Linux技術情報 技術文書(旧版技術文書)

Linux用管理ツールについての技術情報(旧版技術文書)

 下記の文書は旧版です。最新版の技術情報に関してはこちらをご覧ください。

+ もっと見る

Notes:2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。

管理ツールパッケージ

SPP - Service Pack for ProLiant (現行版・旧版)

 SPP(RHEL、SLES用)毎のディストリビューションとそれら UpdateX/SPxへの対応開始状況の一覧は下記となります。SPPが内包する個別パッケージの対応状況はそれぞれのページ内情報等をご覧ください。

現行製品 - Gen9, Gen10
(Production版)
RHEL8 RHEL7 RHEL6 SLES15 SLES12 SLES11
SPP 2020.09.0       SP2    
SPP 2020.03.2            
SPP 2019.12.2            
SPP 2019.09.1            
SPPサプリ 2020.03.0 U2          
SPPサプリ 2020.03.0   U8        
SPP 2020.03.0            
SPPサプリ 2019.12.0 U1          
SPPサプリ 2019.12.0         SP5  
SPP 2019.12.0   U7        
SPP 2019.09.0            
SPPサプリ 2019.03.1       SP1    
SPPサプリ 2019.03.1            
SPP 2019.03.1            
SPP 2019.03.0*            
SPPサプリ 2018.11.0         SP4  
SPPサプリ 2018.11.0   U6        
SPP 2018.11.0            
SPP 2018.09.0            
SPPサプリ 2018.06.0     U10      
SPP 2018.06.0            
SPPサプリ 2018.03.0   U5        
SPP 2018.03.0            
SPP 2017.10.1   U4     SP3  
SPP 2017.07.2            
SPP 2017.07.1*            
旧製品(Post-Production版)
RHEL7 RHEL6 SLES12 SLES11
SPP G7.1        
SPP Gen8.1        
SPP Gen8.0        
SPP G7.0        
  RHEL7 RHEL6 SLES12 SLES11
SPP 2017.04.0   U9    
SPPサプリ 2016.10.0 U3      
SPPサプリ 2016.10.0     SP2  
SPP 2016.10.0        
SPPサプリ 2016.04.0   U8    
SPP 2016.04.0        
SPPサプリ 2015.10.0     SP1  
SPPサプリ 2015.10.0 U2      
SPP 2015.10.0        
SPPサプリ 2015.06.0   U7    
SPPサプリ 2015.06.0       SP4
SPP 2015.06.0        
SPP 2015.04.0 U1      
SPPサプリ 2014.09.0        
SPPサプリ 2014.09.0   U6    
SPP 2014.09.0/MSB(2014.10)        
SPPサプリ 2014.06.0        
  RHEL6 RHEL5 SLES11 SLES10
SPP 2012.10.0        
SPP 2012.08.0        
SPPサプリ 2012.06 U3      
SPP 2012.06.0 PSP v9.10同等 PSP v9.10同等 PSP v9.10同等 PSP v9.10同等
SPP 2012.02.0 PSP v9.00同等 PSP v9.00同等 PSP v9.00同等 PSP v9.00同等
SPP 2012.01.0 PSP v8.70相当
PSP v8.70相当
PSP v8.70相当
PSP v8.70相当
SPP 2011.09.0 PSP v8.70同等 PSP v8.70同等 PSP v8.70同等 PSP v8.70同等

SUM - Smart Update Manager(現行版・旧版)

RPM版リリース順 同梱されている SPPのリリース順(左から右へ新しく)
sum v8.5.6 - ダウンロード SDR zip版  
sum v8.4.1 - ダウンロード   SDR  
sum v8.4.0 - ダウンロード  SDR SPP 2019.03.0*SPP 2019.03.1
sum v8.3.7 SPP 2018.11.0
sum v8.3.6  
sum v8.3.5 SPP 2018.09.0
sum v8.3.1 SPP 2018.06.0
sum v8.3.0  
sum v8.2.0 SPP 2018.03.0
sum v8.1.0  
sum v8.0.0 SPP2017.07.2SPP2017.10.1

SUM - Smart Update Manager(hpsum)

