Linux技術情報 技術文書

Linux用管理ツールについての技術情報

 本ページでは HPEの管理ツールに関する技術情報について記述いたします。詳しくは製品情報についてをご覧ください。

製品情報について
旧版はこちら

Linux インストール方法

ProLiant Gen10向け Linux インストール方法

 できるだけ HPEに特化しない最も一般的且つシンプルな汎用的インストール方法です


ProLiant Gen10 Plus/v2向け Linux インストール方法

 できるだけ HPEに特化しない最も一般的且つシンプルな汎用的インストール方法です。


Service Pack for ProLiant - Custom ISO作成方法(Online)

 SPPを ProLiantに適用するための前手段として、ISOのファイルサイズを縮小する方法です。

インストールメディア

kISO for SUSE Linux Enterprise Server 12 SP4 - ダウンロード

SP5では本 kISOは不要です
- DL325, DL385 Gen10 Plus向け
 

kISO for SUSE Linux Enterprise Server 15 SP1 - ダウンロード

SP2以降では本 kISOは不要です
- DL325, DL385 Gen10 Plus向け

旧製品向けの kISOはこちらから

ハードウェアセットアップについての技術情報

 Intelligent Provisioning(IP)関連
 

ProLiant Gen10/Plus/v2用

Intelligent Provisioning(IP) v3.76 Recovery Media - ダウンロードSDR

  • オフラインの内 OSインストール機能とオンラインで利用するメンテナンス機能に対応する OSは下記となります。
    • Red Hat Enterprise Linux 7, 8、SUSE Linux Enterprise Server 12, 15
    • Linux関連での修正等はありません。

ProLiant Gen9用

Intelligent Provisioning(IP) v2.86 Recovery Media - ダウンロードSDR

  • ISO版でのオフラインアップデート自体とオフラインで利用する機能については OSを問いません
  • オフラインの内 OSインストール機能とオンラインで利用するメンテナンス機能に対応する OSは下記となります。
    • Red Hat Enterprise Linux - 6, 7, 8
    • SUSE Linux Enterprise Server - 11, 12
  • CVE-2021-33909に対応

UEFI DBX(Secure Boot Forbidden Signature Database)

 BootHoleに対応した 前述の IP(intelligent provisioning)の Recovery ISOからシステムを更新した場合には UEFI DBXは自動で更新されています。IPを RPM形式で更新した場合には下記のコンポーネントで別途 UEFI DBXの更新を行う必要があります。

 HpeDbxAppend.zip - v2.0
 UEFI Shellから UEFI DBXの更新を行います

 hexane-1.0.7-1.x86_64.rpm
 Linux上からオンラインで UEFI DBXの更新を行います


管理ツールパッケージ

過去一覧リストはこちらから

MCP - Management Component Pack (Red Hat、SUSE以外)

 

 Ubuntu, Debian, CentOS, AlmaLinux, Rocky Linux, Oracle Linux向けには Service Pack for ProLiant(SPP)の代わりとなる管理・監視ツール一式として MCP(Management Component Pack)が提供されています。


SUM - Smart Update Manager - (Red Hat, SUSE用)



Smart Update Manager(SUM) v8.9.5 - ダウンロードSDRzip版
 SPPに組み込まれているもののフル機能版です
 ProLiant Gen9, Gen10用
  Red Hat Enterprise Linux - 7, 8
  SUSE Linux Enterprise Server - 12, 15

  • Linux関連での修正等はありません。
過去一覧リストはこちらから

iSUT/HPSUT - Integrated/Smart Update Tool (Red Hat, SUSE用)
 

Integrated Smart Update Tool(SUT) v2.9.3

  • Red Hat Enterprise Linux - 7, 8, 9
  • SUSE Linux Enterprise Server - 12, 15
  • 起動時の Segfaultを修正(v2.9.1時)
  • OneViewからのデプロイ時 InstalledPendingReportステートで停止する問題を修正(v2.9.1時)
  • iLO Amplifier環境でのデプロイが失敗したのに Successfulステートとなる問題を修正(v2.9.1時)
  • サービスモード時に iLOで複数のホストに RESTの login/logoutイベント問題を修正(v2.9.1時)

診断、メモリ構成ツール

Persistent Memory Management Utility(hpepmm) v1.0.2-1

 Persistent Memoryの設定と確認が可能なツールです
 NVDIMM-N, Intel Optane 100用
 RHEL7, SLES12, SLES15用

