法規制に準拠した、コスト効率の高いハイブリッドクラウド運用ブループリントの実現

  • ホワイトペーパー
  • PDF 6MB
  • 22ページ

概要

生産性とビジネス・アジリティを向上させてイノベーションを促進するために、クラウドサービスを導入する企業が増えています。しかし、適切なレベルの可視性と制御を確保しつつ、この新しい枠組みを導入することで、リソースに過大な負荷がかかり、既存のガバナンス、リスク、コンプライアンス、およびコスト戦略に影響を及ぼす可能性があります。また、社内外の規制に対応するためにセキュリティ対策や管理状態を包括的に把握している組織はほとんどありません。

このガイドでは、ハイブリッドクラウドソリューションの監視と運用を最適化する方法を説明します。

 

このエキスパートブループリントは、法規制に準拠した、コスト効率の高いハイブリッドクラウド運用を実現する一方、ハイブリッドクラウドへの投資の管理と運用を最適化する方法を示すものです。

法規制に準拠した、コスト効率の高いハイブリッドクラウド運用ブループリントの実現

エグゼクティブサマリー 03

生産性とビジネス・アジリティを向上させてイノベーションを促進するために、クラウドサービスを導入する企業が増えています。

指針2 10

継続的コンプライアンスの自動化という概念を導入します。

HPE Pointnextのアプローチ18

パブリッククラウドへの投資の管理と運用を最適化します。

アプリケーションのホストリプレース、移行、再設計のためのガイド05

このブループリントでは、ハイブリッドクラウド環境全体で処方的かつ自動的にビジネスを運用する方法を紹介します。

指針314

継続的コスト管理を実施します。

結論21

指針106

Loading information, please wait