Linux技術情報

HPE Power Protector(HPEPP)

HPE Power Protector(HPEPP)

 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予め技術情報、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。


本ソフトウェアの紹介と入手方法

画像をタップして拡大する

電源ソース

 HPE Power Protector(HPEPP)は、個々の HPE 製 UPS を包括的に制御することによって、 電源環境を監視、管理、および制御できるようにするソフトウェアです。使い慣れた WEBブラ ウザから、ネットワーク上の任意の場所で安全にアクセスし、電源障害設定を制御できるため、重要なサーバーの稼動時間を最大限に延長できます。

 HPEPPでは、アラートのカスタマイズ、接続されている装置の正しい手順でのシャットダウン管理、装置のシャットダウンタイミングへの優先順位付け、ロードセグメント単位でのシャットダウンと起動のタイミング制御、テキスト形式のログとグラフィックログの提供、UPSの診断が可能です。

画像をタップして拡大する

モード選択

 HPEPPの起動モードは、UPS自体を管理する Administratorモードと、シャットダウン対象となる Clientモードの 2種類があります。インストールアプリは  1ヶに統一されており、インストール後に Administratorモードと Clientモードの選択を行います。

 Administratorモードでは、サーバとは USB, LAN, シリアルのいずれかで接続を行います。

 LAN接続専用のネットワークマネージメントモジュール(HPENMC)を UPSに内蔵する場合には、別途サーバを用意してAdministratorモードとして運用する必要はありません。このため、Administratorモードに対応していない OSだけの環境でも運用が可能です。

 HPEPPを Administratorモード用サーバを用意して稼働させるか、HPENMCを利用するべきかは下記の要件に依存します。詳細は製品ユーザガイド等をご覧ください。

  • UPS接続方法(LANもしくは USB, シリアル)
  • 複数台 UPSでの冗長化構成
  • SNMPトラップ送信
  • スケジュールシャットダウンと起動
  • 遅延シャットダウン
  • UPS接続先の対象 OS

対応ディストリビューション

 Administratorモードは Red Hat Enterprise Linuxと SUSE Linux Enterprise Serverに対応し、Clientモードはこれらディストリビューションの他に Ubuntuにも対応しています。モード毎の詳細な対応バージョンについては HPEPPソフトウェア付属のドキュメントをご覧ください。

各設定画面等

画像をタップして拡大する

デバイス検出

画像をタップして拡大する

アクション

画像をタップして拡大する

パラメータ

画像をタップして拡大する

システム

画像をタップして拡大する

アカウント

画像をタップして拡大する

カレンダー

技術情報について

 

 動作可能な環境情報、技術情報、バイナリのダウンロード、インストール方法等は、こちらをご参照ください。

Open Source & Linux

product
support
サイト情報

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。