Linux技術情報
Intelligent Provisioning v3.x製品情報

Intelligent Provisioning v3.x製品情報

 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予め技術情報、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

+ もっと見る

本ソフトウェアの紹介と入手方法

 本ソフトウェア(IP)は、Gen10サーバに標準搭載された単体サーバ向けのサーバのハードウェア設定、RAID設定、OSのインストール作業を統合して行う内蔵ソフトウェアです。ハードウェアのファームウェアをネットワーク経由で予め最新にアップデートする機能等、RAIDレベルのマイグレーション等、OSの導入前のみならず、OS導入後のサーバ管理にも活躍します。

 IPの起動形態は 2通り用意されています。Gen10サーバの電源投入直後に [F10]で起動するオフライン形態と WEBブラウザ経由でいつでも起動可能な Always Onでのオンライン形態です。オフライン形態は主に OSの導入前の設定に利用します。Always On形態は主に OSの導入後のサーバメンテナンス時に利用します。これらの作業を行うのに DVDや専用ツールを探す必要はありませんし、サーバの前で作業する必要もありません。

イメージ

イメージ

提供形態について
 

 IPは Gen10サーバに内蔵されて出荷されています。IPのアップデートを行う方法は次の 3通りの方法があります。
 

  • IP自身からファームウェアアップデートを行う
  • ISOイメージから起動してのオフラインアップデート
  • Software Delivery Repository(SDR)で提供されるRPM形式でのオンラインアップデート

IP経由での OSインストールについて

 

 ハードウェアの設定と Linuxのインストールを予め IPから詳細に行う事も可能です。

技術情報について

 

 動作可能な環境情報、技術情報、バイナリのダウンロード、インストール方法等は、こちらをご参照ください。

Open Source & Linux

Linux トップ
 

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。