Linux技術情報 ソフトウェア

運用管理ツール、ソリューションアプリケーション、システム構築・開発のためのツール群を提供

Linux ソフトウェア

 実際にLinuxシステムをビジネス環境に持ちこむには、ハードウェア、OS、サービスだけでは成り立ちません。HPEは、運用管理ツール、ソリューションアプリケーション、そしてシステム構築・開発のためのツール群の提供を積極的に行っていきます。

 旧版となったソフトウェア製品に関してはこちらをご覧ください。

+ もっと見る

ディストリビューション

Red Hat Enterprise Linux (RHEL)

 HPEサポート権が付いた Red Hat Enterprise Linuxです。ハードウェアを含めたワンストップサポートを提供いたします。

詳細な製品情報はこちら、詳細な対象機能リストについてはこちらをご覧ください。

Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV)

 HPEサポート権が付いた仮想化ソリューションで、Managerと Hypervisorからなります。ハードウェアを含めたワンストップサポートを提供いたします。

詳細な製品情報はこちらをご覧ください。

Red Hat OpenShift

 Dockerと Kubernetesを企業向けに提供するコンテナアプリケーションプラット フォームです。様々なインフラストラクチャ上で、容易かつ短時間でアプリケーションの構築、開発、デプロイを行えます。


詳細な製品情報はこちらをご覧ください。

Red Hat Ansible Automation

 組織全体における DevOps実践のための単一言語を提供する、シンプルで エージェントレスの IT自動化テクノロジーです。管理、可用性、コストの課題を踏まえた作業効率の向上とさらなる最適化を目的としたアプリケーションの移行を可能にします。

 詳細な製品情報はこちらをご覧ください。

SUSE Linux Enterprise Server(SLES)

 HPEサポート権が付いた SUSE Linux Enterpriseです。ハードウェアを含めたワンストップサポートを提供いたします。

詳細な製品情報はこちら、詳細な対象機能リストについてはこちらをご覧ください。

SUSE Enterprise Storage

 Cephを基盤とした、スケーラビリティと災害耐性に優れたソフトウェアベースのストレージソリューションです。コモディティ化した既製のサーバやディスクドライブを使用して、コスト効率とスケーラビリティに優れたストレージを構築できます。

詳細な製品情報はこちら(外部サイト)。

SUSE Manager

 SUSE Managerは Spacewalkオープンソースプロジェクトに基づいた管理製品で、複数の Linuxディストリビューションの管理に伴う複雑さを軽減します。さまざまなハードウェアアーキテクチャ、仮想環境、クラウド環境の Linuxシステムをシームレスに管理できます。

詳細な製品情報はこちら(外部サイト)。

リモート管理用コントローラ

integrated Lights-Out 5(iLO5)

 Gen10サーバに標準装備されているリモート管理用コントローラです。セキュリティとパフォーマンスに関する最新のイノベーションを結集しています。従来のリモートコンソールをはじめとした、電源管理、agent-less管理、AHSログ収集、自動通報システム等の多彩な機能も備わっています。

詳細はこちら

 

 

integrated Lights-Out 4(iLO4)
 

 ProLiantサーバ Gen8に標準装備されているリモート管理用コントローラです。リモートコンソール機能、電源管理、agent-less管理、AHSログ収集、自動通報システム等の多彩な機能を備えた、サーバ自身が自律稼働するために必要となる管理コントローラです。

詳細はこちら

 

integrated Lights-Out 3(iLO3)
 

 内蔵リモート管理機能の第三世代製品で、ローカルのキーボード・マウス・DVD・電源スイッチ等をリモートサーバに接続してローカルで操作する事を可能にする製品です。リモートコンソールのプラグインが ActiveXから.NETに変更され、レスポンスが大幅に向上しています。また、Windows環境の Firefoxでも恩恵が受けられます。バーチャルメディアの内部接続の大幅な高速化が図られたため、手元のメディアからリモートサーバへのインストールもスムーズに行える様になっています。

詳細はこちら

運用管理ツール - サーバノード側 (管理ツールパッケージ)

