新しいHPE ProLiant DL385 Gen10サーバーによるITアジリティの向上とTCOの削減

  • Analyst White Paper
  • PDF 328KB
  • 12ページ

概要

HPEは、HPE ProLiant DL385 Gen10を仮想化とメモリを多用するアプリケーションに適したサーバーと位置付けています。こうした位置付けは、DL385 Gen10がコア数の多さ、およびメモリ容量とメモリ帯域幅の大きさが突出しているという理由から、ワークロードとの親和性が最も高いとするMI&S社の見解と一致しています。

HPE ProLiant DL385 Gen10は、仮想化やメモリを多用するアプリケーションに適していますが、MI&S社は他のアプリケーションやワークロードにもこのサーバーを活用できると考えています。IT組織においては、このサーバーをハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)アプリケーションにも活用することを検討すべきです。AMD ...

HPEは、HPE ProLiant DL385 Gen10を仮想化とメモリを多用するアプリケーションに適したサーバーと位置付けています。こうした位置付けは、DL385 Gen10がコア数の多さ、およびメモリ容量とメモリ帯域幅の大きさが突出しているという理由から、ワークロードとの親和性が最も高いとするMI&S社の見解と一致しています。

HPE ProLiant DL385 Gen10は、仮想化やメモリを多用するアプリケーションに適していますが、MI&S社は他のアプリケーションやワークロードにもこのサーバーを活用できると考えています。IT組織においては、このサーバーをハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)アプリケーションにも活用することを検討すべきです。AMD EPYCプロセッサーの128個のPCIeレーンにより、迅速にプロビジョニングできるサーバーで多くのワークロードやアプリケーションをサポートすることが可能になります。


DL385 Gen10のITにおけるアジリティ

はじめに 1

選択肢の検討 1

HPE ProLiant DL385 Gen10サーバーの概要 2

価値の実現 3

HPE ProLiant DL385 Gen10サーバーのワークロード 4

導入の障壁を取り払うクロスプラットフォーム移行ツール 6

データ管理の民主化 6

優れたデータ管理プラットフォームの構成要素 7

プラットフォームの賢明な選択 8

HPE ProLiant DL385のその他の活用方法 8

大きなメリットをもたらすHPE ProLiant DL385 Gen10 9

HPE ProLiant DL385 Gen10サーバーによるコストの削減 10

信頼できるエキスパート 10

実行すべきアクション 11

Loading information, please wait