運用サポートシステムに関するGartnerマジッククアドラント

  • アナリストレポート (英語版のみ)

概要

Gartner社は、2019年1月のレポートでHPEを再び運用サポートシステムに関するマジッククアドラントのリーダーに位置付けました。

HPEのOSSがどのように「クラウドサービスのデリバリ、フルフィルメントとアシュアランスの自動化、およびAIとMLの利用に対応している」のかについて、レポートの全文で詳細をご確認ください。

HPEが運用サポートシステムのリーダーに位置付けられた理由をご確認ください。

リーダーについて、Gartner社は次のように述べています。「このマジッククアドラントに記載されているリーダーは、他のベンダーと比較してCSPの中で非常に高いマインドシェアを獲得しています。リーダーとは、一般的に全世界の大規模および中規模CSP向けのOSSソリューションの最終候補に含まれるベンダーです。

  • ...

Gartner社は、2019年1月のレポートでHPEを再び運用サポートシステムに関するマジッククアドラントのリーダーに位置付けました。

HPEのOSSがどのように「クラウドサービスのデリバリ、フルフィルメントとアシュアランスの自動化、およびAIとMLの利用に対応している」のかについて、レポートの全文で詳細をご確認ください。

HPEが運用サポートシステムのリーダーに位置付けられた理由をご確認ください。

リーダーについて、Gartner社は次のように述べています。「このマジッククアドラントに記載されているリーダーは、他のベンダーと比較してCSPの中で非常に高いマインドシェアを獲得しています。リーダーとは、一般的に全世界の大規模および中規模CSP向けのOSSソリューションの最終候補に含まれるベンダーです。

  • リーダーは、大きな利益を得るとともに売上高を増やしており、すべての主要市場で存在感を示しています。
  • リーダーが提供する中核的なOSSソリューションの機能は包括的で平均を上回っており、そのテクノロジーとスケーラビリティは最先端を走っています。
  • また、革新的なプロジェクトやアクティビティに取り組み、顧客ベースに注意深く耳を傾けて顧客が満足するようプロジェクトを実施しています。
  • リーダーは、売上高および顧客管理アクティビティにおける基本的なパターンや動向だけでなく、新たなパターンや動向の把握に努め、それらに従ってR&Dのリソースや資金を投入しています。」

またGartner社は、市場概要の中で次のように続けています。「OSSの変革は、NFVに対する投資の成功と将来に向けたCSPの体制の確立に大きな影響を与えます。そのため、CSPが成功を収めるには、OSSベンダーとその製品やサービスの機能の選択が極めて重要となります。」

今すぐ登録フォームに必要事項をご記入のうえ、レポートをご覧ください。

Gartner社は、2019年2月のレポートでHPEを運用サポートシステムに関するマジッククアドラントのリーダーに位置付けました。HPEがリーダーに位置付けられた理由と業界がどのように進化しているのかをご確認ください。

『運用サポートシステムに関するGartnerマジッククアドラント』をダウンロード
 
  • 戦略的なプランニングの前提
  • 市場の定義/説明
  • 近接機能
  • マジッククアドラント
  • 選定および除外基準
  • 評価基準
  • 背景
  • 評価基準の定義
Loading information, please wait

運用サポートシステムに関するGartnerマジッククアドラント、Amresh Nandan、Martina Kurth、Ramesh Marimuthu著、2019年1月17日。Gartnerは、自社の調査発表の出版物に掲載された特定のベンダー、製品、またはサービスを推奨することはなく、最高の評価もしくはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に勧めることもありません。Gartnerの調査出版物は、Gartnerの調査組織の見解を表したものであり、事実の記載と解釈されるべきものではありません。Gartnerは、明示的または暗示的を問わず、本調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行いません。

GARTNERは、米国および全世界におけるGartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標およびサービスマークであり、Gartner, Inc.の許可を得て使用されています。All rights reserved.