RPM版リリース順 同梱されている SPPのリリース順(左から右へ新しく)  
hpsum v7.6.2 SPP G7.0SPP Gen8.0SPP Gen8.1SPP G7.1
hpsum v7.6.0 SPP2017.04.0SPP2016.10.0
hpsum v7.5.1  
hpsum v7.4.0 SPP2015.10.0
hpsum v7.3.5  
hpsum v7.3.1  
hpsum v7.3.0 SPP2015.06.0
hpsum v7.2.1  
hpsum v7.2.0 SPP2015.04.0
hpsum v7.1.0 SPP2014.09.0
hpsum v6.4.1 SPP2014.06.0
hpsum v6.3.1 SPP2014.02.0(B)
hpsum v6.2.0 SPP2014.02.0
hpsum v6.0.1 RHEL5用/RHEL6用サプリ-2013.09.0B
hpsum v5.3.5 2013.02.0/B/SLES11用サプリ2013.09.0B
hpsum v5.3.0 2012.10.0
hpsum v5.2.0 RHEL6用サプリ-2012.06.0(B)2012.08.0
hpsum v5.1.0 なし

SUM - Smart Update Manager(現行版・旧版)

 PSP(RHEL、SLES用)毎のディストリビューションとそれら UpdateX/SPxへの対応開始状況の一覧は下記となります。PSPが内包する個別パッケージの対応状況はそれぞれのページ内情報等をご覧ください。

  EL6 EL5 EL4 EL3 EL21 RH7x SL11 SL10 SL9 UL10
PSP v9.10   U8         SP2      
PSP v9.00 U2                  
PSP v8.73   U7                
PSP v8.72 U1                  
PSP v8.71               SP4    
PSP v8.70                    
PSP v8.64                    
PSP v8.63   U6                
PSP v8.62                    
PSP v8.60                    
PSP v8.51             SP1      
PSP v8.50                    
PSP v8.41   U5                
PSP v8.40                    
下記バージョンはインストーラが LDU時代のものです
PSP v8.31   U4           SP3    
PSP v8.30                    
PSP v8.26     U8              
PSP v8.25                    
PSP v8.20   U3                
PSP v8.15                    
PSP v8.12     U7              
PSP v8.11                    
PSP v8.10   U2           SP2    
PSP v8.00   U1 U6           SP4  
PSP v7.92                    
PSP v7.91                    
PSP v7.90     U5              
PSP v7.80               SP1    
PSP v7.71   非サポ
               
PSP v7.70     U4 U8            
PSP v7.61                    
PSP v7.60     U3 U7            
PSP v7.52                    
PSP v7.51                    
PSP v7.50     U2 U6         SP3  
PSP v7.40     U1 U5         SP2 SP4
PSP v7.30                 SP1  
PSP v7.21                    
PSP v7.20       U4 U6          
PSP v7.11       U2            
PSP v7.10B                    
PSP v7.10         U4         SP3
PSP v7.00       U1 U2         SP2a
PSP v6.40                    
PSP v6.30         U1          

MCP - Management Component Pack

 MCP(Management Component Pack)情報は専用ページへ移動しました

Intelligent Provisioning(IP)関連

System Recovery Set

Gen10 System Recovery Set Update v1.00
Smart Update Manager(SUM), RESTful API無しでアップデート可能です
ISO, USB, online/offline, local/remote対応です
CVE-2017-5706、CVE-2017-5709に対応しています
BIOS v1.26、IE v0.1.4.4、SPS v4.0.04.288、iLO v1.15

ProLiant Gen10用

Intelligent Provisioning(IP) v3.30技術情報追加

  • IP v3.21以降にアップグレードするとダウングレードはできません
  • 最新の Intelプロセッサーに対応しました


Intelligent Provisioning(IP) v3.22技術情報追加

  • IP v3.21/v3.22にアップグレードするとダウングレードはできません
  • HVT(hardware validation tool)の SmartArray構成情報のエラー収集機能を強化しました。
  • Smart Storage Administrator(SSA)は v3.30.14.0のままです。
  • インストール支援は下記ディストリビューションに対応しています。
     - Red Hat Enterprise Linux 7.4, 7.5(UEFI/Legacy、DVD/FTP-flat)
     - SUSE Linux Enterprise Server 12/SP2, SP3、15(UEFIのみ、DVD/CIFS)
     - ClearOS(UEFIのみ)


Intelligent Provisioning(IP) v3.21技術情報追加

  • IP v3.21にアップグレードするとダウングレードはできません
  • Smart Storage Administrator(SSA)は v3.30.14.0のままです。
  • インストール支援は下記ディストリビューションに対応しています。
     - Red Hat Enterprise Linux 7.4, 7.5(UEFI/Legacy、DVD/FTP-flat)
     - SUSE Linux Enterprise Server 12/SP2, SP3、15(UEFIのみ、DVD/CIFS)
     - ClearOS(UEFIのみ)


