Linux技術情報
Service Pack for ProLiant - Custom ISO作成方法

Service Pack for ProLiant - Custom ISO作成方法

本書について

 本書では Service Pack for ProLiant(SPP)を ProLiantに適用するための前手段として、ISOのファイルサイズを縮小した Custom ISOをダウンロードサイト上で作成する方法について説明します。

 Smart Update Manager(SUM)を利用して、Custom ISOを作成する方法については本書では対象としておりません。

 iLO5の仮想メディアを利用し、SPPからシステムを起動する場合には、本書の作業は必須ではありません。

 USB接続の Blu-rayドライブを利用し、SPPからシステムを起動する場合には、本書の作業は必須ではありません。

Custom ISOについて

 SPP 2020.09.0の Full版 ISOのファイルサイズは 9.4GBになりました。この容量は DVD-RW等の Dual-Layer(2層)メディアにも入りきらないサイズとなります。

 SPP 2020.09.0の Full版 ISOの 9.4GBからシステムを起動する方法は下記となります。

× - Full版 ISOを DVD-ROMから起動
  ⇒ 〇 - Full版 ISOの内容を削減した Custom ISOを DVD-ROMから起動(本書の目的)
〇 - Full版 ISOを Blu-rayから起動
〇 - iLO5 Virtual Mediaから起動
〇 - USB-keyツールを利用して Full版 ISOを書き込んだ USB-key(32GB迄)から起動
〇 - PXEの利用

なお、Full版 ISOから不要なコンポーネントを削減する事で、SPPのデプロイ時間の短縮が見込めます

SPPの入手

 SPP専用ページ www.hpe.com/jp/spp にアクセスし、[ダウンロード] をクリックします。


 SPPの Generationとバージョンを選択します。

- 本例では `Gen10プロダクション` 向けを選択します。
- 本例では最新バージョンである `2020.09.0` を選択します。

 HPE Passportアカウントが必要です。必要に応じて次の画面で作成してください。

 `Gen9/Gen10` 共用版を選択すると HPE Passportに保証/サポートの紐づけ作業が必要になります。


 Full ISO版はページ右下に linkがあります。

 Supplement版は更にその下に linkがあります。


 Custom ISOへの linkはページ右下にあります。

 以降の作業はこの linkから行います。

Custom ISOの作成

 SPP Full版 ISOの容量を削減し、書き込み可能な DVDの 2層(dual-layer)以下の容量にします。

 SPP Full版 ISOで一番容量を占めているのは Firmwareです。Firmwareは Linux向け、Windows向け、VMware向けに同じものが 3種類同梱されています。

 本例では対象とする OSを Linuxに限定して作成します。Windowsもしくは VMwareを対象とする場合には、OSの選択を変更してください。


 コンポーネントの確認を行います。内容は画面上の Contents list等で確認が可能です。

 [+] をクリックします。


 HotFixがリリースされている場合には、選択する事を強くお勧めします。

 Supplementが必要となる OSのものであれば選択してください。本例では選択します。

 Bundle Name, Version, Descriptionを記載してください。

 `Bootable ISO(SUM included)`は必ず選択してください。

 [Next: Select Filters] をクリックします。


 対象環境を絞り込みます。本例では Criticality, Architecture, OSは下記を選択

  - Criticality     = 全て選択

  - Architecture  = x64のみ

  - OS      = RHEL7, 8, SLES12, 15のみ


 Linux以外を OSとして選択する場合の注意点

 OSの選択時に Linuxを 1ヶは必ず選択する必要があります。

 OSの選択に Windowsだけ、もしくは VMwareだけしか選択しなかった場合、SPP ISOからシステムを起動しての Firmware Updateを行うと Inventory後に `No applicable component found` となります。追加には `RHEL8`をお勧めします。

 SPP ISOからシステムを起動する際には、裏で Linuxが稼働しています。Linuxが稼働している状態で Firmwareをデプロイするのに利用する Firmwareコンポーネントの形式は RPMとなります。


 本例では Component Categories = 全て選択(Application, Drivers, Firmware, Utility)します。
 `include server components` のチェックで全選択となります。


 本例では全て(Apollo, ProLiant BL/DL/ML/XL, Other)のサーバを選択します。


 本例では、Infrastructure Componentsは、全て選択します。
 `include infrastructure components` のチェックで全選択となります。


 Preview Componentsがポップアップします。

 [Submit Build]をクリックします。


 ビルドが開始されます。本例では 10分前後掛かります。


 [View Detail] をクリックします


 [Download] をクリックします。

補足

  SPP Full版 ISOには、SPPの ISOイメージを USBメモリ(USB-key)に書込むツール USB Key Utilityが同梱されています。

  - Windows/64bit用ユーティリテイ - 32GB迄の USBメモリにのみ対応
  - Intelligent Provisioning(IP)の ISOイメージの書込みにも対応(UEFIモードのみ対応)
  - SPPもしくは IPの ISOイメージは Windows上でマウントし利用します

 注) 書込み方法は `Create a bootable USB key from CD/DVD`(default)を選択してください。これは UEFI対応を行った SPP 2014.02.0以降、IP v1.60以降では `Add an additional CD/DVD to bootable USB key option` には対応していないためです。

 DVDドライブは 2層メディアを読めるとは限りません。DVD系書き込み可能メディアの 2層(dual-layer)タイプは、全てのドライブで読める訳ではありません。例えば、DVD-R, DVD+Rは 2層メディアに対応していても、DVD-RWだけ 2層メディアに対応していないドライブがあります。

 Blu-rayドライブは容量に余裕があります。Blu-rayメディアは一番容量の小さいものでも 25GB迄書き込む事が可能ですので、SPPの Full版 ISOの書き込みに最適です。

Open Source & Linux

product
support
etc.
Linux トップ