ハイブリッドクラウドの導入効果をもとにしたビジネスケース(上申書)の書き方

  • ホワイトペーパー
  • PDF 549KB
  • 21ページ

概要

このアナリストレポートでは、ハイブリッドクラウドのビジネスケース(上申書)を作成する方法を説明します。どのアプリケーションをどのクラウド方式、またはオンプレミスに置くべきか?また各クラウド方式のコスト、利点、リスクを解説しています。

このアナリストレポートでは、ハイブリッドクラウドのビジネスケース(上申書)を作成する方法を説明します。どのアプリケーションをどのクラウド方式、またはオンプレミスに置くべきか?また各クラウド方式のコスト、利点、リスクを解説しています。

ハイブリッドクラウドソリューション: 戦略的なビジネスケースの作成

2.  クラウドがさらなるスピード、柔軟性、およびコストメリットを実現

4.  自社の戦略とガバナンスを維持できるハイブリッドソーシングモデル

4.  最適なソーシングにより、クラウドに最適なアプリケーションを特定

8.  パブリッククラウドプラットフォームを使用するビジネスケースの作成

10.  アプリケーションをSaaSに移行するビジネスケースの作成

12.  クラウドサービスプロバイダーを利用するビジネスケースの作成

14.   自社固有の状況に合わせた戦略構築による価値の最大化

16.   クラウドの「格安サプライヤー」役を引き受ける前に再考

17.   補足資料

Loading information, please wait