Intelligent Provisioning(IP) v3.20

  • ハードウェア検証ツール(Hardware Validation Tool)が新規追加されました。
  • Intelligentストレージ構成(Itelligent Storage Configuration)が新規追加されました。
  • ファームウェアアップデートでのロールバックが可能になりました。
  • Smart Storage Administrator(SSA)が v3.30.14.0になりました。
  • インストール支援は下記ディストリビューションに対応しています。
     - Red Hat Enterprise Linux 7.4, 7.5(UEFI/Legacy、DVD/FTP-flat)
     - SUSE Linux Enterprise Server 12/SP2, SP3(UEFIのみ、DVD/CIFS)
     - ClearOS(UEFIのみ)


Intelligent Provisioning v3.10

  • Smart Storage Administrator(SSA)が日本語化され v3.25.4.0になりました。
  • iLO構成が日本語化されました。
  • Red Hat Enterprise Lionux 7.4、SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3のインストールに対応しました。
  • ClearOS 7.3のインストールに新規対応しました(メディアはインターネット経由のみ)。


Intelligent Provisioning v3.00

イニシャルリリースです。

障害監視エージェント

iSUT/HPSUT - Integrated/Smart Update Tool for OneView, iLO Amplifier Pack(Red Hat, SUSE用)

Integrated Smart Update Tool v2.3.6


Integrated Smart Update Tool v2.3.0

  • SPP 2018.06.0同梱バージョンです
  • iLO5の High Securityモードでの iSUT v2.3.0未満からのセルフアップデートをサポートします。
  • iLO5のレポジトリベースのアップデートでの不具合を修正しました。
  • 依存関係で失敗した際の追加情報を OneViewに引き渡してユーザに表示できる様にしました。
  • 全て成功に終わったデプロイが InstallFailedと OneViewのダッシュボードで表示される問題を修正しました。
  • iSUTのセルフアップデートが iLO Amplifier Packからの場合に失敗する問題を修正しました。


Integrated Smart Update Tool v2.2.1

  • アップデートが成功しているにも関わらずステータスが失敗と表示される事がある問題を修正。
  • iSUT自身のアップデートが失敗する事がある問題を修正。


Integrated Smart Update Tool v2.2.0

  • デプロイ時間を短縮化しました。
  • OneViewでのファームウェアの大量同時デプロイ
  • ファームウェアアップデート時のエラー処理とエラーログを詳細化しました。
  • AHSロギングを改良しました。


Integrated Smart Update Tool v2.1.0

  • iLO5が High Securityモード、CNSAモードの際にも SPPのデプロイが可能になりました。
  • パフォーマンスの向上が行われ、デプロイ時間が短くなりました。
  • コピーエラー時のリトライを行いコピーエラーの最小化が行わる様になりました。
  • ユーザによる `EnableiLOQueuedUpdates`パラメータの変更が OneViewと iLO Amplifier Pack側で正しく保存される様になりました。
  • インタラクティブモード以外でのアップデート時に `Stage Failed: FileCopyError`で失敗しなくなりました。
  • iSUTが保持するコンポーネント設定は自己アップデート時にも利用される様になりました。
  • iSUTの自己アップデートは iLO Amplifier Packの古いバージョンでも動作する様になりました。
     - clearilocredsと -setで ilousernameと ilopasswordが追加されました。
  • manのスタイルを変更しました。
  • manに記載されているバージョンが v2.2.0になっていますが、追加された機能は 実装されています。


Integrated Smart Update Tool v2.0.0

  • 製品名の変更に伴いパッケージ名が hpsutから sutに変更されました。
  • setオプションに rebootactionが追加されました。
  • setオプションに savelogsが追加されました。
  • setオプションに enableiloqueueupdatesが追加されました。
  • importkeysオプションが廃止されました。
  • クラスファイルが binaryに内包されました。
  • unzipパッケージが必要になりました。


Smart Update Tool v1.6.5.1

  • 本バージョンより SPP(2016.10.0)に同梱が開始されました。


Smart Update Tool v1.0.1.0

  • デフォルトのインストールをオンデマンドに変更しました。


Smart Update Tool v1.0.0.0

管理ツール全般

cmanicdプロセスの異常によりNICステータスが取得できなくなる問題について

IMAでのログ出力を停止させる方法について

SNMPエージェントのセキュリティアップデートについて

管理ツールの製品名称・コンポーネント内容の変更について

SmartArray/RAID管理ツール

SSA - Smart Storage Administrator (旧版)

