新しいHPE ProLiant DL385 Gen10サーバーによるITアジリティの向上とTCOの削減

  • Analyst White Paper
  • PDF 328KB
  • 12ページ

概要

HPEは、HPE ProLiant DL385 Gen10を仮想化とメモリ集中型アプリケーションに適したサーバーと位置づけています。DL385 Gen10のコア数、メモリ容量およびメモリ帯域幅は極めて高いため、このポジショニングはMI&SがDL385 Gen10の最大ワークロードの親和性を見出す箇所と一致します。

HPE ProLiant DL385 Gen10は仮想化やメモリ集中型アプリケーションで優位な位置につけている一方で、MI&Sはこのサーバーのビジネス機会が他のアプリケーションやワークロードにも及ぶと確信しています。IT組織にとってこのサーバーは、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) アプリケーション用として十分検討に値するものです。AMD ...

HPEは、HPE ProLiant DL385 Gen10を仮想化とメモリ集中型アプリケーションに適したサーバーと位置づけています。DL385 Gen10のコア数、メモリ容量およびメモリ帯域幅は極めて高いため、このポジショニングはMI&SがDL385 Gen10の最大ワークロードの親和性を見出す箇所と一致します。

HPE ProLiant DL385 Gen10は仮想化やメモリ集中型アプリケーションで優位な位置につけている一方で、MI&Sはこのサーバーのビジネス機会が他のアプリケーションやワークロードにも及ぶと確信しています。IT組織にとってこのサーバーは、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) アプリケーション用として十分検討に値するものです。AMD EPYCプロセッサー内の128基のPCIeレーンによってサーバーの迅速なプロビジョニングが可能となり、多数のワークロードとアプリケーションをサポートが可能となります。


DL385 Gen10のITにおけるアジリティ

はじめに 1

選択肢の検討 1

HPE ProLiant DL385 Gen10サーバーの紹介 2

価値の提供 3

HPE ProLiant DL385 Gen10サーバーのワークロード 4

導入の障害を取り払うクロスプラットフォーム移行ツール 6

データ管理の一般化 6

優れたデータ管理プラットフォームの構築方法 7

プラットフォームの賢い選択 8

HPE ProLiant DL385のその他の活用方法 8

HPE ProLiant DL385 GEN10の強大な力 9

HPE PROLIANT DL385 GEN10サーバーによるコスト削減 10

信頼できるエキスパート 10

実行すべきアクション 11

Loading information, please wait