iLO Advancedの試用版ライセンスを2020年の終わりまで無料で提供

  • ソフトウェア

概要

HPEでは、2020年12月31日までHPEのお客様とパートナー様にHPE Integrated Lights-Out (iLO) Advancedを無料1で提供することにいたしました。通常は有料で提供されるこのサーバー管理ソフトウェアを使用すれば、HPEサーバーをあらゆる場所からシームレスに構成、監視、更新できます。ブラウザーやモバイルデバイスからすべてのリモート機能を利用できる利便性を備えたHPE iLO Advancedにより、ビジネスで使用するサーバーの生産性を向上させることが可能です。

HPE iLO Advancedライセンスは、次のサーバーでサポートされています。

  • すべてのProLiantサーバー (DL、ML、Moonshot)
  • Apolloサーバー
  • Edgelineコンバージドエッジシステム

主な機能:

  • ...

HPEでは、2020年12月31日までHPEのお客様とパートナー様にHPE Integrated Lights-Out (iLO) Advancedを無料1で提供することにいたしました。通常は有料で提供されるこのサーバー管理ソフトウェアを使用すれば、HPEサーバーをあらゆる場所からシームレスに構成、監視、更新できます。ブラウザーやモバイルデバイスからすべてのリモート機能を利用できる利便性を備えたHPE iLO Advancedにより、ビジネスで使用するサーバーの生産性を向上させることが可能です。

HPE iLO Advancedライセンスは、次のサーバーでサポートされています。

  • すべてのProLiantサーバー (DL、ML、Moonshot)
  • Apolloサーバー
  • Edgelineコンバージドエッジシステム

主な機能:

  • 内蔵リモートコンソールおよび仮想メディア
  • ディレクトリ統合
  • iLO連携 – スケーラブルな検出、インベントリ作成、および管理を迅速に実行

iLO Advanced

(1) 2020年11月2日までにライセンスキーをダウンロードしたお客様には、2021年1月1日に有効期限が切れるライセンスキーをお届けします。2020年11月2日より後にライセンスキーをダウンロードしたお客様には、アクティブ化した日から60日間有効なライセンスキーをお届けします。無料ライセンスの機能はすべて2021年1月1日に使用できなくなりますが、それ以降もiLO Advancedの機能の使用をご希望のお客様には、試用版ライセンスの期限が切れた後にご購入いただける有料のライセンスをご用意いたします。