ハイパーコンバージド インフラストラクチャに関するGartnerクリティカルケイパビリティレポート

  • アナリストレポート (英語版のみ)

概要

大手システムベンダーが新興企業を買収したりサーバーにHCソフトウェア製品をバンドルしたりするのに伴って、企業でハイパーコンバージェンスが利用されるようになりつつあります。このHCIのマジッククアドラントに関連するGartnerクリティカルケイパビリティレポートには、HCI製品の機能を評価するための11のクリティカルケイパビリティと5つのユースケースについてのインフラストラクチャおよび運用担当リーダー向けの重要かつ有益な情報が示されています。このレポートでプロジェクトのポートフォリオとユースケースを合致させてテクノロジーやベンダーの選択肢を正当化し、すべてのユースケースを標準化する方法をご確認ください。

インフラストラクチャおよび運用担当リーダーは、このレポートに示されている11のクリティカルケイパビリティと5つのユースケースを使用してHCI製品の機能を評価すべきです。I&O担当リーダーは、プロジェクトのポートフォリオとユースケースを合致させてテクノロジーやベンダーの選択肢を正当化し、すべてのユースケースを標準化する必要があります。

『ハイパーコンバージド インフラストラクチャに関するクリティカルケイパビリティ』をダウンロード
Loading information, please wait
Gartner社、『ハイパーコンバージド インフラストラクチャに関するクリティカルケイパビリティ』、Philip Dawson、George J. Weiss、Kiyomi Yamada、Hiroko Aoyama、Arun Chandrasekaran、Julia Palmer、John McArthur著、2018年2月7日。Gartnerは、自社の調査発表の出版物に掲載された特定のベンダー、製品、またはサービスを推奨することはなく、最高の評価もしくはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に勧めることもありません。Gartnerの調査出版物は、Gartnerの調査組織の見解を表したものであり、事実の記載と解釈されるべきものではありません。Gartnerは、明示的または暗示的を問わず、本調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行いません。