*BSD技術情報 技術文書

当サイトでの RELEASE毎の情報提供状況一覧

FreeBSD R9.3

OpenBSD R5.4

  • DL320e Gen8 v2での動作が確認できました。

  • DL360p Gen8での動作が確認できました。

  • bcm5719での割込みロスト問題が修正されています。

FreeBSD R8.4

  • SmartArray P420iでの動作が確認できました。

  • DL320e Gen8 v2での動作が確認できました。

  • DL360p Gen8での動作が確認できました。

  • bcm5719の利用が可能になりました。

FreeBSD R9.2

  • SmartArray P420iでの動作が確認できました。

  • DL320e Gen8 v2での動作が確認できました。

  • DL360p Gen8での動作が確認できました。

  • bcm5719の利用が可能になりました。

OpenBSD R5.3

  • SmartArray P420iでの動作が確認できました。

  • DL320e Gen8 v2での動作が確認できました。

  • bcm5719は割込みロストが大量発生し安定した利用は出来ません。

  • 内蔵 DVDは AHCIモードでのみ利用可能です。

  • USB-DVDドライブの利用が可能です。

  • SmartArray pシリーズの障害情報はログに記録されません。

FreeBSD R9.1

  • SmartArray P420iの動作が確認できました(beta1)。

  • bcm5719が link flappingして利用できません。

FreeBSD R8.3

  • bcm5719を利用するとシステムが不安定になり利用できません。

FreeBSD R9.0

  • DL120 G7での動作が確認できました。

  • DL380 G7での動作が確認できました。

  • DL385 G7での動作が確認できました。

  • USB-DVDからのインストールが可能になりました。

  • インストール時に AHCIドライバが利用可能になっています。

  • param.hの MAXCPUが 32から 64に引き上げられています。

FreeBSD R8.2

  • DL160G6での動作が確認できました。

  • DL380G7での動作が確認できました。

  • DL580G7での動作が確認できました。

  • Lo100の動作確認を行いました。

  • 社外品 Intel 10Gb NICの動作確認を行いました。

FreeBSD R7.4

  • DL160G6での動作が確認できました。

  • DL380G7での動作が確認できました。

  • DL580G7での動作が確認できました。

  • Lo100の動作確認を行いました。

FreeBSD R8.1

  • DL380G6での動作が確認できました。

  • DL380G7での動作が確認できました。

  • DL385G7での動作が確認できました。

FreeBSD R7.3

  • DL360G7での動作が確認できました。

  • DL380G6での動作が確認できました。

  • DL380G7での動作が確認できました。

  • DL385G7での動作が確認できました。

  • DL120G6での動作が確認できました。

  • DL160G6での動作が確認できました。

  • BCM5723の利用が可能になりました。

FreeBSD R8.0

  • DL380G6での動作が確認できました。

  • DL360G5での動作が確認できました。

FreeBSD R7.2

  • DL160G6での動作が確認できました。

  • DL360G6での動作が確認できました。

  • DL380G6での動作が確認できました。内蔵 DVDドライブも最新 firmwareの適用でインストール後の利用が可能になりました。

  • SmartArray P410iの動作が確認できました。

  • SmartArray P212の動作が確認できました。

FreeBSD R7.1

  • R6.4同様に PAE kernelでも USBが利用可能になりました。

  • USB-FDDが readでも不安定になりました。

  • DL360G5での動作が確認できました。

  • DL320G5pでの動作が確認できました。

  • DL120G5での動作が確認できました。Broadcom BCM5722の自動認識が可能になりました。 但し、Matrox G200eでの Xの表示が行えませんでした。

FreeBSD R7.0

  • GENERICの confファイルに `options SMP`が付与されました。

  • USBメモリへのアクセスが劇的に高速になりました(当社比 8倍)。

  • R6.4で可能になった PAE kernelでの USBは利用できません。

  • DL320G5pでの動作が確認できました。

  • DL360G5での動作が確認できました。

FreeBSD R6.4

  • PAE kernelで USBが利用可能になりました。

  • DL320G5pでの動作が確認できました。

  • DL360G5での動作が確認できました。

FreeBSD R6.3

  • USBメモリへのアクセスが安定して行える様になりました。

  • DL320G5pでの動作が確認できました。

  • DL360G5での動作が確認できました。

OpenBSD R4.1

FreeBSD R6.2

  • SmartArray E200/iが利用可能になりました。

  • x86_64版での MOD_LOADエラーが表示されなくなりました。

  • DL320G5, DL360G5/E200iでの動作が確認できました。

FreeBSD R6.1

  • SmartArray P400/iが利用可能です。本 Releaseに於いて E200/iは利用できません。

  • quad-core Xeonの動作を確認しました(DL380G5のみ)

  • iLO2のリモートコンソール上で mouseテストを行っても画面が崩れなくなるのを確認しました。

  • DL360G5, DL380G5での動作が確認できました。

FreeBSD R5.4

FreeBSD R5.3

  • PAEを有効にした場合 USBデバイスの利用はできません。

  • FDDの利用が正常に行えません。
    これらの問題の詳細についてはこちらをご覧ください。

FreeBSD R5.2

  • RBSUでの Hyper-Threadingの設定と generic kernelが連動する様になりました。

  • R5.x系でもNC7771が利用できる様になりました。

  • SmartArray 6iが利用できます。

FreeBSD R5.1

  • R5系で Hyper-Threadingが利用できる様になりました。

  • BCM5703の動作が不安定になっています。

FreeBSD R5.0

  • ACPIによる電源断が利用できる様になりました。

  • BCM5701/2/3が自動認識できる事を確認しました。

FreeBSD R4.11

FreeBSD R4.9

  • R4.x系でもNC7771が利用できる様になりました。

  • Hyper-Threadingの有効方法が R4.8とは異なっています。

FreeBSD R4.8

  • R4系で Hyper-Threadingが利用できる様になりました。

  • BCM5702/3が自動認識できる様になりました。

FreeBSD R4.6

  • インストーラが cissドライバに正式対応しました。

  • BCM5701が安定稼動できる様になりました。

FreeBSD R4.5

FreeBSD R4.4

  • 内蔵SmartArrayで自動リビルドができる様になりました。

  • メモリを4GB搭載してもインストール・起動が問題なく行える様になりました。

FreeBSD R4.3

FreeBSD R4.2

  • インストーラが CMD CSA-649U ATAコントローラを自動認識できる様になり、ML330e, DL320/ATAにも簡単にインストールできる様になりました。

*BSD

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。