HPE Apollo System

省スペースで電力/冷却の経済性を備えた画期的なパフォーマンスを実現。

HPC、ビッグデータから、さらに広がる用途に対応する高密度スケールアウトシステム

HPE Apollo高密度型サーバーファミリは、最高レベルのパフォーマンスと効率性を実現するために構築されています。ビッグデータ分析、オブジェクトストレージ、およびハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) のワークロード向けに、大規模なスケールアップとスケールアウトが可能な、ラック規模のコンピュート、ストレージ、ネットワーク、電力/冷却のソリューションです。空冷設計より1,000倍も効率的な水冷設計から、ワークグループおよびプライベートクラウドのワークロード向けに2倍のコンピュート密度を実現した「最適規模のスケーリング」まで、HPE Apolloの製品ラインは、あらゆる規模の組織に最適な、高密度でハイパフォーマンスな階層型アプローチです。

データ指向経営の新たな可能性

お使いのインフラストラクチャに特定用途向けのコンピュートを追加し、導入にかかる時間を月単位から日単位に短縮することにより、迅速に価値を実現します。特定のワークロードのタイプと規模に合わせて最適化された一連のハイパースケールサーバーシステムにより、スムーズな拡張性、パフォーマンス、および効率性が得られます。

優れた拡張性

それぞれのデータの種類に合わせ、スケール、パフォーマンス、およびコスト効率を最適化し、それに応じてボリューム、速度、多様性も管理します。スケールアップとスケールアウト、およびワークロードに最適化されたソリューションに必要な容量とパフォーマンスを実現するには、HPE Apolloをご利用ください。

優れた経済性

効率的な実装を大規模に実現する高密度型の経済的なビルディングブロックで、設備投資と運用コストを大幅に節減できます。 HPE Apollo 4500の42U4ラック内で、最大30台のサーバーと3.6ペタバイトの容量を達成します。

コミュニティ

HPEの製品エキスパートと交流し、パートナー、システムインテグレーター、およびISVの大規模なエコシステムを活用できます。  

HPE Apollo 8000、R&D 100 Awardを受賞

米エネルギー省のNRELは、常温水冷システムを再利用して建物を暖房し、パフォーマンスと効率も大幅に向上しています。

水冷設計によるスーパーコンピューティング

HPE Apollo 8000は、世界初の常温水冷システムです。これらのシステムは経済的であり、生態学的持続可能性を保ちつつ、画期的な速度、密度、エネルギー効率を達成しています。

4

のTeraFLOPS (平方フィートあたり) を実現1

40

ワットあたりのFLOPSが向上5

3,800

トンのCO2を削減 (年間)5

完全なHPE Apolloポートフォリオ

HPE Apolloの高密度サーバー製品ライン全体のすべてのコンポーネントをご覧のうえ、詳細を確認および比較してください。

HPE Apollo 6000のラックスケールの効率性

HPE Apollo 6000
高い効率性を誇るラック規模のソリューション

 

パフォーマンスが最適化された空冷ソリューションで、お使いのインフラストラクチャおよびお客様の投資から最大限の価値を引き出します。

  • シングルスレッドアプリケーションのパフォーマンスが20%向上6
  • 設置面積をブレードサーバーより60%削減7
  • 1,000台のサーバーにより3年間でTCOを300万ドル削減8
HPE Apollo 4000のストレージ密度

HPE Apollo 4000
ビッグデータ分析およびオブジェクトストレージ向け

 

新しいシステムファミリのHPE Apollo 4000シリーズは、Hadoop®やその他のビッグデータ分析およびオブジェクトストレージシステムを提供する目的で設計されています。

  • 4Uフォームファクターに68個のLFFディスクを搭載することにより、ディスク密度を最大化。
  • HadoopベースのデータマイニングとNoSQLベースの分析に最適。
  • ペタバイト規模のデータボリュームを活用してオブジェクトストレージを実装。

 

HPE Apollo 2000のスケーラブルマルチノード

HPE Apollo 2000
スケーラブルなマルチノードソリューション

 

従来のデータセンターに対してスケールアウトアーキテクチャーへの移行を促進する、 高パフォーマンスと大量のワークロード容量をコンパクトに収めた高密度設計です。

  • 1つの2Uに4台の独立したホットプラグ対応のHPE Apollo 2000サーバー。
  • 標準的な1Uサーバーで2倍のパフォーマンス密度を同等のコストで実現。

20

20台のサーバーを設置可能 (従来の環境では5台)。HPE Apollo 6000

5.44PB

の容量を、単一の42Uラックで実現2 。HPE Apollo 4000

2倍

の密度を、標準的な1Uサーバーで実現3。HPE Apollo 2000

新たなポートフォリオ

HPE Apollo 6500: GPUコンピュートを加速する高密度ソリューション

2Uノードあたり単精度で最大15TelaFLOPSのパフォーマンスにより、解析を高速化します。新開発のHPE Apollo 6500に搭載された最大8個のGPU(コプロセッサ)によりデータセンターのワークロード処理が高速化するため、ITへの投資対効果が向上します。分析や予測が強化されることで、最もリソースを必要とする問題に対して最短時間による解析が可能になります。