障害監視エージェント

 AMS - Agentless Management Service

 IMA - Insight Management Agent, SMH - System Management Homepage
 

Agentless Management Service(amsd) v2.6.0 - ダウンロード(RHEL7, RHEL8, SLES12, SLES15)、SDR(spp配下)
 iLOと OSが連携するための管理ツールです
 ProLiant Gen10, Gen10 Plus/v2用

  • amsd起動時に NICのリンクステータスが取得出来なかった場合 `不明`としてマークする様にしました
  • 論理ドライブの使用率の差異が OSと AHSが小さくなる様にしました
  • NICポートのステータスが `不明` から `OK`に遷移しても IMLでレポートされず SNMPトラップも発報されない問題を修正
  • 組込みデバイス向け PCI Max Linkが原因で cpqSePciSlotWidthは SMBIOS 9を優先利用に修正


Agentless Management Service(amsd) v1.4.3 - ダウンロード(RHEL6SLES11)、SDR(spp配下)

 iLOと OSが連携するための管理ツールです
 ProLiant Gen10用
 RHEL6, SLES11向け

  • SmartArray p824i関連のトラップを送信しない問題を修正(a00095313)。
  • iLO5リセット後の amsdと sub-agent間の同期を改善
  • smadと smad_revが無限ループに陥り CPU利用率を 100%にする問題を修正
  • Linuxのパラメータとして IPv6を停止した際の amsd sub-agentのメモリリークを修正


Agentless Management Service(hp-ams) v2.10.5 - ダウンロード(RHEL6RHEL7RHEL8, SLES11, SLES12SLES15)、SDR(spp配下)

 iLOと OSが連携するための管理ツールです Gen9用
 ProLiant Gen9用

  • NICポートのステータスが `不明` から `OK`に遷移しても IMLでレポートされず SNMPトラップも発報されない問題を修正


IMA(hp-health群) v10.90/v10.91/v10.92/v10.93/v10.94

 ProLiant Gen9用

hp-health(RHEL6RHEL7,  RHEL8, SLES11, SLES12, SLES15)
hp-snmp-agent(RHEL6RHEL7, RHEL8, SLES11, SLES12, SLES15)
hp-smh v7.6.7-1(共通)
hp-smh-templates v10.8.1(共通)
SDR(spp配下)

  • 上記の内 SLES11向けは SPP 2019.03.1から入手してください
  • 上記の内 SLES12, SLES15向けは最新の SPPから入手してください
  • 詳細はダウンロード先の Revision Historyをご覧ください。

運用管理ツール

Insight Management MIB update kit v11.75
 次の MIBが変更されました - cpqhlth.mib
 SIM(Systems Insight Manager)用の MIBフルキットのアップデート版です
 

 OneView, SIM(Systems Insight Manager)をはじめとした、統合管理ソフトウェアに関するユーザガイドをはじめとした、ドキュメントはProLiantマニュアルページにも用意しておりますのでご覧ください。

RAID管理ツール

 SSA/SSA-CLI - Smart Storage Administrator - Command Line Interface
 

Smart Storage Administrator(ssa) v4.21-7.0 - ダウンロードSDR(spp配下)

  • ADUレポートが 4GiBを超える場合に SlotXの情報を採取しない問題に対応
  • SmartArray S100i SR Gen10 Plusに対応


Smart Storage Administrator CLI(ssacli) v4.21-7.0 - ダウンロードSDR(spp配下)

  • ADUレポートが 4GiBを超える場合に SlotXの情報を採取しない問題に対応
  • SmartArray S100i SR Gen10 Plusに対応
  • showに outofbandオプション追加
  • modifyに discoverprotocolオプション追加
  • 省略語に csp(clockspeed), cst(clockstretching), dp(discoverprotocol), oob(outofband), vdmdn(vdmdisocerynotify)を追加


Smart Storage Administrator Offline(ssaoffline) v4.15-6.0 - ダウンロードSDR(spp配下)

  • 256TBを超えるボリュームで SmartCacheを有効にするサポートを追加

SSADU-CLI - Smart Storage Administrator Diagnostic Utility CLI
 

Smart Storage Diagnostics CLI(ssaducli) v4.21-7.0 - ダウンロード

  • ADUレポートが 4GiBを超える場合に SlotXの情報を採取しない問題に対応
  • SmartArray S100i SR Gen10 Plusに対応

 MR Storage Administrator for SmartArray MR Gen10

 

MRStorageAdministrator v7.016.16.0(B) - ダウンロードSDR(spp配下)

