データ主導型企業向けミッションクリティカルインフラストラクチャ

  • アナリストレポート
  • PDF 515KB
  • 14ページ

概要

2019年翻訳 -
データ主導型企業において、最新のアナリティクス環境が果たす役割は明確です。LOB(事業部門)は、BDA(Big Data and Analytics:ビッグデータとアナリティクス)を用いることで、コアとエッジの双方で増加し続けるデータに対する分析が容易になります。BDA は、中核となる基幹業務アプリケーションのデータはもちろん、IoT(Internet of Things)、ロボティクス、次世代セキュリティ、次世代サプライチェーンオートメーションなどの新規プロジェクトからのデータを分析し、デジタルエコノミーにおいて先進的企業がより効率良く競争力を高めることができます。

このIDCホワイトペーパーには、データ主導のミッションクリティカルインフラストラクチャに関する予測とHPE Superdome ...



2019年翻訳 -
データ主導型企業において、最新のアナリティクス環境が果たす役割は明確です。LOB(事業部門)は、BDA(Big Data and Analytics:ビッグデータとアナリティクス)を用いることで、コアとエッジの双方で増加し続けるデータに対する分析が容易になります。BDA は、中核となる基幹業務アプリケーションのデータはもちろん、IoT(Internet of Things)、ロボティクス、次世代セキュリティ、次世代サプライチェーンオートメーションなどの新規プロジェクトからのデータを分析し、デジタルエコノミーにおいて先進的企業がより効率良く競争力を高めることができます。

このIDCホワイトペーパーには、データ主導のミッションクリティカルインフラストラクチャに関する予測とHPE Superdome Flexでこの市場のニーズに対応する方法についてのIDC社の見解が示されています。

次世代のHPE Superdome Flex x86サーバーと、SAP HANA、Oracle、SQL Server、UNIXからLinuxへの移行、インメモリHPCとインメモリAIの領域において、このサーバのお客様への価値の提供方法についてのIDCホワイトペーパーを読む。