ワークロードのパフォーマンスを高速化: ストレージモダナイゼーションのブループリント

  • ベストプラクティスガイド
  • PDF 1.4MB
  • 18ページ

概要

多くの組織は、これまで以上に多くのユーザーが使用する多様なデバイス、さまざまなITサービスやデジタルプロセスを通じて作成された、膨大なデータを活用してビジネスを行っています。データが増加する原因の1つとして、新しいアプリケーションが挙げられますが、デジタルメディア、マシン、エッジデバイスといった、従来とは異なるITソースからのデータも増えつつあります。エッジのIoTデバイスは、管理、監視、保存、および分析が必要とされる膨大なデータを生成し続けており、それぞれの機能の実行場所を決定することが、新しいデータ主導のグローバルビジネスサービスとそのプロセスをサポートするうえで不可欠となっています。HPEのサービス部門であるHPE ...

多くの組織は、これまで以上に多くのユーザーが使用する多様なデバイス、さまざまなITサービスやデジタルプロセスを通じて作成された、膨大なデータを活用してビジネスを行っています。データが増加する原因の1つとして、新しいアプリケーションが挙げられますが、デジタルメディア、マシン、エッジデバイスといった、従来とは異なるITソースからのデータも増えつつあります。エッジのIoTデバイスは、管理、監視、保存、および分析が必要とされる膨大なデータを生成し続けており、それぞれの機能の実行場所を決定することが、新しいデータ主導のグローバルビジネスサービスとそのプロセスをサポートするうえで不可欠となっています。HPEのサービス部門であるHPE Pointnextが作成したこのブループリントでは、幅広い業界の多くのお客様の実体験をベースに、フラッシュストレージのモダナイゼーションを活用する方法を見ていきます。

お客様の実例から、ITサービスによるフラッシュストレージのモダナイゼーションをどのように活用できるのかを詳しく見ていきます。

ストレージモダナイゼーション

エグゼクティブサマリー ... 3

課題 ... 6

基本理念 ... 7

基本理念1 ... 7

基本理念2 ... 9

基本理念3 ... 11

基本理念4 ... 12

ストレージモダナイゼーションに対するHPEのアプローチ ... 14

お客様事例 ... 15

結論 ... 17

Loading information, please wait