HPE Apollo 6000 System

空冷方式を採用したラック規模のハイパフォーマンスコンピューティング環境を、高密度、優れた電力効率、および低い総所有コストで実現します。

インフラストラクチャおよび投資を最大限に活用

スケーラブルかつフレキシブルなHPE Apollo 6000 Systemで、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) 環境を実現しましょう。 HPE Apollo 6000は、限られたスペースや予算の範囲内で実装可能な、最適なパフォーマンスが得られる空冷式のソリューションです。 このラックレベルのソリューションは管理も容易で、ワークロードに合わせた調整が可能なため、総所有コストを低く抑えられます。

ラック規模の適正なコンピューティング

HPE Apollo 6000は、小型のフォームファクターに多くのコアを搭載することで、従来のブレードサーバーよりも60%少ない設置スペースで、20%高いパフォーマンスを実現可能です。 HPCに必要な効率性、密度、およびスループットが得られる一方で、消費電力は従来の46%に抑えられています。

高いパフォーマンスと低い消費電力

 

  • 最大6台のシャーシに120台のサーバーを搭載可能
  • HPE Advanced Power Managerにより、リアルタイムの電力測定機能が提供され、ラックレベルの動的な消費電力上限設定による節電も可能

単位面積あたりのパフォーマンスを向上

 

  • インテルXeonプロセッサーE5-2600 v3/v4 ファミリーを搭載し、シャーシまたはラック単位の拡張を容易にする、単一のモジュール式インフラストラクチャを提供
  • 1台の48Uラックに最大160台のサーバーを搭載可能、設置スペースは競合するブレードサーバーの60%

ラックレベルで柔軟性を向上

 

  • HPEパワーシェルフを使用することで、ラック規模の効率性を向上
  • ラック内にコンピューティング機能とストレージが存在するため、ワークロードに合わせたインフラストラクチャの調整が容易
  • FlexibleLOMネットワーキングオプションがサポートされているため、より多くのコストを削減しつつ、ワークロードニーズに適応可能

ハイパフォーマンス構成を省スペースで実現

HPE Apollo 6000は構成の柔軟性に優れており、既存のシステムとの統合も容易です。またワークロードニーズに合わせた調整が可能なため、従来よりもはるかに多くのワークロードを実行できます。

HPE Apollo 6500 System

HPE Apollo 6500 System

 

膨大なデータストリームを迅速に変換し、非常に負荷の高い分析/予測処理を高速化します。このシステムは、2Uサーバーあたり最大15テラFLOPSの単精度演算性能を提供し、最大8つのGPU/コプロセッサーにより、データセンターワークロードのパフォーマンスを改善します。

HPE Apollo 6000シャーシ

 

単一シャーシに最大10台のホットスワップ対応サーバートレイを搭載できます。各トレイにはワークロードのニーズに合わせて、HPE ProLiant XL230a Gen9サーバーまたはHPE ProLiant XL250a Gen9サーバーを装備でき、両者を混在させることも可能です。

HPE ProLiant XL250a Gen9サーバー

 

予算の範囲内でライフサイエンス関連のワークロードを加速できます。このサーバーは、トレイあたり1台の2Pサーバーを実装し、サーバーあたり最大2つのアクセラレータにより、CPU単体よりも高いパフォーマンスを実現します。 コンピュート、ストレージ、アクセラレータトレイを、柔軟性に優れたシャーシで同一のモジュラーとして活用可能です。

HPE ProLiant XL230a Gen9サーバー

 

地震データ処理や仮想化ホスティングなどのHPCワークロードを効率化します。各トレイには、インテルXeon E5-2600 v3/v4プロセッサーを搭載する2Pサーバー1台が実装され、従来の製品に比べてプロセッサー性能が最大70%、処理効率が最大36%改善されています。

HPE Apolloの成功事例

ベルギーの大学が研究を加速

ゲント大学は、バイオインフォマティクス、気象予測、流体力学、ナノテクノロジー、物理学、計算化学、言語学などの研究に、HPE Apollo 6000サーバーが提供するHPC環境を活用しています。

研究者による画期的成果を支援

数十年前に米国の大学として初めてスーパーコンピューターを導入したミネソタ大学は、今では多様な分野で最先端の研究を推進するために、HPE Apolloサーバーを活用しています。

高い評価を獲得

Moor Insights & Strategy社は、HPCに適したHPE Apollo 6000の効率性、密度、およびスループットに加えて、多様なワークロード要件に対応可能な点を高く評価しています。

HPE Apolloの強みを支えるテクノロジー

HPEが提供するこの卓越したソリューションは、インテルプロセッサーおよび専用設計されたプラットフォームを基盤とし、革新的なソフトウェア、管理ツール、ファブリックで構成されています。

HPC-Specificソフトウェアソリューション

HPEは、業界をリードするパートナー企業と協力して、アプリケーションのパフォーマンスを最大化し、リソースを最適化し、業務の生産性を向上させるソフトウェアを提供しています。その1つ目は、HPE Core HPC Software Stackです。HPCアプリケーションを生成し、最適化し、実行するための完全なソフトウェアセットです。2つ目は、HPE Insight Cluster Management Utility (CMU) です。これは、あらゆる規模のクラスターをプロビジョニングし、管理し、監視するための、統合された使いやすい専用ソリューションです。

一連の包括的な管理コンポーネント

HPEのラックレベルおよびシステムレベルの管理ソリューションは、パフォーマンスに影響を及ぼすことなく効率性を改善し、インフラストラクチャと投資 の価値を最大限に引き出すことを可能にします。   提供される管理機能は、広範なモニター、クラスター管理、ライフサイクル管理、電源制御と測定、電力のプール化、システム管理など多岐にわたります。

ハイパフォーマンスファブリックインターコネクト

すべてのHPE Apolloシステムは、最新の高帯域、低レイテンシのインターコネクトテクノロジーをサポートしています。 サポート対象のテクノロジーには、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) クラスターやデータセンターアプリケーションに対応したパフォーマンスと拡張性を提供するInfiniBandも含まれます。さらにHPE Apolloは、HPCワークロードに適したパフォーマンスと数万台のサーバーに対応可能な拡張性を備えた、インテル OPA製品もサポートしています。

サーバー向けアダプター

サーバースイッチ

お問い合わせ

パートナー、システムインテグレーター、およびISVの大規模なエコシステムを活用し、お客様固有のニーズに合わせた適切なHPE Apolloシステムを提供します。