Intelligent Provisioning(IP) v3.x


 Gen10サーバに標準搭載された単体サーバ向けのサーバのハードウェア設定、RAID設定、OSのインストール作業を統合して行う内蔵ソフトウェアです。OSの導入前のみならず、OS導入後のサーバ管理にも活躍します。

詳細はこちら

 

SPP & SUM v8


 サーバー運用において最も手間と時間のかかる、システムアップデートに「1クリックの簡易性」をもたらします。ファームウェア、ドライバ、管理ツール等をまとめたものが SPP(Service Pack for ProLiant)です。内包された SUM(Smart Update Manager)インストーラがオンライン・オフラインでの統合管理を行います。

詳細はこちら

Management Component Pack(MCP)


 Debian/Ubuntu向けに管理ツールを提供しています。SPPとは異なり SUMインストーラ、ファームウェア、ドライバは含みません。

詳細はこちら

運用管理ツール - サーバノード側 (障害監視エージェント)

Agentless Management Service(amsd/hp-ams)

 iLO単体で検知が行えないデバイスのステータスやシステム全体の情報を OS上から採取し iLOに転送するエージェントです。

詳細はこちら

Insight Management Agent(IMA)

 ProLiantサーバのハードウェアを監視・管理するためのエージェント群で、各種の障害発生状況の監視、通知、ハードウェア制御、ASR制御等を行います。

詳細はこちら

運用管理ツール - サーバノード側 (SmartArray/RAID, ストレージ管理ツール)

Smart Storage Administrator(ssa)

 Linux上から SmartArrayコントローラ等の設定・診断を行うツールです。分かり易い GUIで運用中の診断や構成変更が柔軟に行えます。

詳細はこちら

Smart Storage Administrator-CLI(SSA Command Line Interface: ssacli)

 SSAをコマンドラインで操作できます。ssh等のキャラクタベースでの管理下に於いても SmartArrayの設定・操作が GUI環境と同様に行えます。

詳細はこちら

 

Smart Storage Administrator Diagnostic Utility CLI(ssaducli)

 Smart Storage Administrator CLIの機能限定版です。管理者権限の無いユーザに対して SmartArrayの診断や構成情報の取得を行わせる際に有用なツールです。間違った操作によるディスク構成の破壊を防ぎます。

詳細はこちら

運用管理ツール - Lights-Out管理ツール

Lights-Out Online Configuration Utility(hponcfg)

 Linux上から Lights-Outコントローラ(iLO)の設定をスクリプト形式で設定するためのユーティリティです。

詳細はこちら

ilorest - RESTfulインターフェースツール

 RESTfulインターフェイスツールは、REST APIを分かりやすい形で利用できるコマンドライン形式の管理ソフトウェアで、REST APIに対応した HPE製品全般の管理が可能です。

詳細はこちら

運用管理ツール - サーバノード側 (診断、ファームウェア管理ツール)

Insight Diagnostics(hpdiags) - Online版

 運用中に ProLiantサーバを診断したり、ハード・ソフトウェア構成情報を定期的に取得させられるツールです。

詳細はこちら

運用管理ツール - サーバノード側 (デプロイツール)

Scripting Toolkit(stk)

 サーバのハードウェア設定、OSインストールをリモートから無人インストールさせる事が可能になります。

詳細はこちら

運用管理ツール - 管理者ノード側

Systems Insight Manager(SIM)


 ProLiantをはじめとした HPE製品を OSに問わず一つのコンソールから統合管理する事のできるツールです。

詳細はこちら
 

 SIM/Linux版特有の機能 SIMには Linux, Windows, HP/UX版があります。Linux版特有の機能、もしくは管理サーバを Linuxとした場合の特有の機能に関してはこちらをご覧ください。
 

 Insight Power Managerを SIMにアドオンする事で、消費電力、CPU利用率、CPU周波数、システム温度の詳細監視が可能になります。特に、大規模ラックシステム等での効率的な電源運用に効果を発揮します。
 

 HPEはこの他にも、SIMを中心とした HP ProLiant Essentials製品を取り揃えております。システムの導入から、配備・展開、運用までをトータルで実施する HPEが設計・開発をした運用管理・支援製品です。

詳細はこちら

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。