Linux技術情報
Intelligent Provisioning v3製品情報(v3.60以降)

Intelligent Provisioning v3製品情報(v3.60以降)

 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予め技術情報、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

技術情報

本ソフトウェアの紹介と入手方法

画像をタップして拡大する

初期メニュー

 Intelligent Provisioning(IP)は、ProLiant Gen10, Gen10 Plusサーバに標準搭載された単体サーバ向けのハードウェア設定、RAID設定、OSのインストール作業を統合して行う内蔵ソフトウェアです。ハードウェアのファームウェアをネットワーク経由で予め最新にアップデートする機能や RAIDレベルのマイグレーション等、OSの導入前のみならず、OS導入後のサーバ管理にも活躍します。

 IPの起動形態は 2通り用意されています。Gen10/Plusサーバの電源投入直後に [F10]で起動するオフライン形態と WEBブラウザ経由でいつでも起動可能な Always Onでのオンライン形態です。オフライン形態は OSの導入前の設定と OS導入後のオフライン時に利用します。Always On形態は OSの稼働中に利用します。これらの作業を行うのに DVDや専用ツールを探す必要はありませんし、サーバの前で作業する必要もありません。

画像をタップして拡大する

Offline起動メニュー

画像をタップして拡大する

Always On起動メニュー

設定画面

 メンテナンスメニューでは、ファームウェアアップデート、AHS Health Systemログの採取、BIOS設定、iLO構成、システムの消去、RAIDの設定、ハードウェア検証等が可能です。

画像をタップして拡大する

メンテナンスメニュー

Rapid Setup

画像をタップして拡大する

Rapid Setupメニュー

 IPをオフラインで起動した場合には、OSのインストール支援を行う Rapid Setupの利用が可能です。

 Intelligent Provisioning(IP) v3.52までの OSインストール機能 `Express OS Install` は、`Rapid Setup` の自動インストールに統合されました。

技術情報について

 

 動作可能な環境情報、技術情報、バイナリのダウンロード、インストール方法等は、こちらをご参照ください。

Open Source & Linux

product
support
etc.
Linux トップ

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。