  • 新型サーバのサポートを追加
     

storcli v007.1616.0000.0000-1 - ダウンロードSDR(spp配下)

  • 新型サーバのサポートを追加

Lights-Out管理ツール

 HPONCFG - Lights-Out Online Configuration Utility
 

Lights-Out Online Configuration Utility v5.7.0 - ダウンロード

  • RHEL9に対応しました

 linux-LOsamplescripts - Lights-Out XML PERLスクリプティングサンプル
 

Lights-Out XML PERLスクリプティングサンプル v5.40

  • パッケージ名称が hpeoncfgから hponcfgにリブランディングされました

ILOREST/HPREST - RESTful interface tool

ilorest v3.2.2/v3.5.1 - RHEL/SLES用Debian/Ubuntu用

  • v3.5.1にて computeopsmanagerコマンドを computeopsmanagementに変更
  • v3.5.1にて ipprofileコマンドで HVTプロファイルを IPに送り込んだ際の問題を修正
  • v3.5.1にて ipprofileを削除した際の InvalidFileInputErrorを修正
  • v3.5.1にて login時に usernameだけ引き渡した際にプロンプトが表示されない問題を修正
  • v3.5.1にて ethernetコマンドで全てのデータが表示されない問題を修正
  • v3.5.1にて serverinfo --systemコマンドで NICポートが iLOファームウェア v2.70で表示されない問題を修正
  • v3.5.1にて -t, --sleeptime(デフォルト 4min)を追加
  • chagelogはこちら
     

iLO RESTful API Explorer
 script/API経由で iLOを通じてのサーバ管理する際の学習とデモ利用が可能です 


iLO/iLO2/iLO3/iLO4/iLO5 Firmware and Laungage Pack For Japanese

iLO5用ファームウェア v2.70  (別 url)

 Compute Ops Managementのタイプ Dコンポーネントファームウェアに対応
 OneView管理下ノードから Compute Ops Managementへの移行サポート
 SecureBoot用キーをロード中に POST段階でシステムが停止する問題に対応
 MCTP検出が無効でも EIDテーブルが AHSに保持される様に変更
 ユニバーサルメディアベイの DisplayPortが特定の場合に機能しない問題に対応
 331i, 562FLRのステータスが不明から OKに稀に遷移しない問題に対応、等
  

iLO5用 Language Pack - Japanese v2.65

 本ソフトウェアの追加で iLO5の WEB I/Fに日本語が追加されます。


iLO4用ファームウェア v2.80 (別 url)

 CVE-2017-12542対応のため本バージョンより v2.54未満へのダウングレードは行えません。
 非サポートな HTTPメソッドに対して 501 Not implementedヘッダーのみを返します。


iLO4用 Language Pack - Japanese v2.70

 本ソフトウェアの追加で WEB I/Fに日本語が追加されます。


iLO3用ファームウェア v1.94 (別 url)

 CVE-2020-27337脆弱性対応


iLO3用 Language Pack - Japanese v1.80 (別 url)
 本ソフトウェアの追加で WEB I/Fに日本語が追加されます。


iLO2用ファームウェア v2.33(J)

 本ソフトウェア自体が日本語対応ファームウェアとなります。

デプロイツール

 STK - Scripting Tool Kit

STK(Scripting Tool Kit) v11.60 - RPM/DEV版tar.gz版

  • マイナー欠陥修正対応

SDR - Software Delivery Repository

その他

 現在、このセクションに該当するソフトウェアはありません。hp-vtと NCTの情報をお探しの方は旧版文書をご覧ください。

旧版文書はこちら

よく聞かれる質問

 FAQ・・・よく聞かれる質問にも管理ツールに関するものを用意しています。

詳細はこちら

Fibre Channelについての技術情報

 Fibre Channel関連ツール等

詳細はこちら

高可用型システム

 クラスター等

詳細はこちら

Linux関連 Whitepaper

 米国 HPEが提供した Linuxに関係する Whitepaper等です。

詳細はこちら

edlin - Enterprise direction for Linux

 HPE製管理ツールの設定から、ディストリビューションの細かな設定まで管理者向けの Tipsを提供する、管理者向けのイージーペーパーを目的とします。

詳細はこちら

fal$server

 HPEが正式サポートしない他社製オプションの動作レポート、社外展示会のレポート・・・等の雑多なコンテンツを提供する '実験室'です。

詳細はこちら

Open Source & Linux

support
etc.
Linux トップ

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。