重要なアプリケーションの事業継続性の確保 - ベストプラクティスガイド

  • Success Story
  • PDF 350KB
  • 8ページ

概要

重要視しなければならないのは、大災害がミッションクリティカルシステムに影響を及ぼす可能性があるかどうではなく、それがいつ起きるかです。大災害が発生した場合、

グローバルなビジネスでは、わずか1時間のダウンタイムで平均170万ドルのコストが必要*になるため、損害を最小限に抑えてTCOを削減できる、継続的な耐障害性を実現するための事業継続性計画を策定することが重要です。

こちらからご登録のうえ、継続性計画に関するヒントやオプションをご確認ください。

重要なアプリケーションに合った事業継続性のレベルを決定するうえでのヒントをご覧ください。地理的に分散されたディザスタトレラントなインフラストラクチャを構築してこれまでにない目標復旧時間と目標復旧時点を実現する3つのアプローチの詳細をご覧ください。

極めて重要なアプリケーションのビジネス継続性を確保するためのデータセンターに関するベストプラクティス

現実のビジネスリスクとは ....2

ビジネス継続性 ...3

「クリティカル」の定義 …4

ビジネス継続性のアプローチ .. 5

総所有コスト ... 6

ビジネス継続性ソリューション ... 7

結論 .... 8

Loading information, please wait

Intel

インテル® Xeon® プロセッサー搭載
HPE ProLiantサーバーGen9およびIntegrity x86スケールアップサーバー。 


Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。 



* 『x86上の高価値アプリケーション: 真のフォールトトレラント システムの必要性』、Peter Rutten著、IDCアナリストレポート、2015年5月。