、信頼できるパートナーソフトウェアと組み合わせて使用することで、ラックあたりのストリーム数を増加できます。

メディアの継続的な増大に対処

ITは、増大し続けるメディアを、増加し続けるデバイスに、場所を問わずオンデマンドで提供する必要があります。統合型グラフィックス処理ユニットを搭載した高密度かつ高スループットのMoonshotサーバーと、革新的なソフトウェアプロバイダーの強力なパートナーシップにより、ビデオ/メディアビジネスに対応する飛躍的なパフォーマンスを実現できます。Moonshotメディア処理サーバーを導入すれば、増大する市場ニーズに対応し、運用コストを削減するとともに、企業ニーズに応じて拡張することが可能になります。

メディア処理で重要となる密度

消費電力とスペースを削減しながら、ラックユニットあたりのストリーム数を増加できます。独自の高密度Moonshotサーバーが、従来型サーバーでは不可能だった変革を可能にします。Moonshotは、ジャストインタイムトランスコーディングなど、特定のワークロード向けに最適化されており、優れた電力効率により、低コストで拡張して数百万のユーザーをサポートできます。また、ソフトウェアパートナーの広範なエコシステムと、 ジャストインタイムトランスコーディング (JITT) やクラウドTVなどのソリューションにより、ビデオ処理のニーズに応えます。

最新のメディアアーキテクチャーを実現

オンデマンドによるオンラインのメディア消費が急速に拡大しつつあり、従来のブロードキャストメディアに取って代わろうとしています。ジャストインタイムパッケージングなど、プログラミングやフォーマッティングのニーズの変化に迅速に対応する必要があります。Frost & Sullivan社のホワイトペーパーでは、このように要求の厳しい環境で、拡張性、コスト効率、および品質の向上を実現するには、ハードウェア中心の機能が固定されたインフラストラクチャから、IPベースのオープンなソフトウェア デファインド ワークフローに移行する必要があると述べられています。

Moonshotの成功事例

金沢大学 理工学域 電子情報通信学類が、「学び方改革」の推進基盤となる800ユーザーのリモートデスクトップ環境を構築

超高密度サーバー「HPE Moonshot System」を採用し、高負荷のPC実習ニーズに応えながら、場所や時間、端末を問わない柔軟な「学び方」を実現しました。

ソリューションパートナー

Wowza

Wowza Streaming Engineソフトウェアは、HPE Moonshotでのストリーミングアプリケーションのパフォーマンスを最適化することで、経済性を飛躍的に向上させます。

Vantrix

HPE MoonshotおよびVantrixソフトウェアは、サービスプロバイダーの大規模なメディア処理のニーズに対応する、超高密度ソリューションを提供します。

IoT Innovation Labの活用

IoT Innovation Labの活用
Moonshotについてご覧いただきましたが、お客様のワークロードに適しているかどうかが不明な場合は、Global IoT Innovation Labにアクセスしてください。お客様のアプリケーションをテストして、その結果をご確認いただけます。

関連情報

プレスリリース : eBrisk社が4つのHEVC 4K/60fps/10bit/HDRチャネルを1ラックユニットで提供

プレスリリース

eBrisk社が4つのHEVC 4K/60fps/10bit/HDRチャネルを1ラックユニットで提供

ホワイトペーパー : 一般的なコンピューティングサーバーの29倍高密度化を実現

ホワイトペーパー

ITは、スピード、効率、経済性の向上を実現するソフトウェア デファインド モデルに移行しつつあります。あらゆる業界のニーズに応える、ソフトウェア デファインド プラットフォームの詳細をご覧ください。

ホワイトペーパー : CAPEXおよびOPEXの削減

ホワイトペーパー

ビジネスを加速させるシステムで、ラックユニットあたりのストリーム数が劇的に増加するとともに、電力およびスペース要件が大幅に削減されます。