エッジコンピューティング: エッジからコア、そしてエッジへ

  • アナリストレポート (英語版のみ)
  • PDF 627KB
  • 28ページ

概要

このドキュメントでは、エッジコンピューティングが組織におけるデータの使用と価値をどのように変化させているのか、およびこうした変化のもと、運用、情報、および事業部門のエグゼクティブが将来に向けて考慮すべき機会と懸念の両面について解説しています。 エッジコンピューティングは、比較的短期間でインダストリアルIoT企業に広く浸透しました。さまざまな資産やセンサーの接続が進むなか、エッジコンピューティングは、産業データの価値を高め、有益な情報の獲得に要する時間を短縮し、よりプロアクティブな行動を可能にする手段として、多くのオペレーションチームによって積極的に採用されています。HPE Edgelineコンバージドエッジシステムによるエッジコンピューティングという新たなテクノロジートレンドについて、このレポートでお確かめください。

HPE Edgelineコンバージドエッジシステムによるエッジコンピューティングという新たなテクノロジートレンド、およびこの手法が組織およびそのITインフラストラクチャにとって何を意味するのかをご覧ください。

エッジコンピューティング

背景/はじめに 3

背景 3

回答者データ 4

エグゼクティブサマリー 7

課題1: エッジコンピューティングの道程 9

課題2: 運用面の課題 11

課題3: イネーブラーとしてのエッジコンピューティング 15

課題4: 障壁と促進要因 18

課題5: 導入と予算 23

まとめ 25

推奨事項 26

Loading information, please wait
それを可能にするのはHPEとインテル®。
Intel、インテル、Intel ロゴは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。