Smart Storage Administrator(ssa) v3.40 - ダウンロード SDR

  • オンラインファームウェアアクティベーションレポートのサポート機能追加

SSA-CLI - Smart Storage Administrator - Command Line Interface (旧版)

Smart Storage Administrator CLI(ssacli) v3.40 - ダウンロード SDR

  • オンラインファームウェアアクティベーションレポートのサポート機能追加
  • createの drivetype=に [nvme_hdd|nvme_hdd_4k|ss_nvme|ss_nvme_4k]が追加

SSA-CLI - Smart Storage Administrator - Offline(ssaoffline) (旧版)

Smart Storage Administrator Offline(ssaoffline) v3.40 - ダウンロード SDR

  • オンラインファームウェアアクティベーションレポートのサポート機能追加

offline SSA - Smart Storage Administrator - Command Line Interface (旧版)

offline SSA v3.40用、対応環境とインストール方法

SSADU-CLI - Smart Storage Administrator Diagnostic Utility CLI (旧版)

Smart Storage Diagnostics CLI(ssaducli) v3.40 - ダウンロード

  • オンラインファームウェアアクティベーションレポートのサポート機能追加

Lights-Out管理ツール

Lights-Out XML PERLスクリプティングサンプル (旧版)

Lights-Out XML PERLスクリプティングサンプル v5.00.0

  • LOCFG.plに iLO5サポートが導入されました
  • 下記ファイルが廃止されました
    Get_2Factor.xml, Get_Cert_Subject_Info.xml, Get_Diagport.xml
    Get_Enc_Bay_IP_Settings.xml, Get_Host_Power_Reg_Info.xml, Get_Topology.xml
    Import_2Factor_Certs.xml, Mod_2Factor.xml, Mod_Blade_Rack.xml
    Mod_ConsoleCapture_Port_Settings.xml, Mod_DiagPort_Settings.xml
    Mod_Enc_Bay_IP_Settings.xml, Mod_VSP_Flow_Control.xml, Set_CSR_Custom.xml
    Set_CSR_Default.xml, Set_Fqdn.xml


Lights-Out XML PERLスクリプティングサンプル v4.91.0

  • Get_LDAP_CA_Cert_Status.xmlと Import_LDAP_CA_Cert.xmlが追加されました

ILOREST/HPREST - RESTful interface tool (旧版)

ilorest v3.0.0 - RHEL/SLES用Debian/Ubuntu用

  • login時に SSL証明書オプションを追加
  • iloaccountコマンドでユーザ証明書の追加削除を追加
  • 対話モードでプロパティやスキームの表示に TAB補完機能を追加
  • iloaccountsコマンドの書式に合わせ ilofederationコマンドを更新
  • servercloneコマンドが正式サポートになりました
  • 現時点で Debian/Ubuntu用は提供されていません


ilorest v2.5.0 - RHEL/SLES用Debian/Ubuntu用

  • Persistent Mmemoryコマンドの追加
  • SmartArrayコマンドに Slotでの選択オプション追加


ilorest v2.4.1 - RHEL/SLES用Debian/Ubuntu用

  • serverclone, backuprestore, onebuttonerase, directoryコマンド新規追加
  • saveコマンドでの --multisave追加
  • commit後にログアウトされない様に変更


ilorest v2.3.4 - RHEL/SLES用Debian/Ubuntu用

  • ローカルへの AHSログをダウンロードする際の問題を修正しました。


ilorest v2.3.3 - RHEL/SLES用Debian/Ubuntu用

  • maintenancewindowの -e EXPIREオプションが削除されました。但し、--expire=EXPIREオプションは利用可能です。
  • flashfwpkgコマンドの問題を修正しました。
  • ユーザがインストールセットを作成する際にガイドを行う様にしました(実装は v2.3.1より)。
  • メインテナンスウィンドウコマンドを追加しました(実装は v2.3.1より)。
  • インストールセットを invokeするためのオプションを追加しました(実装は v2.0より)。


ilorest v2.3.1 - RHEL/SLES用、Debian/Ubuntu用*

  • makeinstallsetコマンド(iLO Repository)が追加されました。
  • maintenancewindowコマンド(iLO Repository)が追加されました。
  • installsetコマンドに新オプション(--startafter=SAFTER, --tpmover, --updaterecoveryset, --cleartaskqueue)が追加されました。
  • flashfwpkgコマンド(iLO Repository)が追加されました。