HPE Apollo 4520:最高クラスの高密度、柔軟なスケール

ニーズに応じた構成と調整が可能です。HPE Apollo 4520は、クラスターストレージ環境でのパラレルファイルシステムに最適化されているため、デュアルサーバーならではの高可用性構成をノードあたり最大23台のLFFドライブが搭載可能というストレージ容量で実現します。 Intel® Xeon® プロセッサーE5-2600v4製品ファミリーを搭載し、LustreパラレルファイルシステムおよびMicrosoftのStorage Spaceに展開されたワークロードの処理に最適です。

お問い合わせ

パートナー、システムインテグレーター、ISVの大規模なエコシステムを活用し、お客様固有のニーズに合わせた適切なHPE Apolloシステムを提供します。

各種資料

ホワイトペーパー : HPE Apolloで新しい成果を創出

apollo-resources_1
ホワイトペーパー

HPE Apolloサービスファミリが実際に導く成果をご覧ください。

お客様事例 : ミネソタ大学が次世代のスーパーコンピューティングを導入し、新たな研究を推進

apollo-resources_2
お客様事例

日常的にイノベーションを実現

記事 : HPCとスーパーコンピューターに革新をもたらす HPE Apollo

apollo-resources_3
記事

今日の管理者、エンジニア、およびエグゼクティブは、科学、ビジネス、教育、製剤などのための最先端のコンピューティングに関わる非常に複雑な課題を解決しなければなりません。

記事 : UiTノルウェー北極大学がハイパースケールの効率化を実現

apollo-resources_4
記事

世界一効率的なデータセンターの構築を目指しHPE Apollo 8000 Systemを導入。

記事 : サーバーニュース:新製品発表、キャンペーン、お客様事例等の最新情報をいち早くご紹介しています。

HPE-resource-servers-2x-md.jpg
記事

サーバーニュース:新製品発表、キャンペーン、お客様事例等の最新情報をいち早くご紹介しています。

記事 : ポーランド、スーパーコンピューティングの活用を強化

HPE-Poland-Steps-Up_2x-md
記事

グダニスク工科大学は、Megatel社とAction社のパートナーシップを通して、ポーランドで最速のスーパーコンピューターを建設する計画を立てています。

お客様事例 : eBay社、HPE EcoPODsを活用してデータセンターのIT効率性を向上

HPE-Races-Forward-eBay_2x-md
お客様事例

業界をリードするこのオンラインオークション企業が戦略的な成長を成し遂げるには、高い効率性を誇るモジュラー型データセンターが鍵となります。

ビデオ : データ指向型経営に適したインフラストラクチャの選択

HPE-Choosing-Right-Infrastructure_2x-md
ビデオ

HPEがデータの力を活用して、どのようにインテリジェントなインサイトと革新的なサービスを生み出し、さらに優れたビジネス成果を実現しているのかについて学びましょう。

ホワイトペーパー : システム構成図:各製品の詳細情報はシステム構成図をご参照ください。

HPE-resource-shsystem-2x-md.jpg
ホワイトペーパー

システム構成図:各製品の詳細情報はシステム構成図をご参照ください。

  • 1.

    4倍のTeraFLOPSとFLOPS/ワット: Hewlett Packard Enterprise社内での算出に基づきます。同等のプロセッサーを使用することを前提とし、ラック密度と電力密度に基づいた場合、Apollo HPE 8000はIBM 1Uラックサーバーよりも1平方フィートあたり4倍のTeraFLOPSを発揮。

  • 2.

    10基のシステムと8TBのHDDに基づきます。

  • 3.

    同等のコストによる2Uと4Uのラックスペースにおける4台のサーバーの比較。

  • 4.

    8TBのHDDを備えた10基のApollo HPE 4530システムに基づきます。

  • 5.

    二酸化炭素排出量:Hewlett Packard Enterprise社内で算出。HPE Apollo 8000と、3メガワットのIT機器を使用する空冷式データセンターの比較。実際のデータセンターの分析に基づく削減電力消費量 (KWh) を利用し、標準のサステナビリティ公式を使用してCO2削減量 (トン) を算出。

  • 6.

    Synopsys社提供のベンチマーク (2014年に開催されたSynopsys SNUGカンファレンスで発表されたもの)

  • 7.

    Dell M620 10U/16サーバーと48U搭載HPE 160の比較をHewlett Packard Enterprise社内で算出

  • 8.

    電力コストの削減額471,000ドルと、コスト削減額2,782,000ドルに基づいてヒューレット・パッカード エンタープライズ社内で算出Hewlett Packard Enterprise