Linux技術情報
NS204i-p Gen10+ Bootコントローラー

NS204i-p Gen10+ Bootコントローラー

 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予め技術情報、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

技術情報

動作確認済みハードウェア

 

 本機をサポートしているサーバー

 詳細は、ProLiantサーバーのシステム構成図をご覧ください。

対応するドライバー

 

 本機が利用するドライバは inboxドライバの nvme.koモジュールを利用します。HPEからドライバは提供しません。

本機のモードについて

 

 本機は RAID専用デバイスです。2基の M.2 SSDは自動で RAID-1として構成され、論理ドライブの作成等の指定は不要の自動設定を行います。

本機からのシステム起動に関して

 

 本機は UEFIモードでのみシステムを起動する事が可能です。Legacy(BIOS)モードでの起動は行えません。

インストーラによる認識状況

 

 本機をサポートする ProLiant Gen10以降がサポートされるディストリビューションで自動認識可能

障害状況の確認について

 

 本機は、本機自身と M.2 SSDの障害情報を iLO5に通知しますので、Linuxの導入を行うだけで障害状況を iLO5が内包する mail機能、snmptrap機能、syslogd機能を使ってネットワーク越しに通知する事が可能です。

smartctlでのステータス確認方法

 

 本機は、smartmontoolsに於いて論理ドライブとなる RAID-1に関する情報の取得が可能です。M.2 SSDの個別情報の取得は行えません。これは smartctlが NS204i-pの先にある物理デバイスに対応したプロトコルを実装していないためです。

#smartctl -a /dev/nvme0 (RAID論理ドライブ)

本機の機能と特徴

NS204i-p Gen10+ Bootコントローラー
物理形状
 スタンドアップカード形式
PCI-Express
 Gen3対応、x4レーン
SSDプロトコル
 NVMe
RAIDレベル
 RAID-1
物理ドライブ  2(最大/標準)
論理ドライブ  1

 

  

製品に関する詳細はこちらをご覧ください。

Open Source & Linux

product
support
etc.
Linux トップ

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。