ilorest v2.2.2 - RHEL/SLES用Debian/Ubuntu用

  • --biospasswordフラグ利用が利用できなかった問題を修正


ilorest v2.2 - RHEL/SLES用、Debian/Ubuntu用*

  • iLO5 High Securityと FIPSモード対応、ipprofilesコマンド追加


ilorest v2.1 - RHEL/SLES用Debian/Ubuntu用

  • NVDIMM用コマンドを追加しました、Debian 9に対応しました


ilorest v2.0 - RHEL/SLES用、Debian/Ubuntu用*

  • パッケージ名が hprestから ilorestに変更されました
  • 設定ファイルが hprest.confから redfish.confに変更されました
  • --redfishオプションは、iLO5ではデフォルトとなります


ilorest v1.5.1

  • iLOの Enforce AES/3DES Encryptionに対応しました

iLO4用 - AHS(Active Health System)ログ download CLI for Linux (旧版)

hp-AHSdownload v2.1.0

hp-AHSdownload v2.0.1

hp-AHSdownload v1.1.0

  • x86_64環境にのみ対応しています

System Recovery Set Update

Gen10 System Recovery Set Update v1.00
Smart Update Manager(SUM), RESTful API無しでアップデート可能です
ISO, USB, online/offline, local/remote対応です

  • CVE-2017-5706、CVE-2017-5709に対応しています
  • BIOS v1.26、IE v0.1.4.4、SPS v4.0.04.288、iLO v1.15

hpiloドライバ

 IMAと hp-amsを同時稼動させる場合に iLO4との通信チャネルが不足する問題は hpilo.ko v1.3で解決しています。Red Hat Enterprise Linux 6、SUSE Linux Enterprise Server 11の標準ドライバである hpilo.koが v1.3未満の場合には、別途最新ドライバをご利用ください。詳細についてはドライバ & ダウンロードから。

technical documents

iLO2での様々なマウスカーソル同期方法について

レスキューモード時の iLO2 Virtual Media利用方法について

iLO2での VSP設定方法(ハードウェアセットアップへ)

iLOを利用した VCD, VFD, telnet, Vserialの利用について

診断、メモリ構成ツール

NVDIMM管理ツール

Persistent Memory Manager v1.0(hpepmm_setup.bin)
NVDIMMのステータス確認が可能なツールです
Persistent Memory Manager User Guideはこちら
RHEL7, SLES12用

PSP/SPP - デプロイツール

STK - Scripting Tool Kit

Debian/Ubuntu向け DEB版の v10.20未満はこちらから。

STK(Scripting Tool Kit) v11.20 - RPM/DEB版,, tar.gz版

  • 新型サーバに対応しました
  • conrep_gen10.xmlは RPM版にのみ同梱されています


STK(Scripting Tool Kit) v11.10 - RPM/DEB版tar.gz版

  • 新型サーバに対応しました
  • conrep_gen10.xmlは RPM版にのみ同梱されています


STK(Scripting Tool Kit) v11.05 - RPM/DEB版tar.gz版

  • 新型サーバに対応しました
  • conrep_gen10.xmlは RPM版にのみ同梱されています


STK(Scripting Tool Kit) v11.00 - RPM/DEB版tar.gz版

  • ProLiant Gen10に対応しました(conrep/ilorest対応、conrep_gen10.xml提供(RPM版のみ))


STK v10.50/10.51 - RPM/DEB版tar.gz版

  • ProLiant Gen9の新機種のサポートを追加

ストレージ冗長化ツール

Device Mapper Multipath関連 (旧版)

HP Device Mapper Multipath Enablement Kitについての技術情報

その他

hp-vt - Virus Throttle/hp-pel - ProLiant Essentials Licensing (旧版)

hp-vt-1.1.1-3/hp-pel-1.0.2-1対応環境とインストール方法

hp-vt-1.1.1-3/hp-pel-1.0.1-3対応環境とインストール方法

hp-vt-1.1.1-1/hp-pel-1.0.1-1対応環境とインストール方法

hp-vt-1.1.0-11/hp-pel-1.0.0-9対応環境とインストール方法

hp-vt-1.1.0-2/hp-pel-1.0.0-7対応環境とインストール方法

hp-vt-1.0.0-9/hp-pel-1.0.0-6対応環境とインストール方法

履歴:以前の記述を取り消しまたは修正いたしました。

Open Source & Linux

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。