Everything as a Serviceへのニーズの高まり

  • Analyst White Paper
  • PDF 4.48MB
  • 14ページ

概要

IDC社のデータにより、多くのお客様が、柔軟で透明性が高く、他社と比べて低コストのIT消費モデルを必要としていることが明らかになりました。

IDC Futurescape: 「As-a-Service」モデルの発展に伴って、2020年までに、データセンターにおける従量制ITの調達件数が従来型の調達件数を上回り、企業のITインフラストラクチャ支出の40%を占めるようになります。多くのお客様は、従来型のITベンダーとの連携を希望しています。

今日の組織には、高い柔軟性とアジリティが要求されます。こうしたアジリティのニーズは、到達基準を引き上げるだけでなく、IT部門と事業部門の各リーダーの戦略も変えつつあります。

...

IDC社のデータにより、多くのお客様が、柔軟で透明性が高く、他社と比べて低コストのIT消費モデルを必要としていることが明らかになりました。

IDC Futurescape: 「As-a-Service」モデルの発展に伴って、2020年までに、データセンターにおける従量制ITの調達件数が従来型の調達件数を上回り、企業のITインフラストラクチャ支出の40%を占めるようになります。多くのお客様は、従来型のITベンダーとの連携を希望しています。

今日の組織には、高い柔軟性とアジリティが要求されます。こうしたアジリティのニーズは、到達基準を引き上げるだけでなく、IT部門と事業部門の各リーダーの戦略も変えつつあります。

このような急速な変化に直面するさまざまな企業が、デジタルトランスフォーメーションを推進するうえで欠かせない重要な基準をどのように定めているのかをご確認ください。

IDC社のデータにより、多くのお客様が、柔軟で透明性が高く、他社と比べて低コストのIT消費モデルを必要としていることが明らかになりました。さまざまな企業が、デジタルトランスフォーメーションを推進するうえで欠かせない重要な基準をどのように定めているのかをご確認ください。

Everything as a Service
Loading information, please wait