HPE Apollo System

省スペースで電力/冷却の経済性を備えた画期的なパフォーマンスを実現。

HPC、ビッグデータから、さらに広がる用途に対応する高密度スケールアウトシステム

HPE Apollo高密度型サーバーファミリは、最高レベルのパフォーマンスと効率性を実現するために構築されています。ビッグデータ分析、オブジェクトストレージ、およびハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) のワークロード向けに、大規模なスケールアップとスケールアウトが可能な、ラック規模のコンピュート、ストレージ、ネットワーク、電力/冷却のソリューションです。空冷設計より1,000倍も効率的な水冷設計から、ワークグループおよびプライベートクラウドのワークロード向けに2倍のコンピュート密度を実現した「最適規模のスケーリング」まで、HPE Apolloの製品ラインは、あらゆる規模の組織に最適な、高密度でハイパフォーマンスな階層型アプローチです。

エントリーHPCを支える標準プラットフォーム

HPE Apollo 10シリーズは、HPCやディープラーニングを手頃な価格で始めるのに最適なサーバーです。魅力的な初期導入コストで柔軟性に富んだ業界標準プラットフォームと、用途に応じたソリューション、そしてコンポーネントの豊富な選択肢が魅力です。既存のサーバー環境にも容易に統合可能です。

 

データ指向経営の新たな可能性

お使いのインフラストラクチャに特定用途向けのコンピュートを追加し、導入にかかる時間を月単位から日単位に短縮することにより、迅速に価値を実現します。特定のワークロードのタイプと規模に合わせて最適化された一連のハイパースケールサーバーシステムにより、スムーズな拡張性、パフォーマンス、および効率性が得られます。


優れた拡張性

それぞれのデータの種類に合わせ、スケール、パフォーマンス、およびコスト効率を最適化し、それに応じてボリューム、速度、多様性も管理します。スケールアップとスケールアウト、およびワークロードに最適化されたソリューションに必要な容量とパフォーマンスを実現するには、HPE Apolloをご利用ください。

優れた経済性

効率的な実装を大規模に実現する高密度型の経済的なビルディングブロックで、設備投資と運用コストを大幅に節減できます。
HPE Apollo 4500の42U4ラック内で、最大30台のサーバーと3.6ペタバイトの容量を実現します。

HPE Server Now

HPEのサーバーの「今」がわかるサーバーポータルサイト「HPE Server Now」
システム構成図をはじめ、導入事例や国内向けに実施中のお得なキャンペーンなど、日本のお客様向けの情報を発信しています。

水冷設計によるスーパーコンピューティング

HPE Apollo 8000は、世界初の常温水冷システムです。これらのシステムは経済的であり、生態学的持続可能性を保ちつつ、画期的な速度、密度、エネルギー効率を達成しています。

4

TeraFLOPS (平方フィートあたり) を実現1

40

を超えるFLOPS/ワットを実現5

3,800

トンのCO2を削減 (年間)5

完全なHPE Apolloポートフォリオ

HPE Apolloの高密度サーバー製品ライン全体のすべてのコンポーネントをご覧のうえ、詳細を確認および比較してください。

HPE Apollo 6000のラックスケールの効率性

HPE Apollo 6000
高い効率性を誇るラック規模のソリューション

 

パフォーマンスが最適化された空冷ソリューションで、お使いのインフラストラクチャおよびお客様の投資から最大限の価値を引き出します。

  • シングルスレッドアプリケーションのパフォーマンスが20%向上6
  • 設置面積をブレードサーバーより60%削減7
  • 1,000台のサーバーにより3年間でTCOを300万ドル削減8
HPE Apollo 4000のストレージ密度

HPE Apollo 4000
ビッグデータ分析およびオブジェクトストレージ向け

 

新しいシステムファミリのHPE Apollo 4000シリーズは、Hadoop®やその他のビッグデータ分析およびオブジェクトストレージシステムを提供する目的で設計されています。

  • 4Uフォームファクターに68個のLFFディスクを搭載することにより、ディスク密度を最大化。
  • HadoopベースのデータマイニングとNoSQLベースの分析に最適。
  • ペタバイト規模のデータボリュームを活用してオブジェクトストレージを実装。

 

HPE Apollo 2000のスケーラブルマルチノード

HPE Apollo 2000
スケーラブルなマルチノードソリューション

 

従来のデータセンターに対してスケールアウトアーキテクチャーへの移行を促進する、 高パフォーマンスと大量のワークロード容量をコンパクトに収めた高密度設計です。

  • 1つの2Uに4台の独立したホットプラグ対応のHPE Apollo 2000サーバー。
  • 標準的な1Uサーバーで2倍のパフォーマンス密度を同等のコストで実現。

20

20台のサーバーを設置可能 (従来の環境では5台)。HPE Apollo 6000

5.44PB

単一の42Uラックで実現できる容量2 。HPE Apollo 4000

2倍

の密度を、標準的な1Uサーバーで実現3 。HPE Apollo 2000

新たなポートフォリオ

HPE Apollo 6500: 高密度GPUコンピュートソリューション

2Uノードあたり単精度で最大15TelaFLOPSのパフォーマンスにより、解析を高速化します。新開発のHPE Apollo 6500に搭載された最大8個のGPU(コプロセッサ)によりデータセンターのワークロード処理が高速化するため、ITへの投資対効果が向上します。分析や予測が強化されることで、最もリソースを必要とする問題に対して最短時間による解析が可能になります。

