*BSD技術情報
OpenBSD R6.4インストールフロー

OpenBSD R6.4インストールフロー

 本ページの内容は限られた評価環境における動作結果、動作させるための情報を報告しているだけであり *BSDの全ての動作を保証するものではありません。また、動作確認に関する情報等はあくまでも `動作確認`であり、動作の保証をするものではありません。特に記載の無い機能動作確認を行っていません。更に詳細な情報については、保証についてをお読みください。

保証について

想定システム

 

 本インストールフローは下記のインストール条件を想定しています。システム構成、インストールオプションが異なる場合には、添付のドキュメント等を参照して、インストール中に適時必要な設定を行ってください。

ProLiant DL360 Gen9

 Xeon E5-2603 v3 1.60GHz - 2P/6C/HT無し

 Memory - 64GB

 BIOS - P89 v2.64(10/17/2018)

 SmartArray P440ar/2GB - v6.60

 331i - v20.12.41

 iLO4 - v2.61

 内蔵オプティカル - DVD RAM UJ8E2 SE03

 動作確認は上記の構成で確認しています。異なる CPU世代での動作確認は行っておりません。

本書が対応するハードウェア等の環境について

 

  • ProLiantの動作モードは Legacy(BIOS)モードを利用しています。
  • x86_64(amd64) kernelでのみ確認しています。x86(i386) kernelで動作する可能性は高いと思われますが未確認です
  • 本書が利用するメディアは installNN.isoイメージです。

本 Releaseでの制限事項

 

  • R5.6より X.org/twmが利用できなくなりました
  • SmartArray P440arで利用可能なのはデフォルトの RAIDモードのみで、HBAモードは OpenBSDでは利用できません
  • インストール時のパッケージ選択画面で `Directory does not contain SHA256.sig. Continue without verification?`が表示さ れる場合がありま す。この場合には `y`を入力してください。詳細はWhy aren't the downloadable images self-signed?を参照してください。

ハードウェアのセットアップ

 

  • ProLiantの本体とオプションデバイスのファーウェアは Service Pack for ProLiant(SPP) 2020.03.0の ISOイメージからシステムを起動し、一括してファームウェアの更新を自動で行う Automaticモード(iLO4/5ファームウェアの更新は Interactiveモードでの更新はサポートされません)で更新しています。SPPの詳細については専用ページをご覧ください。
  • 本機の電源制御は Custom/OS Controlで確認を行いました。それぞれの設定は RBSU(Power Management Options ⇒ Power Profile/Power Regulator)で行ってください。
  • DVD-ROMメディアのイジェクトは内蔵 DVD、iLO4の仮想 DVD/ISOドライブの両方共に自動ではイジェクトされません。インストール終了後には手動でイジェクトしてください。

デバイスインストールフロー

 

  • インストーラの起動方法について
     内蔵 DVDと iLO4の仮想 DVD/ISOドライブからインストール可能です。但し、仮想 DVD/ISOドライブがインストール途中で再接続された場合、デバイスを cd0ではなく cd1等に変更する必要があります。ISOのソースデバイスとして cd0しかリストされない場合でも cd1を入力してアクセスしてください。詳細は備考をご覧ください。
  • ディスクコントローラの設定
     インストーラは SmartArray P440ar配下の論理ドライブ、AHCI配下のディスクを /dev/sdXとして認識します。
  • Ethernetコントローラの設定
     インストーラは Broadcom系 1Gb NICを bge0~として認識します。

インストール後の確認と設定

 

  • ネットワークの動作確認
     #ifconfigでインターフェースを確認し、#ping等での疎通を確認してください。
  • Xの動作確認
     R5.6より X.org/twmが利用できなくなりました
  • メモリの設定
     メモリの設定は特に必要ありません。メモリの認識状況の確認は #dmesg|grep memで行ってください。
  • SMPの設定
     CPUの設定は特に必要ありません。CPU数の認識状況の確認は #dmesg|grep processorで行ってください。
  • ACPIについて
     設定作業は必要ありません。#halt -p による電源断が可能です。
  • 起動直後に採取した #dmesgはDL360 Gen9となります。
  • インストール後の初回起動時のみ intel(4)ドライバとなる Intel microcode update binariesである intel-firmware-20180312v0と、vmm(4)ドライバ用 SeaBIOSイメージである vmm-firmwareのインストールを試みますが、外部ネットワークとの接続に proxyが必要なネットワーク環境の場合には、proxyが未設定のため 5分強程度起動が停止します。システムの起動後に必要に応じて proxyを設定しアップデートしてください。詳細はこちらをご覧ください。また、詳細なエラー内容は root宛の mailboxをご覧ください。

#export http_proxy=http://hoge.com:8080
#fw_update -n
intel-firmware-20180807p0v0: ok
vmm-firmware-1.11.0p0: ok

Lights-Outの利用について

 

  • インストール後に、iLO4の仮想コンソール機能をテキストモードで利用した場合、キーボードリピートも問題なく動作しました。
  • インストール後の、仮想コンソール利用時に仮想キーボード・マウス・CDが一時的に切断される現象は見受けられませんでした。
  • iLO4に ssh接続しての TEXTCONSはキーボードリピートも問題なく動作しました。
  • iLO4の仮想フォルダ機能は未確認です。

備考

 

  • ProLiant Gen10用の SmartArray P408i-a SRコントローラは認識されなかったため、DL360 Gen10での動作確認は行わなかった。AHCI構成であればインストールは可能だと思われるが未確認である。
  • HyperThreading機能が本 Releaseの kernelでは無効にされていると思われるが、本テストで用意した DL360 Gen9に搭載されている CPUには HyperThreadingが搭載されていない機能であるため確認していない。

*BSD

product
support
did you know?
*BSD トップ

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。