Linux技術情報
Smart Storage Administrator(SSA) - オンライン版

Smart Storage Administrator

 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予め技術情報、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

技術情報

本ソフトウェアの紹介

画像をタップして拡大する

 Linux上で SmartArrayコントローラの設定、論理ディスクの作成、論理ディスクRAIDレベルの変更、RAID論理ディスクのオンライン拡張等を WEB経由で行える様にするためのユーティリティです。

 管理したいサーバ上にインストールするだけで、管理者側のリモートコンソールにはソフトウェアのインストール等は一切不要です。

 本ソフトウェアによって Linux OSの再起動を行って offline SSAや Intelligent Provisioningベースのツールを起動する必要性が低減し、システムのダウンタイムを抑える事が可能です。

画像をタップして拡大する

拡大する


 SmartArrayの設定変更画面です。ビデオストリーミングサーバ構成の場合に有効なパフォーマンス設定や、スペアドライブの動作モードの変更が可能です。

画像をタップして拡大する

拡大する


 論理ドライブの確認画面です。スペアドライブの管理、LEDの点滅によるデバイスの識別が行えます。

画像をタップして拡大する

拡大する


 アレイ状況(物理ビュー)
 アレイ構成を物理ドライブ単位で確認できます。

画像をタップして拡大する

拡大する


 アレイ状況(論理ビュー)
 アレイ構成を論理ドライブ単位で確認できます。

画像をタップして拡大する

拡大する


 システム稼働中に FBWC(Flash Backup Write Cache)等の書込み・読込み比率、バックアップ装置が無い場合の強制有効の設定が行えます。

画像をタップして拡大する

拡大する


 SmartArrayコントローラ、キャッシュ、ディスク等の診断が可能です。

画像をタップして拡大する

拡大する


 SSDの消耗状況を WearGaugeで確認できます。

画像をタップして拡大する

拡大する


 SmartCache機能を利用する際に必要となるライセンスの管理を行います。

画像をタップして拡大する

拡大する


 システムの稼働中に HDDを追加し、論理ドライブを作成する事が可能です。

画像をタップして拡大する

拡大する


 論理ドライブ毎の設定として、RAIDレベルの設定、ストリップサイズの設定が可能です。

技術情報について

 

 動作可能な環境情報、技術情報、バイナリのダウンロード、インストール方法等は、こちらをご参照ください。

Open Source & Linux

support
etc.
Linux トップ

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。