*BSD 非動作・不具合・備忘録レポート

 HPEは、社内の動作確認作業等で動作しなかったシステムの組み合わせ情報を積極的に公表していきます。

 本ページの公開により、ユーザが希望するシステムと *BSDのそれぞれのリリースでの組み合わせが HPEで動作確認を行っていないのか、それとも 何か問題があったのかが判別できる様になり、*BSDシステムの導入がよりスムーズに行える様になると思われます。

 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予め技術情報保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

 

製品情報インストールガイドFAQもご覧ください。

ProLiant ML530

  • 現象:インストール途中にシステムの再起動(module_register_init: module STILL not found)が掛かる。
  • OS:FreeBSD R4.0
  • 原因:不明。
  • 対応:R4.1以降を利用する。

 

ProLiant DL360G2

  • 現象:Ethernetが利用できない。
  • OS:FreeBSD R4.5
  • 原因:不明。
  • 対応:Broadcom tigon3 controller用の現在のドライバは 10/100モードで利用する際、速度が著しく低下する等、安定稼動を確認できませんでした。1000モードに関しては FreeBSDで安定稼動するかの確認を行っておりません。

 

ProLiant 8000

  • 現象:インストーラが SmartArray 4250ESを認識できない。
  • OS:FreeBSD R4.2(以外は未確認)
  • 原因:インストーラの仕様。
  • 対応:ProLiant 8500(内蔵SmartArray)を利用する。

*BSD

2015年11月1日付でHewlett-Packard CompanyをHewlett Packard Enterprise Company とHP Inc.に分社する以前に販売された製品については、現在のモデルと異なる、古い製品名およびモデル番号である場合があります。