HPE Apollo 4520: 最高クラスの高密度、柔軟なスケール

ニーズに応じた構成と調整が可能です。HPE Apollo 4520は、クラスターストレージ環境でのパラレルファイルシステムに最適化されているため、デュアルサーバーならではの高可用性構成をノードあたり最大23台のLFFドライブが搭載可能というストレージ容量で実現します。
Intel® Xeon® プロセッサーE5-2600v4製品ファミリーを搭載し、LustreパラレルファイルシステムおよびMicrosoftのStorage Spaceに展開されたワークロードの処理に最適です。

HPE Apollo Next Generation Sequencingソリューション

競争の激しいグローバル市場では、規模や業界を問わず、あらゆる組織がスピード、効率、精度、およびコスト削減率の向上に努めています。とりわけ生命科学業界は、これらの要求を満たすことで、ゲノム分野における飛躍的な進歩に対応しようとしています。次世代シークエンシング (NGS) テクノロジーによって業界は急速に変化しており、圧倒的なレベルのパフォーマンス、拡張性、経済性を実現して、この分野の研究者やプロバイダーの主な懸念を解消するハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) システムが求められています。HPEはこうしたニーズを把握し、ゲノム解析をより迅速に、かつコスト効率に優れた方法で実行できるソリューションを開発しました。

 

お問い合わせ

パートナー、システムインテグレーター、ISVの大規模なエコシステムを活用し、お客様固有のニーズに合わせた適切なHPE Apolloシステムを提供します。

関連情報

カタログ : 高密度スケールアウトカタログ:日本語版カタログをPDFファイルでご提供しています。

高密度スケールアウトカタログ:日本語版カタログをPDFファイルでご提供しています。
カタログ

高密度スケールアウトカタログ:日本語版カタログをPDFファイルでご提供しています。

記事 : HPE Server Now:新製品発表、キャンペーン、お客様事例等の最新情報をいち早くご紹介しています。

HPE-resource-servers-2x-md.jpg
記事

HPE Server Now:新製品発表、キャンペーン、お客様事例等の最新情報をいち早くご紹介しています。

ホワイトペーパー : システム構成図:各製品の詳細情報はシステム構成図をご参照ください。

HPE-resource-shsystem-2x-md.jpg
ホワイトペーパー

システム構成図:各製品の詳細情報はシステム構成図をご参照ください。

ソリューション概要 : ミネソタ大学が次世代のスーパーコンピューティングを導入

apollo-resources_2
ソリューション概要

HPEが新たな研究を支援し、イノベーションを促進

記事 : Meet HPE Apollo: Reinventing HPC and the Supercomputer

apollo-resources_3
記事

Administrators, engineers and executives are now tasked with solving some of the world’s most complex challenges revolving around advanced computations for science, business, education, pharmaceuticals and beyond.

記事 : UiT The Arctic University of Norway Pushes Hyperscale Efficiency

apollo-resources_4
記事

Institution aims to create the world’s most efficient data center with the HPE Apollo 8000 System.

記事 : Poland Steps Up its Supercomputing Game

HPE-Poland-Steps-Up_2x-md
記事

Gdańsk University of Technology is planning to build the fastest supercomputer in Poland, developed via a partnership with Megatel and Action.

お客様事例 : IT Efficiency Races Forward in eBay Inc.’s Data Centers with HPE EcoPODs

HPE-Races-Forward-eBay_2x-md
お客様事例

Highly efficient modular data centers are a key part of this leading online auction company’s growth strategy.

ビデオ : Choosing the Right Infrastructure for Your Data-Driven Organization

HPE-Choosing-Right-Infrastructure_2x-md
ビデオ

Learn how HPE can harness the power of your data to generate intelligent insights and innovative services to drive better business results.

  • 1.
    4倍のTeraFLOPSおよびFLOPS/ワット: ヒューレット・パッカード エンタープライズ社内での算出に基づきます。同等のプロセッサーを使用することを前提とし、ラック密度と電力密度に基づいた場合、Apollo HPE 8000はIBM 1Uラックサーバーよりも1平方フィートあたり4倍のTeraFLOPSを発揮します。
  • 2.
    10基のシステムと8TBのHDDに基づきます。
  • 3.
    同等のコストによる2Uと4Uのラックスペースにおける4台のサーバーの比較。
  • 4.
    8TBのHDDを備えた10基のApollo HPE 4530システムに基づきます。
  • 5.
    CO2排出量: ヒューレット・パッカード エンタープライズ社内での算出結果に基づきます (HPE Apollo 8000と、3メガワットのIT機器を使用する空冷式データセンターの比較)。実際のデータセンターの分析に基づく削減電力消費量 (KWh) を利用し、標準のサステナビリティ公式を使用してCO2削減量 (トン) を算出。
  • 6.
    Synopsys社提供のベンチマーク (2014年に開催されたSynopsys SNUGカンファレンスで発表されたもの)
  • 7.
    Dell M620 10U/16サーバーと48U搭載HPE 160の比較をヒューレット・パッカード エンタープライズ社内で算出。
  • 8.
    電力コストの削減額471,000ドルと、コスト削減額2,782,000ドルに基づいてヒューレット・パッカード エンタープライズ社内で算出。